マネジメント

 

上司の指示がなくても、自ら判断し、行動できる部下を育てるにはどうすれば良いのでしょうか。今回は人材育成における社員の「自立」と、その後のさらなる「成長」のための指導のコツについてお話しします。

人材育成のコツ① 社員の自立を促す

 

「自律ルール」が自立への第一歩

 以前の私は領収書の整理というのがとても苦手でした。それに四苦八苦するのが経験上分かっているので、月末が近づいてくると、ああ、いやな仕事が待っている……と本当にゆううつな気分になっていました。

 ある時、これをなんとか改善できないものかと考え、まず大きなお財布を買い、とにかく、奥から順番に領収書を入れていくようにしてみました。すると、その整理が劇的に楽になり、それ以来これが私の領収書を扱う際のルールになりました。

 こういうルールを私は〝自律ルール〟と呼んでいます。自律ルールは大人に限らず、子どもであっても必要であり、ルールの助けを借りることで、人は自分の行動を正しく規制する力を身につけます。そして、それができてこそ〝自立〟(ほかからの助けなしに、自分で物事を行うことができること)も果たされます。

 つまり、〝自立〟のためには、〝自律〟が必要であり、自分が失敗しがちなことや、苦手なことを克服したいとき、また逆に何かをやりきらなくてはいけないというときに、自分なりの〝自律ルール〟をつくることができる人こそが、〝自立〟した人なのだと言えるでしょう。

 結局のところ、人を育てるというのは、それぞれが自律ルールをつくれるようになる、その手助けをすることなのです。

 例えば、遊んだおもちゃを自分でキチンと片付けるというのもひとつの自律であり、子どもにそれを指導することがしつけです。

 そのとき、車のおもちゃはいちばん上の引き出し、クレヨンは真ん中の引き出し……というふうにルール決めておけば、子どもはひとりでもスムーズに片付けられるようになります。つまり、ルールの存在によって、自律が促されるのです。なんのルールも与えずに「さっさと片付けなさい!」とガミガミ文句を言うだけでは、なかなかうまくいきません。

 こういうルールの力を借りながら、きちんと片付ける経験を積んでいると、そのうち、他人からルールを与えられなくても自分なりのルールを自ずと考えられるようになります。つまり、片付けという場面での自律が身につくのです。片付けが上手な人というのは、意識しているいないにかかわらず、片付けるための自律ルールをいつでもつくり出せる人なのです。

カスタマイズされたルールにこそ、意味がある

 大人の場合も、自立した人材に育てようと思ったら、仕事をする上で必要な、さまざまな〝自律ルール〟をつくる手助けをすることが大切です。

 例えば決められた期日までに仕事を仕上げるため、1週間前、3日前、前日に、進捗状況を上司に報告する、というのも〝自律ルール〟です。このルールを守っていれば、その時々に応じたアドバイスを受けることもできますし、締切が何段階も設けられているのと同じですから、期日までに仕事をきちんと仕上げられる可能性は高まるでしょう。

 最初はこういったルールを与えることから始めるとよいのですが、大切なのは、与えたルールをあまり絶対的なものにはせず、それぞれが自分がもっともうまくやれるパターンにアレンジすることを許す余裕をもつことです。状況の報告が1週間前でよい人もいれば、2週間前にもチェックを受けておかないと不安で仕方ない、という人もいるでしょう。

 ルールを強制するのではなく、あくまでも、その人なりのルールづくりをフォローする、という姿勢が人材育成のためには必要です。

 絶対的なルールに従わせることは一時的によい結果が出たとしても、それは他律によってもたらされたものであり、そこに留まっていては社員の自立や自走は促せません。あくまでも、自律のためのルールでなければ意味がなく、育てるべきは、状況に応じた自分なりの大小さまざまなルールづくりができる力なのです。

 結局、仕事ができるかどうか、というのは、そういうルールづくりが得意かどうかにかかっているといっても過言ではありません。

 もし、あなたの部下が同じ失敗を何度も繰り返しているようなら、それをどう克服するかの〝自律ルール〟づくりをもう一度、一緒に考えることから始めてください。失敗を攻め続けることは、ただやみくもに「片付けなさい!」とヒステリックに子どもを怒るのと同じこと。

 それでは、部下へ〝自律〟も〝自立〟も促すことはできないのです。

 

