政治・経済

5月の既存店売上高で、14カ月ぶりに対前年を上回ることとなった日本マクドナルドホールディングス(HD)。一見、最悪期を脱した感のある同社だが、そこに見えてきたのは、〝従来型のビジネスモデルからの脱皮〟という指摘もある。 (本誌/大和賢治)

回復要因は料金改定!?

 14カ月ぶりに既存店売上高が対前年比をクリアした要因について、日本マクドナルドHDでは「100~200円の価格帯商品を充実させた『バリューピックス』の導入や、期間限定で人気定番メニュー『チキンタツタ』の商品バリエーションを拡大させたキャンペーンが大きく貢献した」との見解を示した。

 景気低迷による価格競争の波に翻弄され続け、企業体力を消耗してきた外食各社の中にあって、〝一人勝ち〟といわれてきた日本マクドナルドHDだが、その業績に陰りが見えたのは、昨年4月のことだ。

 短期的な売り上げを確保するためのディスカウントを否定、低価格商品で集客を伸ばしながら、他の商品への購買を喚起し、客単価を上げるという戦略で成功を収めてきた同社のビジネスモデルは、景気低迷下で収入減に見舞われてきた消費者の高い支持を受け長らく好調を維持してきた。

 順風満帆に見えた同社ではあったが、昨年4月から既存店売上高の前年割れが一転して常態化。さらに成功モデルの根幹とも言える来店客数でも昨年11月からマイナス基調に陥り、以降、苦戦が続いていた。

 そんな厳しい状況にあった同社だが、5月にはようやく既存店売上高がプラスに転じたことから、最悪期は取りあえず脱したかにも見える。

 しかし、一方で、ある業界関係者は同社の見解に関し次のような疑問を投げ掛ける。

 「プラスに転じた要因は5月に実施した料金改定です。安定した売り上げを見込めるハンバーガーやチーズバーガーを値上げしたことが1つ。120~200円の商品バリエーションを持たせた『バリューピックス』にしても、要はこれまで100円しか払わなかった顧客に対し、目先を変えることで、プラス20~100円の購買を喚起することに成功したのです。この『バリューピックス』は、値下げ、据え置き、値上げが混在する商品群ですが、〝100円マック〟一辺倒の頃より、確実に売り上げの底上げに寄与しています。それを証拠に5月の数字を見ると客数が3・1%減になっているにもかかわらず客単価は逆に3・7%増になっている。5月の復調は商品値上げによる一過性の要素が強く、完全な回復基調に立ったとは言えない」

 確かに既存店売上高はかろうじて前年をクリアしているが、同社がこれまで成長の基本モデルとして位置付けてきた客数は依然として前年割れ、客単価の上昇で客数減少を補ったという見方もできる。

 そこで見えてくるのが、従来型のビジネスモデルからの若干の軌道修正である。来店客数を常に増加させるこれまでの戦略を踏襲しながら、商品単価を上げて同時に高い利益も確保したい意向が働いているのではないか。

 しかし、同社ではこの見方に対し、「すべての価格帯で常にバリュー・フォー・マネーを実現していくかが重要です。価格に関しても、これまでどおりお客さまを増やすための戦略的ディスカウントは実施しますが、短期的な売り上げを確保するためのディスカウントは今後も取りません。100~200円の『バリューピックス』にしても、500円台の『クォーターパウンダー』など、すべての価格帯で価格以上の高付加価値商品を実現していくのが重要なのです。高価格でもお客さまがサービスを含め満足していただければ次の来店動機につながるのです」(広報)と述べる。

 それでは、戦略にブレはないと言いながらなぜ、長期にわたる苦戦が続いたのか。巷間、中食強化を打ち出しているコンビニや牛丼に需要を奪われたなど要因は諸説、指摘される。同社の言う、付加価値を消費者に伝えるようなことができず、それが顧客離れを誘発したのだろうか。

成功モデルの転換期

 確かに最近の同社を見ていると、大々的な商品キャンペーンを実施しておらず、業績低迷の一因とも十分に考えられる。

 「マクドナルドが要因を認識しながらもテコ入れとなる新商品を投入しなかった背景にあるのは、昨年発売した海外のご当地バーガーを再現した『世界のマック』シリーズが不発に終わったことです。新商品を開発・発売するにはそれ相応な投資が必要となります。ただでさえ、本国から利益率が低いといわれている中で〝世界のマック〟の不発はダメージが大きかった。同社が新商品の開発に慎重になるのは当然です」(業界関係者)

 確かに、ここ数カ月の同社の商品戦略を見ると、5月31日から期間限定で発売した「ポークタツタ」は、人気の「タツタ」シリーズの派生型商品でチキンタツタの高いブランド力を生かした商品。

 また、6月24日から発売を開始している夏季限定商品「クォーターパウンダー BLT」、「クォーターパウンダー ハバネロトマト」も同様。ゼロベースから商品開発を行うのではなく、既存のブランド力を有効に利用しながら同時に投資を極力抑えたいという意向が見て取れる。

 特に「BLT」では、単価570円という同社で過去最高価格の商品。従来どおり、集客力にフォーカスしながらも、横にらみで客単価を高めていきたいという意図も見え隠れする。

 5月の数字だけを見れば復調の兆しが現われている。しかし、これら同社の商品戦略を見る限り、第2の成長モデルを模索しているのかもしれない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る