政治・経済

 燃料電池車(FCV)、ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)の全方位で、「エコカーの盟主」の地位を守りたいトヨタ自動車。このためには、主に日米にとどまるHV販売を中国に広げることが課題だが、今後の展開次第では、中国でEV販売を行う可能性も出てきた。

EVに力を入れる中国とトヨタの焦り

 トヨタ自動車のエコカー戦略の方向性が定まってきた。20〜30年かけてFCVを世界に根付かせる息の長い戦略を描きつつ、HVを当面の稼ぎ頭として海外展開を急いでいる。

内山田竹志会長

トヨタはEV開発に本腰を入れるのか(写真は内山田竹志会長・Photo/AFP=時事)

 さらに、ここにきて、中国でトヨタがEV販売を行うとの観測も浮上し始めた。これまで、同社が取り組みに消極的と見られてきたEVだが、都市部の短距離用途に活路があると判断し、国や都市を巻き込む形で普及を図っていく方針。ある中堅証券会社の社長は、こう話す。

 「エコカーは、各国政府の政策ひとつでどうにでもなる。『わが国はEVでいく』との方針が決まれば、いくら長距離走行ができない、とEVの課題を指摘しても揺るがない」

 背景には、中国でトヨタのHVが根付くかが依然不透明という事情がある。現在、中国ではHVへの購入補助金はない。「プリウス」を購入する場合には、中国人は、日本の販売価格に比べて3〜7割高い金額を支払わなくてはならない。現地のディーラーによると、中国の消費者は「環境に興味がなく、なかなか目を向けてくれない」のが実情だ。見栄えや格を重視する中国人にとって、プリウスは価格と見合わない「車格」の車とされており、独フォルクスワーゲン(VW)、アウディ、米ゼネラルモーターズ(GM)が人気を博す。しかも、独米勢は、今後のエコカー戦略として、中国では、EVの販売に力を入れようとしている。

 微粒子状物質PM2・5が拡大し大気汚染が深刻な中国で、政府が一気に解決できる車として、普及をもくろんでいるためで、独ダイムラーや米テスラモーターズが中国でEV販売に本格参入するのも、「中国政府の本気度をかぎ取ったため」(専門紙記者)だ。

 既に、EVの先駆者である日産自動車の中国合弁会社の東風日産は、大連市に9月から販売し始めたEV「e30」を年末までに1千台納入することが決まっており、大連市は公用車やタクシーとして活用する方針だ。

 日欧米のライバル各社とも、トヨタが根付かせたいHVを全力で阻止する構えで、「現地でトヨタ包囲網を敷いているとの噂すら出ている」(業界紙記者)。

 一方で、「エコカーの盟主」を自認するトヨタとしては、日米以外にHVの販売を広げることが、HV普及の絶対条件。補助金を是が非でも獲得して、販売コストを下げて普及に導きたい考えだ。

 2013年の上海モーターショーで、プリウスの生みの親である内山田竹志会長が出向き、「ガソリン消費量が半分になるHVを現実的な省エネ車として中国に根付かせたい」と発言したのも、中国重視の姿勢を中国政府へアピールするためだ。

 トヨタは先ごろ、15年秋にも、年間6万台規模でHVを量産する方針を固めた。海外で開発から生産までを現地で一貫して行う初の試みだ。高い燃費性能に加えて、現地生産することで関税がなくなるメリットを生かし、低価格化を実現する構えだ。中国専用車として、中国重視の姿勢もアピールする方針だが、補助金なしとなれば、やはり同じ車格の車に比べて、明らかに割高となる。補助金を政府に出させることがトヨタの悲願だ。

EV主体で進みたい中国政府の思惑

 一方で、ここにきてささやかれるのが、トヨタの中国市場におけるEV参入だ。

 実際、自動車業界では「HVに補助金が出ずに苦戦を強いられた場合の保険としてEVの販売を検討し始めたとの噂がある」(全国紙経済部記者)。

 根拠のひとつは、トヨタが10月から仏グルノーブル市で超小型電気自動車(EV)のカーシェアリングサービスを始めたことだ。これは、同市や仏電力公社などと組み、渋滞や大気汚染などの都市交通の課題解消を図る実証実験で、期間は3年間限定。グルノーブルでは、市内27カ所の充電器付き駐車場に停めてある超小型EVを有料で貸し出す仕組みで、どの駐車場に返却しても可能な乗り捨て型のサービスとなっている。

 同市で会見した内山田会長は、「明日の都市交通を築きたいとの思いで実施する。トヨタにとっても新たな成長領域になる」と話した。今後、超小型EVを中国政府や市などに売り込む可能性は十分考えられる。

 中国政府は、公用車のうち、3割をEV、PHV(プラグインハイブリッド車)、FCV、太陽光発電自動車とする計画を持つとされる。これまでも、EVの普及に取り組んできた中国政府がインフラとセットで、超小型EVを普及させれば、これまでの「EVで環境問題を解決する」としていた政策の延長線上で進められる。前述の中堅証券会社社長は、「中国政府は、失政といわれることにすごく敏感。だから、EV中心にエコカーが動くことは間違いない。トヨタが中国だけでEV販売をやるとなれば、政府も全面的にバックアップするはずだ」と分析する。

 現在、トヨタは、EVに関しては走行距離に課題があるとして、研究開発の比重をHVの改良やFCVにかけているが、EVの開発にも軸足を置く日は近いとされる。業界関係者はその日がいつか、固唾をのんで見守っている。

(文=ジャーナリスト/岡部太一)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る