国際

「反日」を掲げる中国の思惑

 

 1949年の新中国成立以来、毛沢東、周恩来、鄧小平など同国の主要なリーダーは皆、基本的にリアリストであった。彼らは日本に対し、好き嫌いの感情はなかっただろう。

 仮にあったにせよ、反日の言動をとることはなかった。なかでも、1980年代に活躍した胡耀邦は親日派として知られ、当時の中曽根康弘首相と親しい間柄だった。

 新中国になって初めて露骨な“反日カード”を切ったのは、おそらく江沢民だろう。

 同氏の実父である江世俊は、日本の傀儡(かいらい)と言われた汪兆銘政権で宣伝部副部長を務めていた。つまり、江沢民の父親はわが国と関係が深かったのである。

 また江沢民は、汪兆銘政権下において、南京の国立中央大学(現・南京大学)に入学している(卒業は第2次世界大戦後で、上海交通大学だった)。だが、公式記録によると、江沢民は、すでに亡くなっていた叔父(実父の弟)であり中国共産党員だった江上青の養子となっている。

 江沢民は、自らの出自に対して疑惑の眼を向けられないために反日を掲げる必要があったのかもしれない。

 また、毛沢東や鄧小平と違って軍歴がなく、指導者としての資質にも欠けていたので、反日を掲げることで国内をまとめようとしたのだろう。

 江沢民氏の後を継いだ胡錦濤政権は、必ずしも反日というわけではなかった。だが、次に「中華民族の偉大なる復興」を掲げて登場した習近平は、実力不足のためか、江沢民と同様に反日で国内をまとめあげようとしている。

 また、習近平は、党の集団指導性を無視して、再び毛沢東のような“皇帝型政治”を志向しているように見える。同時に、「養光韜晦(とうかい)」(能ある鷹は爪を隠すの意味)政策を放棄し、露骨な反日で安倍晋三政権に対峙している。

 ここ最近、中国は経済成長が鈍化しつつあるので、習近平の本音としては日本からの投資拡大を望んでいるに違いない。少なくとも、深刻な環境汚染問題に対処するために、習政権は高い技術力を持つわが国と交流を図り、環境保全に力を入れるべきだろう。

中国に幻惑される韓国

 

  産経新聞の加藤達也ソウル支局長(当時)が今年4月、韓国フェリー「セウォル号」転覆事故の際、朴大統領が男性と密会していて7時間も連絡が取れなかったというコラム記事を日本へ発信した。加藤前支局長は、あくまでも韓国内の情報をもとに記事を作成したわけだが、同氏はその記事を書いたためにソウル地検に起訴された。

 朝鮮・韓国事情に詳しい拓殖大学海外事情研究所の荒木和博教授によれば、韓国で最初に反日カードを切ったのは、金泳三政権だという。

 その後、韓国では、政権が末期に“レイムダック”化すると、反日カードが切られてきた。李明博大統領もその1人である。

 日本と関係が深かった朴正煕の娘、朴槿恵は、大統領就任以降、あからさまに反日を掲げた。

 彼女は、日本陸軍士官学校へ留学した父親が親日だったため、江沢民同様、反日を掲げる必要があったのかもしれない。親日の態度を取れば、たちまち野党やマスコミに足元をすくわれるおそれがあるからである。だから、朴槿恵は青瓦台に入って以来、反日で突っ走っている。

 そのため、朴政権は、外交の幅を狭めてしまっている。実際、先ごろ北京で開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)では、期待されていた公式の日韓首脳会談は実現しなかった。

 その一方で、韓国は経済的に中国への依存を強めつつある。北京APECでは、懸案の韓中自由貿易協定(FTA)が自動車や米・ニンニクなどの農産品以外でおおむね合意に至った。だが、頼みの中国は成長にかげりが見えるので、韓国も苦境に陥っている。

 現在、中国と韓国は、反日でスクラムを組んでいる。これに米国は困惑の色を隠せない。

 本来、自由や民主主義という「普遍的価値観」を共有する日米韓で、一党独裁体制の中国や北朝鮮に立ち向かうのが筋だろう。だが、東アジアでは、韓国が中国に接近し、北朝鮮が日本に接近するという、まさかの「ねじれ現象」が起きている。

 歴史的には、朝貢・冊封体制を基本とする「中国的世界秩序」では、朝鮮半島は、歴代中国王朝の忠実なるミニチュア国家だった。そして、朝鮮民族は強い国家へなびくという「事大主義」でその生存を確保してきた経緯がある。

 だから、現在、韓国は、世界第2位の経済大国になった中国に“幻惑”され、過去へ回帰しているのではないだろうか。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る