マネジメント

「1000円ゲーム」からみる《営業の極意》ー大胆な変身ができるかどうか

 9月末に発売以来、しり上がりに売り上げ好調な『1000円ゲーム』(経済界刊)は、突然、営業成績のトップクラスに躍り出たダメ営業マンが、なぜそうなったのかについて、同じくダメダメ営業マンに語り出すところから始まる。

 こういった大胆な変身は、うわべの精進努力では、なかなか実現できない。根本的なところで、自分を改造しなくてはならない。

 とはいえ、決して絵空事ではないし、空理空論でもない。こうしたダイナミックな変身は、実はしばしば起きることなのだ。

 私自身のサラリーマン時代にも周囲の何人かがそうした飛躍をしたものだった。《営業の極意》を得たといっていい。

 年収1億円の流儀という点でこのことを考えると、営業の極意を得て、思いもかけない変身ができるかどうかが、大いに稼ぐ人間になれるか否かの分岐点ということになる。

 私のメンターの1人で、『年収1億円思考』にも登場したM氏は、20代前半で年収1億円超えを実現した人だ。

 先日、久しぶりにお会いして、『1000円ゲーム』の本を差し上げたのだが、あらためて《営業の極意》について話し合うことができた。

 今回は、『1000円ゲーム』とのからみで、M氏の語る《営業の極意》を中心にお伝えしたい。

「1000円ゲーム」からみる《営業の極意》ー営業マンにとって最も重要なこと

 M氏が語る《営業の極意》とは、次の3つで構成される。

1.顧客づくり

2.自分づくり=お客さまをつくるにあたり、自分はどうあるべきか

3.タフな精神

 さて、この中で何が最も重要なのか。

 ここで、営業マンの悩みとは何か、を考えてみたい。いろいろな悩みがあるだろうが、いちばん共通している悩みは「お客さまを見つけられない」ことにあるだろう。見込み客づくりができないのだ。

 見込み客づくりがほとんどの営業マンの問題点であることは、私も経験で分かる。時間を含めたコストが、いちばんかかるためだが、その見込み客づくりのために営業マンは技術(スキル、テクニック)を学ぶことに必死になる。

 しかし、ここに営業マンの大きな陥穽(落とし穴)がある。

 技術さえ身につければ、特に相手に伝える技術=説得の技術さえ習熟すれば、と考えるあまり、最も大切なことを忘れてしまうのだ。

 その最も大切なこととは、《営業の極意》の中の「自分づくり」なのである。これを忘れてしまうのだ。

「1000円ゲーム」からみる《営業の極意》ーお客様あっての”自分”

 ここで言う「自分」とは、「お客さまに対する自分」という意味である。

 あくまで主体は「お客さま」にある。分かり切ったことを言うな、というかもしれないが、お客さまあっての自分、というスタンスは、頭で分かっているように見えて、実際の営業現場では、つい忘れてしまうものだ。

 「お客さま」ではなく、ついつい「自分」が出る。つまり「お客さま」をほったらかしにして「自分の都合」=売りたい、だけが出てしまうのではないか。そこに現れるのは、前述のような「技術」=自分の売り込み、説得の技術である。

 しかし、お客さまの前にいる「自分」の姿で、最も大切なのは、売り込みの技術を展開している自分ではない。

 そういう姿をした「自分」はお客さまから、最も嫌われてしまう姿であることを、早く気付かなくてはならない。

 では、どんな自分でなくてはならないか。

 それはひと言で言えば、お客さまの言葉を、その考えを、悩みを、希望を、「心を込めて傾聴する自分」である。そういう自分をつくることが何よりも肝心なのだ。

 [今号の流儀]

ダメ営業マンは根本的なところで「営業」を誤解している。

筆者の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る