政治・経済

東日本銀行との統合が明らかになった横浜銀行

東日本銀行との統合が明らかになった横浜銀行(Photo=時事通信フォト)

 地銀再編がいよいよ本格化してきた。ここに来て、横浜銀行、東日本銀行の統合が明らかになり、続いて、鹿児島銀行、肥後銀行の統合も浮上したからだ。長期的には経営基盤である地元経済の縮小均衡が危惧されている地銀が生き残りを懸けた戦略に踏み出した。

横浜銀行と東日本銀行の経営統合は考え抜かれたもの

 地銀再編については、これまでいろいろと予想されてきた。だが、実際には噂止まりに終わるケースが少なかった。今回、横浜銀行が再編のフロントランナーとなったことに対して、銀行業界は「やはり」と当然視しながらも「なるほど」という驚きも隠せないでいる。それは、統合の相手が東京の第2地銀、東日本銀行だったからにほかならない。

 東日本銀行は、横浜銀行と同様、長らく財務省(旧大蔵省)出身者がトップに就いてきた。もともとは、茨城県を本拠地としていた相互銀行だったが、東京に経営基盤を移して規模を拡大してきた異色の銀行だ。東京圏は競争が激しいものの、成長性があることがその理由だった。決して目立つ存在ではないが、手堅い経営で定評を得ている。

 一方、横浜銀行はいうまでもなく地銀の代表的な存在だ。バブル崩壊に伴う不良債権の増大に苦しんだ局面はあったが、一環して地銀の盟主という立場にある。同銀行はこれまでも、関東の広域銀行構想の主軸になったり、経営破綻した足利銀行の買い手として地銀連合を招集したり、独自の統合ビジョンを描いて走りかけたことがある。

 そうした構想はいずれも地銀同士の統合であり、今回のような第2地銀との統合ではなかった。その意味で銀行業界には驚きをもって受け止められている。だが、ある大手銀行幹部は「考え抜いた抜群の組み合わせ」と評価する。

 「横浜銀行と東日本は、それほど支店ネットワークがバッティングしていない。横浜にとっては、東京圏を面でカバーすることができる」

 一般に地銀統合の際には統合に伴うシステム統合など経費削減が統合効果の前面に出がちだが、この組み合わせの場合には、規模拡大のメリットのほうが大きいというわけだ。

 東京圏では、既に都民銀行と八千代銀行が経営統合を果たしている。しかし、その形態は金融持ち株会社の下に、都民、八千代の両銀行がぶら下がる形態であり、「実質的には、2つの銀行が別々の経営をしている」と言われている。つまり、経営統合の果実はきわめて乏しいという評価が一般的であり、それに対して、横浜・東日本がどのような攻勢を掛けるのか、早くも注目を集めつつある。横浜銀行は地銀の雄として、商品開発力や営業力が地銀の中では群を抜いている存在であり、今後、東日本の支店ネットワークとそれらが結び付くと、既存勢力の切り崩しもやぶさかではないという声すら出ている。

日銀の金融緩和が地銀の再編・統合を促す

 横浜、東日本の統合が明らかになってまもなく、次に浮上したのが九州地域の中堅地銀同士の経営統合だ。九州は現在、福岡県の2つの地銀が勢力争いする舞台になっているが、九州中部、南部の地銀がそのレースとは別の統合に動いた。福岡銀行のグループに入った熊本県の第2地銀である熊本銀行の攻勢を受けて、肥後銀行が統合を決断したようだ。統合のドミノである。

 熊本の肥後銀行はそれほどではないものの、鹿児島銀行は近年、宮崎銀行と激しい競争を繰り広げてきている。両行のライバル意識は激しく、九州金利という名称が出るほど貸出金利も低くなっているエリアだ。それだけに「宮崎銀行が受けた衝撃は大きいはず」(中堅地銀)と言われ、早くも、「宮崎銀行は他の銀行との統合を具体化するのではないか」という下馬評すら飛びかっている。

 金融庁も人口減少が不可避的になる環境下で、どのような経営ビジョンを描くかを地銀各行に問い掛けている。そうした中で、日銀が10月末、一段の金融緩和を決定したことで、いよいよ、地銀経営は重大な岐路を迎えた。金融緩和措置で市場金利がさらに低下することにより、いよいよ、総資金利ざやが由々しきレベルまで低下するからだ。

 地銀は資金需要の低迷を受けて、国債等債券購入を拡大させたが、いずれ、この資産構造から得られる利息収入も先細りとならざるを得ない。メガバンクのような海外進出にも限界があり、今後、収益力の低下は避けられない。経営基盤の縮小に合わせて経営規模を縮小させるのか、経営統合によって次の成長ビジョンを走るのか。今回、日銀が実行する金融緩和は、重大な経営判断に向けて地銀経営者の背中を押すものとなりかねない。

 だが、横浜、東日本というような経営基盤に恵まれた銀行同士の統合を除けば、成長戦略を描ける地銀はそれほど多くはない。その意味では、「複数の銀行が一体になるような広域銀行構想のみが生き残りの切符となる」とみる上位地銀関係者もいる。関東圏、東北、近畿といった広域経済圏をベースにしたスーパーリージョナルバンクである。

 「いずれにしても、単独の経営を続ける限り、上場している地銀は株式市場で打たれかねないリスクが増した」

 中堅地銀の経営者は、このように神経を尖らせているが、異例の統合が浮上した九州などできな臭さが増すことは間違いないだろう。その中で、相対的に体力が乏しい各地の第2地銀がどのような将来を描くのか。しばらくの間、銀行業界が地銀の季節となることは間違いない。

(文=ジャーナリスト/小倉淳)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る