政治・経済

 果たして、その後はどうなったのか。そう思いたくなるのが、シティバンク日本法人による個人金融部門の売却だ。早々に売却を済ませたい売り手側とリスクを明確にしたい買い手側の思惑の違いが明白となり、依然として着地点は見えないままだ。

消費者金融ビジネスで屋台骨が揺らぐ

 シティバンク日本法人の個人金融部門売却には、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクのほか、りそな、新生、三井住友信託という合計6銀行が9月12日の第1次入札に応札した。このうち、みずほ、りそなの2銀行がレースから脱落したことまでは明らかになったが、10月初旬まで、全く音沙汰なしの状態になってしまっている。

シティバンク

買収協議が膠着するシティバンク(Photo/EPA=時事)

 米国のシティグループと言えば、世界最大の銀行として知られている。今回、売却話が出ているのは、そのシティグループのシティバンク、エヌ・エイの傘下にある日本法人、シティバンク銀行の個人金融部門だ。輝かしい歴史があることは疑いの余地はないものの、サブプライム危機以降、米国の金融規制が格段に厳しくなる中で、巨大な規模を維持することが困難となってしまったシティグループでは、収益性の低い事業が次々に売却されている。その順番が日本法人にもめぐってきたのだ。

 実際、シティバンク銀行は近年、赤字垂れ流しの状況にある。歴史的な超低金利が長期化するなかで、ローンなどの収益力などが厳しくなっていることはシティバンク銀行に限らないが、一時は、邦銀もうらやむほどの収益力を誇示した同行が落ちぶれた背景には、別の理由もある。

「邦銀では提供できないサービス力。競争力のある住宅ローン」

 こんな評判が立っていた時期もあったものの、実は、シティバンク銀行の個人金融部門の収益を支え続けてきたビジネスは消費者金融にほかならなかった。ところが、貸金業法の施行に伴って貸付金利の大幅引き下げを余儀なくされた上、過去に実行した高金利の消費者ローンに対する過払利息返還請求が増大。消費者金融ビジネスは火の車へと転じて、結局、屋台骨が揺らぐことになってしまったのだ。

 それだけではない。得意分野とされた富裕層ビジネス(プライベートバンキング)などで法令違反が発生し、事実上、この事業の撤退が避けられなくなったという経緯もある。

 一方、今回の売却では、クレジットカード事業、外貨預金などが対象となっており、買い手は、それらの将来性をいかに見るかによって買収金額をはじき出すことになる。あとは、国内のATMネットワークも売却対象だが、まず、ATMネットワークについては「全く興味がない」というのがほとんどの銀行のスタンス。シティバンク銀行のATMが設置されている首都圏では、既に、邦銀でも過剰と言えるほどのATMネットワークが張りめぐらされているからだ。

 さらに、1兆円という規模の外貨預金についても、「買った途端に、ほとんどが解約となるのではないか」という推測が銀行業界でなされている。

 「外貨預金をしている顧客は、今は、シンガポールのシティバンクで帳簿管理されている日本の富裕層のはず。したがって、事業売却となれば、顧客はシンガポールでの取引に移行する」(大手銀行幹部)

 つまり、買収した後、顧客は外貨預金解約とともに去って、譲り受けた個人金融部門の行員だけが残るという事態になりかねないわけだ。それでは、収益力どころか、とんだコストを背負い込むだけになってしまう。

株主代表訴訟のリスクも

 そうした中で、第2次入札へと向かう三菱UFJ、三井住友、新生、三井住友信託の4銀行はどう動くのか。

 まず、はっきりしていることは売却条件の明確化をシティバンク銀行に迫るということだろう。第1次入札は「入札」という表現が当てはまりにくいほど、シティバンクからの情報提供は乏しかった。きちんとしたペーパー形式の資料の提供はなく、曖昧な口頭説明だけだった上に、いわゆる、財務、法律上の第三者がアドバイザーとして設置されるという形態にもなっていなかった。「入札ではなく、挨拶代わり」と揶揄されたほどである。

 万が一、この先も同様の状況となれば、ほとんどの銀行は応札に消極的なスタンスとならざるを得ない。そんな状態にもかかわらず、応札した上に落札となれば、今度は自身の株主から株主代表訴訟を提起される恐れもあるからだ。買収後にコスト倒れということになれば、十中八九、代表訴訟のリスクが発生するにちがいない。それを回避するには、単なる事業買収にとどまらず、米国のシティグループ本体との間で、本格的な事業提携などのプラスアルファを上乗せする必要がある。

 となれば、買い手候補との協議相手は、シティバンク銀行という日本の出先機関ではなく、ニューヨークのシティグループ本体となることは間違いない。だが、シティ側にとっては、今回の売却話は単なる不採算部門の切り離しで、それ以上の展開を想定しているとは考えにくい。

 第2次入札以後も、全く進展が見られないのも、売り手、買い手の間に思惑の違いが明白になっている中で、協議が自ずと膠着状態化した結果とみることができる。しかし、明白なのは、日本の個人金融部門の売却というだけであれば、よほど冒険好きな銀行でない限り、手の出しようもないということだろう。冒険の最大の危険性が代表訴訟リスクであることは明らかだ。

(文=ジャーナリスト/小倉 淳)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る