テクノロジー

 大手電力会社が再生可能エネルギーの新規受け入れを中断するなど、再生エネの固定価格買い取り制度が導入からわずか2年あまりで行き詰まった。経済産業省は制度の見直しを急ぐが、再生エネ普及に向け失った信頼を取り戻す道筋は険しい。

再生エネルギーの固定価格買取制度を見直しへ

 九州電力が福岡市など6カ所で10月初旬に開いた再生エネ買い取り手続き中断の説明会。「なぜもっと早く公表できなかったのか」「責任を取ってください」などと、太陽光発電などを計画していた事業者らが声を荒らげ九電幹部に詰め寄った。

 太陽光発電を中心に固定価格買い取り制度に基づく契約が急増。すべて受け入れた場合、送電容量を上回り、需給バランスが崩れて大規模停電が発生する恐れもあると判断し、九電は9月25日、手続きを中断した。

 九電以外にも東北電力や北海道電力、四国電力、沖縄電力が相次ぎ、買い取りの中断を発表した。

 怒りが収まらないのは、事業者だ。大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業者は、巨額の設備投資をしてきただけに死活問題。「国の制度であるからには、政府は補償などの対応をすべきだ」(鹿児島市のメガソーラー事業者の幹部)との声も上がった。

宮澤洋一経産相

再生エネ拡大の方向を打ち出した宮澤洋一経産相(Photo=時事)

 再生エネ導入を推進してきた自治体にも反発は広がる。東日本大震災からの復旧事業の一環で再生エネの導入計画を進めてきた被災地では、東北電力の契約中断に動揺を隠せない。地元自治体からは「復興への取り組みに水を差すのではないか」などと、電力会社や政府の対応を非難する声が多い。

 政府は太陽光や風力、地熱発電といった再生エネを増やすことを目的に、2012年7月から固定価格買い取り制度を導入した。事業者にとっては国が決めた価格で一定期間、発電した電力を大手電力会社に買い取ってもらえるため、参入が相次いだ。特に設置が容易で、買い取り価格の高い太陽光発電に申し込みが集中。受け入れ手続きの中断が相次ぐ原因となった。

 批判を受け九電は10月21日、出力50キロワット未満の小口について買い取り手続きを再開すると発表した。だが、手続きが進むのは中断対象の約3%にすぎず、抜本的な解決にはほど遠い。

 このため、経済産業省は固定価格買い取り制度の見直しに着手。買い取り価格や国民負担などについて幅広く議論し、年内にも結論を出す考えだ。だが、拙速に制度設計した経産省に対する風当たりは根強い。経産省で開かれている再生エネ導入の課題を議論する審議会でも「(需給バランスが崩れるなど)こうなることは分かっていた。恥ずべきことだ」などと、有識者からの批判が相次ぐ。

見切り発車だった再生エネルギー買取制度

 もともと買い取り制度は3年前、当時の菅直人首相が退陣と引き換えに関連法案の成立を要求し、実現したものだ。当時の民主党政権が導入を焦り、経産省も制度設計を急いだ。当時の政権に言われるまま、経産省が「見切り発車」で制度設計をした感は否めない。

 既に経産省で検討されている制度見直しの具体策は、いくつかある。その1つが、電力会社が事業者に発電量の抑制を要請する「出力抑制」の強化だ。

 太陽光などの発電量が急増して需給のバランスが崩れる恐れがある際には、年間30日以内であれば、電力会社は無補償で事業者に出力抑制を要請できる。現在は1時間だけ出力抑制を要請しても1日とみなしているのを変更し、1時間単位で要請できるよう省令を改正する方向で検討に入っている。

 一方、太陽光への極端な偏重を是正し、地熱や水力を価格面で優遇する対応策も有力だ。

 再生エネの普及を加速させるため、再生エネ特別措置法は制度開始から3年間は、事業者の利益を上乗せして価格を決めると定めている。太陽光については予定通り来年までで、この措置を終了。常時一定の出力が得られる「ベースロード電源」としての期待が大きい地熱や水力については、この措置を延長する案が浮上している。

 また、発電を早期に始めた事業者への優遇策も検討されている。買い取り価格は年々低下しているが、価格が高いうちに認定だけ取得し、資材が値下がりするまで発電を先延ばしして、利益を増やそうとする事業者が後を絶たない。

 国の認定を受けたのに発電を始めない事業者との契約手続きをやめることで、混乱を回避しようとの狙いだ。

 その他、買い取り価格を半年ごとに見直す案もある。買い取り価格の高い太陽光を中心に価格を引き下げ、急増する太陽光の参入を抑える考えだ。

 電力会社の送電網が受け入れられる再生エネの電力量の検証も開始されており、今後は送電網の整備といった長期的な対策も検討される見込みだ。ただ送電網の強化には全国で数兆円規模の新規投資が必要とされ、実現に向けては課題も多い。

 宮澤洋一経産相は就任後、マスコミ各社のインタビューに対し、原発の比率について「引き下げる方向でやっていく」と強調した。東日本大震災前は原発の比率は3割前後だったが、これを3割よりも低く抑える。一方、再生エネは拡大する方向で、電源構成比率の見直しが経産省内で進められている。

 再生エネは国内で生産でき、環境負荷が小さいという利点もある。再生エネの普及と拡大に向け、買い取り制度の設計に二度と失敗は許されない。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る