国際

ファースト・ドッグ、大統領の犬に習う英会話

大統領は孤独な存在だ。トルーマン大統領は、

“If you want a friend in Washington, get a dog.”

〈ワシントンで友人が欲しいなら、犬を飼うことだな〉

 という名言を残している。

 しかし、2009年の春先にオバマが犬を飼ったのは胸襟を開いて話せる相手として、ということではなかった。マリアとサーシャ、2人の娘との「公約」をオバマ家の家長として果たしたのである。

 大統領に当選したら、犬を飼ってあげるとオバマは娘たちに約束していたからだ。

 当初、オバマは犬の選定に関して、こう言っていた。

“Our preference would be to get a shelter dog, but, obviously, a lot of shelter dogs are mutts.”

〈われわれの望みとしては動物収容所に保護されている犬ですが、明らかに保護犬のほとんどは雑種です〉

 muttとは、雑種のことである。shelterとは核シェルター(nuclear shelter)などと使われるように、避難所、とか、収容所、のことである。この場合のshelter dogとは、

“A dog temporarily resident in or obtained from an animal shelter.

〈一時的に動物収容施設に保護された犬〉

 という意味で、オバマは自分もmutt、混血であることから、保護された雑種を望んでいた。

 そして、もう1つ条件があった。娘のマリアがアレルギー体質なので、アレルギー発作の原因となる種類を飼うわけにはいかなかった。

 オバマは言った。

“Malia is allergic, so it has to be hypoallergenic.

〈マリアはアレルギー体質なので、低刺激性でなければなりません〉

There are a number of breeds that are hypoallergenic.”

〈低刺激性品種の犬というのは多く存在します〉

 hypoallergenicというのは低刺激性の、とか、アレルギー反応を引き起こしそうな物質を取り除いた、という意味で、hypoallergenic cosmeticsとは、低刺激性化粧品、である。

ところが、このオバマの発言は大きな反響を生んだ。当時、オバマはまだ人気の絶頂にいたから、アメリカの動物保護団体から隣国カナダの動物保護団体まで、尻尾を千切れんばかりに振りながら、「ぜひうちの団体からファースト・ドッグ(first dog)を!」となだれを打って押し寄せた。

 収集がつかなくなったこの状況から救い出してくれたのは、大統領選で早い時期からオバマを支持して来たテッド・ケネディ上院議員だ。

 毛が飛び散らないポルトガル・ウォーター・ドッグ(Portuguese Water Dog)をプレゼントしてくれた。もっと正確に言うと、ケネディ上院議員が間に入って、テキサスのブリーダーから迎えられたのが、この「ファースト・ドッグ」である。ケネディの愛犬もファースト・ドッグの同胎犬の1頭なのだった。Hypoallergenic dog(低刺激性の犬)である。これが09年4月12日のことで、テッド・ケネディは数カ月後の09年8月25日に他界した。享年77。脳腫瘍が原因だ。最後の大仕事がファースト・ドッグの仲介ということになる。

 オバマ家にやってきた犬、ポルトガル・ウオーター・ドッグは黒色と白色が交ざっていた。白人と黒人のハーフであるオバマと一緒だ。「ボー」と名づけられた。前脚とお腹が白で、その他は黒い毛で覆われている。まるでタキシードを着ているようだ、とワシントン・ポスト紙で評された。

 あれから5年。今年8月19日にオバマ家に新しい家族が加わったという発表があった。ホワイトハウスの公式ブログで発表された犬の名前はサニー。

 先住犬のボーと同じく、ポルトガル・ウオーター・ドッグである。

“Bo now has a little sister to romp with.

〈ボーはついに、じゃれあう妹ができました〉

 とあるだけで、後は

She is 14 months old and was born in Michigan.”

〈彼女はミシガン州生まれの1歳2カ月です〉

 とあるだけで背景情報、例えばshelter(施設)からやってきたmutt(雑種)であるということは明かされていない。

[今号の英語]testify
 testifyとは、証言する、という意味である。
 ビル・クリントン元大統領の現役時代の写真である。彼の愛犬バディーがホワイトハウスの大統領執務室でクリントンと戯れている写真のキャプションが、こうだった。
“At last, a friend who can’t testify against him.”
〈ついに、彼を糾弾する証言台に立たない友人出現〉
 これは、野暮な解説をすれば、モニカ・ルインスキーをはじめとするクリントンを糾弾してきた一連の女性群と、冒頭のトルーマン大統領の言葉、
“If you want a friend in Washington, get a dog.”
〈ワシントンで友人が欲しいなら、犬を飼うことだな〉
 に呼応する一文だった。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る