政治・経済

医学論文のデータ捏造疑惑で窮地に立つノバルティスファーマ。だが、問題は同社だけでなく、医学界との癒着が疑われる製薬業界全体に波及しそうだ。製薬会社の情報開示の在り方が問われている。 (ジャーナリスト/山下剛平)

関与否定が一転。元社員が自宅作業まで

 ノバルティスファーマの三谷宏幸社長(当時、現最高顧問)は昨年上梓した自著の中で、「社長室に法務部長が入ってきて、後手にドアを閉められるといつもゾッとする」と述懐している。では、日本の医学界を揺るがしているこの事件の第一報は、どんな顔で受け止めただろうか。同社の降圧剤「ディオバン」をめぐる、論文捏造疑惑である。

 ディオバンは、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤と呼ばれる降圧剤のひとつ。2000年に発売され、日本だけで、年間1千億円を超える売上高を誇るブロックバスター医薬品だ。

 そんなディオバンの臨床試験データに基づく医学論文が撤回されるという事態が起きたのは、今年2月のこと。欧州の心臓病学会誌が、かつて掲載した論文に対し、「重大な問題点がある」と指摘。具体的な問題点は明らかにしないまま、これを撤回したのだ。

 論文は、京都府立医科大学の松原弘明教授(当時、今年2月末に辞職)が中心となってまとめられたもの。論文撤回当初、ノバルティスの三谷元社長は、臨床試験や論文執筆への会社としての関与を否定していた。

 しかし、3月28日に毎日新聞が、京都府立医大が実施した臨床試験の統計解析に、ノバルティスの元社員(既に退職)が関与していたことをすっぱ抜く。

 この元社員は、臨床試験データの統計処理のプロで、大阪市立大学などの非常勤講師の肩書も持っていた。ノバルティス社員の立場を表に出さず、京都府立医大のほか、東京慈恵会医科大、千葉大、滋賀医科大、名古屋大で、ディオバンの論文作業にかかわっていたという。京都府立医大の臨床試験でこの元社員は、データを自宅に持ち帰っていたことなども明るみに出ている。

 ディオバン論文に対する疑問は、実はかなり早い段階から提示されていた。いずれもノバルティス元社員がかかわったとされる国内臨床試験に対するもので、昨年4月には、英医学誌などに、これら論文の内容を疑問視する意見が掲載されている。

 臨床データの一部に、仮に捏造の手が加えられていたとしても、その医薬品が全く有効性のないまがい物、というわけではない。ディオバンを日本で製品化するに当たって、必要な治験はきちんと実施されており、問題となった論文はいずれも、日本での販売認可後に、心不全などによる死亡率低減効果などを検証するために実施された臨床試験についてのものだ。

 しかし、こんな厳しい声もある。

 「医薬品の真の価値は、錠剤や注射の中身ではなく、付帯する医学的・薬学的情報にあるわけです。その意味で今回の一件は、『詐欺』と言われても仕方のないものですよ」

 そう指弾するのは、ある大学病院の薬剤師だ。

 「薬九層倍」という言葉が端的に示していることだが、自動車や家電製品と違い、ディオバンのような化合物医薬品の原価は、ほとんどないに等しい。

 一方で薬価は、製品化の過程で行った治験などを通じて得られた臨床データを科学的根拠として反映する形で設定されている。

 医薬品を高付加価値製品たらしめているのは、添付文書や各種販促資材に記載されている情報そのものであり、その科学的根拠に疑いがあるとすれば、工業製品としては致命的な瑕疵がある、という指摘だ。日本の場合は税金と保険料で薬価が手当てされるから、なおさら罪深い、とも言える。

 ノバルティスは元社員の関与を認めつつも、論文捏造については、データの意図的な操作や改竄を示す事実はないと主張している。だが、製薬企業の集まりである日本製薬工業協会(製薬協)から団体活動の自粛を求められるなど、業界からも村八分にあっている状況だ。

透明性ガイドラインに戦々恐々

 ノバルティスの孤立無援は、自業自得と言えばそれまでだが、他の製薬企業とて、対岸の火事と決め込んでいるわけではない。むしろ、自分の会社も同種の利益相反問題を抱えていないかと、戦々恐々だ。

 「今度の一件で、ウチの降圧剤も疑いの目で見られるようになりました。一連の報道が下火になる気配もないし、いい迷惑ですよ」

 ある製薬企業の社員は恨み節を口にする。ディオバンと同タイプの降圧剤は、日本の製薬企業も製品を投入している激戦市場だ。熾烈な販売競争で各社がしのぎを削る過程で、今回のような利益相反問題が起きる土壌は醸成されていた。

 実は製薬業界は現在、病院や医学研究者などに対する資金提供の透明化を迫られている。製薬協が策定した「透明性ガイドライン」に準拠する形で、加盟メーカーは昨年度支出分の情報開示を今夏に控えている。

 ノバルティスはこの数年間、「奨学寄付金」の名目で、京都府立医大の松原元教授の研究室だけで少なくとも1億円以上の資金を提供していることが分かっている。情報開示を契機に、他社でもディオバンのようなケースが発覚するかもしれない。

 いずれにせよ、製薬業界と医学界に癒着構造があるのだとしたら、今回の事件を奇貨として、すべて白日の下にさらすべきだろう。

 「科学的根拠」こそが医薬品の価値だとすれば、利害情報を含めてその透明性を担保することは、生命線であるはずだ。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年1月号
[特集]
敗者復活戦

  • ・負けから何を学び、糧にしていくか
  • ・存亡の危機を乗り越えた「熱海」の逆転ストーリー
  • ・あの名門ブランドが、帰って来た(アイワ、ビクター)
  • ・「なるほど家電」を牽引する大手家電メーカーの早期退職組(アイリスオーヤマ)
  • ・関ケ原で敗れた立花宗茂はなぜ、返り咲くことができたのか
  • ・市江正彦(スカイマーク社長)
  • ・加藤智治(ゼビオ社長)

[Special Interview]

 三毛兼承(三菱東京UFJ銀行頭取)

 「旧来の商業銀行は構造不況業種 大変革で信頼と強さを持ち続ける」

[NEWS REPORT]

◆カードローン規制で稼ぎ頭を失う地方銀行の明日

◆12年ぶりのアイボ復活 名実ともにソニー再生は成るか

◆終身権力者も視野に入った習近平が恐れるクーデター

[特集]クルマが変わる、社会を変える

・これから始まる全自動運転 OSを制するのは誰だ!?

・車載電池の性能が左右するEV時代の覇権戦争

・冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

・トヨタ・日産・ホンダ・マツダ 主要4社「わが社の戦略」

ページ上部へ戻る