政治・経済

日銀の追加金融緩和をめぐる朝日新聞の報道

 

 日本銀行は31日の金融政策決定会合で、追加の金融緩和を決めた。国債などをさらに買って市場に巨額のお金を流し込む。消費増税後の景気低迷が想定よりも長引き、物価が伸び悩む可能性が強まったため。景気の腰折れを防ぐ必要があると判断したとみられる。〈中略〉日銀は従来、年60兆〜70兆円に相当するペースでお金を市場に流し込んでいたが、これを年80兆円に増やす。このうち、銀行などから買い入れている長期国債は、年50兆円から年80兆円まで増やす。株価指数に連動する投資信託(ETF)はこれまでの買い入れ額の年1兆円から年3兆円、上場不動産投資信託(J-REIT)は年300億円から年600億円に増やす。(朝日新聞夕刊2014年10月31日)

 

日銀の金融緩和の思惑

 

 今回、サプライズで行われた追加金融緩和に市場関係者の誰もが驚かされた。しかし、事前に黒田総裁の発言を全く聞いていないニュートラルな立場で考えれば、今回の追加緩和のタイミングは至極当然のことと言える。日銀の「展望レポート」によると、日銀がインフレ目標2%を掲げていたにもかかわらず、特に年度明け以降はインフレ率の伸びが鈍化傾向にあり、1%ぎりぎりを切るところまで来ていた。

 追加緩和を行うかどうかのひとつの目安は、「消費税を除いた後のインフレ率が1%を切ること」であった。また、原油価格の下落もあり、インフレ目標2%を達成できる可能性が非常に低くなってきた。

 このような状況にもかかわらず、今回の追加緩和を市場が読めなかったのは、黒田総裁が事前の講演や国会の証言で、強気な発言を繰り返していたからだ。物価の伸びの鈍化にもかかわらず、「好循環は順調に進んでいる」「景気は回復基調を持続している」と発言していた。

消費者物価の推移(前年比)※除く生鮮食品と消費税(出所:総務省) 金融政策は、いかにサプライズを起こすかで効果が変わってくるため、その意味では黒田総裁は非常にうまい芝居をしたと言える。また、同じタイミングで、片やアメリカは量的緩和を終了し、片や日本は量的緩和を加速する、とコントラストがはっきりしたことで、より一層、追加緩和の効果が高まった。

 ただ、量的緩和で日銀はこれからも国債を大量に買うことになるが、景気が過熱するどこかのタイミングでやめることになる。そのときの最大のリスクは、日銀が国債を買わなくなることで国債が暴落することだ。リスクを減らすには、世の中に出回る国債をできるだけ増やさない、つまり政府の財政規律がきちんと守られる状況にすることだ。

 そう考えると、消費税を上げた方が国の財政規律が強まり、将来的な国債発行が抑制される効果がある、と少なくとも日銀はそう考えている可能性がある。

 しかし足元では7〜9月の経済成長率があまり良くない可能性がある。日銀としては、消費税は上げてほしいが先送りのリスクも出てきたため、日銀が追加緩和を打ち出して景気を支えることで、安倍総理が消費税増税を決断しやすい環境を作る意図もあったと考えられる。

 なお、規模としてはそれほど大きくはない。これまでの量的緩和でもマネタリーベースを年間60兆〜70兆円程度増やすことになっていたのを10兆〜20兆円増やすだけである。ただ、見方を変えると、日銀はさらなる追加金融緩和の余地を残しているとも言える。

 恐らくそのタイミングは、消費税が上がる可能性が高い来年の10月頃と予想される。さすがに来年度の後半になっても物価上昇率が上がってこなければ、追加緩和が予想される。その際の規模は今回と同程度が想定されるが、金融緩和の中身としては、国債を無制限に買えるわけではないため、恐らく今よりもETFなどのリスク資産の購入比率を上げる可能性が高いものと思われる。

 

増税のタイミングで日銀は新たな金融緩和のバズーカ発射も

 

 一方、増税先送りのシナリオが全くないとは言えない。マーケット的には先送りになったほうがポジティブとの見方もある。

 前回は、ほとんどの外国人投資家が「消費税増税しないと安倍総理の実行力が問われる」との見方が大勢を占めていたのに対し、今回は、米国財務省が慎重な発言をしていることもあり、外国人投資家にもここで消費税を上げるとアベノミクスは失敗に終わるという見方が多いようだ。背景には、春の増税のダメージが予想以上に大きかったことや、ユーロ圏や中国の不透明感が高まっていることがある。

 しかし、筆者は6対4で来年10月に消費税は上がる可能性が高いと考えている。もし今回の追加緩和がなければ5分5分程度で先送りかと考えていたが、もはやそれは困難になろう。その場合は、来年10月の消費税を上げるタイミングに合わせて、新たなバズーカを放つ可能性が高いものと思われる。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る