政治・経済

 来年度からの実施が決まった法人税減税の具体化をめぐり政官財の考えに溝が生じている。キープレーヤーとなる自民党税制調査会と財務省、経団連の主張は大きく食い違い、年末の与党税制改正協議に向け、調整の難航は必至だ。

法人税率下げ幅などで自民党税調、財務省、経団連がバトル

 「総論賛成、各論反対」。

 首相の諮問機関、政府税制調査会で、法人税改革を議論する部会の取りまとめ役を6月まで務めた大田弘子・政策研究大学院大教授は、法人税減税を実現する難しさをこう表現する。改革の方向性は同じでも、個別事項の見直しになると、立場によって利害が異なり〝同床異夢〟となることをたとえたものだ。

野田毅・自民党税調会長

多様な意見を自民党税調はどう取りまとめるのか(写真は野田毅・自民党税調会長、Photo/時事)

 政府は、6月に閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針」に、現在、標準税率で34・62%、東京都は35・64%の法人実効税率について「来年度からの数年間で20%台への引き下げを目指す」と明記した。ただ来年度からの下げ幅は示さず、減税に際しては「恒久財源の確保」と記し、具体策は年末に向け議論し、結論を得るとした。

 ただ減税の具体化を巡りカギを握る自民党税調、財務省、経団連の考えは大きく異なる。特にずれているのは「何年で何%」下げるかということと代替財源をどう確保するかの考え方だ。

 下げ幅については、経団連は9月にまとめた法人税改革の提言で「来年度は2%幅下げ、2017年度に20%台」とした。これに対し、自民党税調の野田毅会長は「5年程度で20%台」との認識を示し、財務省は「代替財源をどれだけ捻出できるか次第」と慎重なスタンスだ。

 実効税率で東京都の基準か、標準税率を出発点にするかの意見も食い違う。経団連は「日本のビジネスセンターである東京都を基準とすべき」(佐々木則夫副会長)とし、甘利明経済再生担当相も同意見だ。これに対し自民党税調の野田毅会長、麻生太郎財務相はいずれも「標準税率が出発点」と譲らない。標準税率を基準とすれば20%台までの下げ幅は4・63%。一方で東京基準だと5・65%を最低下げる必要がある。財務省では、実効税率1%の引き下げで約4700億円の税収減になると試算する。

 このため、財政健全化に配慮し、自民党税調、財務省は「標準税率スタート」説を譲らず、経団連や甘利氏との意見の隔たりは埋まらないままだ。

 税率の下げ幅以上に集約が困難なのが代替財源の確保策だ。財務省は7割の企業が過去の赤字などを理由に、法人税を支払っていないとして、赤字を放置すると増税になる一方、黒字を増やすほど減税になる仕組みを法人税減税とのセットの改革で実現したい考え。そのためのメニューとして、2つの〝レシピ〟を用意する周到ぶりだ。

 ひとつは、決算の赤字を翌年度以降の黒字から差し引く「欠損金の繰り越し控除制度」の見直し。毎年度の上限額を減額し、赤字になった企業の利点を小さくする方向で検討する。欠損金の繰り越し控除は現行では最大9年にわたって赤字を繰り越せ、大企業では各年度の黒字額の80%までを差し引ける。繰り越せる期間は延期せず、限度額を60%に下げる案が有力だ。

 もう1つが、地方税の法人事業税の一部として導入される外形標準課税の大企業向けの課税強化だ。所得に応じて黒字企業に課税している法人事業税の「所得割」(14年度の税収で2・2兆円)を減税する一方、赤字企業も対象で、従業員の賃金を中心に課税される外形標準課税の中の「付加価値割」(同0・4兆円)を増税する案が有力。黒字企業だと税負担が減り赤字だと負担増になる。この「アメとムチ」となる新たな仕組みで、企業の収益力強化を促し、減税後も結果的に税収を減らさない狙いだ。

献金再開で影響力増す経団連を自民党税調は無視できず

 いずれの改革が財務省の思惑通り進めば2%程度の税率引き下げの原資になる見通しだ。しかし経団連は、財務省の有力レシピに対し「待った」をかける。

 欠損金の繰り越し控除の期間は据え置いたままで、控除額を減らす案には「控除額は現行水準のまま、むしろ期間の延期」を要望。外形標準課税の強化についても(1)賃金を増やした企業に対する配慮(2)十分な移行期間を設ける(3)中小企業に課税対象を広げない、という厳しい条件をクリアすれば容認できるという極めて慎重なスタンス。税の付け替えで企業の負担が法人税減税前と同じでは意味がないとの立場で、減税の財源は安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」で上ぶれた税収を充てる方策を主張している。

 結局、法人税減税のカギを握るのは毎年の税制改正に強い影響力を持つ自民党税調。「恒久減税には恒久財源が必要」という立場は財務省と同じだが、財源確保策については、思惑が一致しているわけではない。税調メンバーは、外形標準課税の強化については一定の理解を示すが、研究開発費を増やした企業などを税優遇する租税特別措置の縮小・廃止については極めて慎重で、態度は経団連に近い。

 さらに代替財源の捻出策をめぐる議論の不透明要因が、経団連の5年ぶりの政治献金の再開だ。経団連は政治献金で政権とのパイプを強化する考えで、自民党税調にとっても意向は無視できないわけだ。

 自民党税調は、来年度の税制改正には課題が山積するとして例年より1カ月以上議論を早め、10月上旬からスタートさせた。政官財で異なる意見をどう取りまとめ、具体化につなげるのか。議論の行方は波乱含みだ。

(文=ジャーナリスト/山城一也)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年6月号
[特集] 進化するリーダーシップ
  • ・あなたは北風、それとも太陽?
  • ・小路明善(アサヒグループホールディングス社長兼CEO)
  • ・鈴木貴子(エステー社長)
  • ・千葉光太郎(ジャパン マリンユナイテッド社長)
  • ・二木謙一(國學院大學名誉教授)
[Special Interview]

 中村邦晴(住友商事会長)

 「正々堂々と向き合えば、仕事は人を幸せにする」

[NEWS REPORT]

◆パイオニアに続きJDIも 中国に買われる日本企業の悲哀

◆会社はだれのものなのか サイボウズと株主がつくる“共犯関係”

◆24時間営業はどこへ行く コンビニ業界未来予想図

◆トヨタとホンダが手を組み参戦 「MaaS戦争」いよいよ勃発

[特集2]ブランド戦略 新時代

 技術やデザインだけではない ブランドとは商品の哲学だ

ページ上部へ戻る