人材育成のコツ② 自立した社員のさらなる成長を促す

 

チャレンジが人材を育てる

 経験の浅い社員に大きな仕事を任せる、もしくは大きなテーマを与えるのは、その社員にとっても、また、会社で有能な人材を育てたいと考える経営者にとっても、必要な〝チャレンジ〟です。

 もちろん顧客の信用を落とすとか、会社に大損害を与えるといった極端な結果を回避するためのケアは必要でしょうが、基本的には、「チャレンジが人を育てる」というのは経営者に欠かせない発想だと思います。

 ただし、人を育てるという観点で〝チャレンジ〟を考える場合、決して忘れてはいけないのは、そのチャレンジが結果だけを求めるものであってはいけない、ということです。

 例えば、両足飛びができるようになった3歳くらいの子どもに、地面に置いたたくさんの輪の中をジャンプしながらゴールする、というテーマを与えたとします。

 そのとき、「誰が一番早く着くかな?」などと声を掛けると、たいがい置かれた輪はぐちゃぐちゃになります。中には、ほとんどジャンプをせずに、ゴールに向かう子どももいます。

 つまり、子どもたちは、一番早くゴールすることだけにこだわってしまい、肝心のジャンプがおろそかになっているのです。

 けれども、そもそもここで大切なのは、正確にジャンプをすることであり、ゴールはその結果にすぎません。

 まわりにいる大人は、このテーマの本質、つまり、これはジャンプがもっと上手になるための練習なのだ、ということをきちんと教える必要があるのです。

 輪の中に足をいれて次の輪までジャンプすることをきちんと繰り返すのが一番大事なことなのだと丁寧に話してあげれば、子どもたちは、これはジャンプの練習なのだ、ということをちゃんと理解します。

 そして上手にジャンプしようと一生懸命頑張るようになります。そうすると結果的にジャンプは上手になり、次第にスピードも早くなります。

 これは、練習の本質が達成されたことによる、好ましい結果だと言えるでしょう。

 「振り返り」指導が前向きさと自信をつくる

 人材育成の場合もこれと同じことが言えます。

 例えば、1カ月で新規契約を5本獲得する、という大きなテーマを与えたとしましょう。

 人材育成という側面から考えるならば、このテーマの本質は、契約を取るための〝自分なりの設計図〟が描けるようになること。つまり、例えば、顧客をリストアップして、アポイントをとり、先方のニーズをヒアリングして、適切な提案をして……という契約に必要な段取りを、どう実行していくかという自分なりのルール作りができるようになることです。

 もちろん、契約5本獲得というのが〝目標〟ですから、それが達成できなかったという事実を本人にきちんと自覚させることは大切です。

 けれども、指導する側は、結果がすべてでは決してない、というスタンスで彼らの〝チャレンジ〟に向き合うことが重要なのです。

 そもそも契約5本獲得という結果だけにコミットした指導というのは、どうしても小手先のテクニックになりがちです。

 そのテクニックによって、確かに一時的な成果は得られるかもしれませんが、それで〝継続的な結果〟を挙げられるという保証はありません。

 自分の強みを生かした、〝自分なりのやり方〟を、本人が見つけてこそ成長であり、その人が本当の意味で、「成果を挙げる」能力を身に付けなければ、チャレンジの意味はないのです。

 ごく一部の極めて優秀な人は、最初から設計図もうまく描き、結果も出すかもしれませんが、最初はなかなかうまくいかない、というケースがほとんどでしょう。

 そこでなにが重要かと言えば、うまくいかなかったという事実よりも、その状況に対してどう対応するか、を学ばせること。つまり、「どうやったらうまくいったのか」という「振り返り」の視点をもたせることです。これは、自分の力のなさを嘆く「反省」ではありません。

 単なる「反省」では、自己否定しかできませんが、「どうすれば、うまくいったのか」という、経験を次に生かす意識づけがしっかりできれば、「次はうまくいく、やりきれる」という自信がつきます。

 この自信によって、次のチャレンジで結果を出すことができれば、それこそが本当の成功体験になります。それによって、その人は確実に次のステップに登ることができるでしょう。

 人を育てる〝チャレンジ〟とは、つまり、成功体験を積み上げるプロセスなのです。

 

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る