広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

崖っぷちの年金財政は立て直せるのか

ニュースレポート

 日本の年金制度は、世界的に見ても劣るものであるという結果が調査機関によって発表された。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、株式による公的年金の運用比率を高めることで、年金資産の増加を図ろうとしているが、リスク管理などの面で不安が残る。

日本の年金は中国よりも下?

 日本の公的年金制度が崩壊しつつあると言われるようになって久しい。致命傷となったのは、民主党の追及で宙に浮いた年金記録が5千万件もあると発覚し、国民が年金制度に不信感を持ったことだ。何しろ、長年にわたって保険料を払ってきたにもかかわらず、その年金記録が消されてしまった人までいるのだから、その怒りや不信感は当然だ。

 では、日本の年金制度はどこがダメなのか。そのダメ具合は外国の年金制度と比べると一層際立ってくる。

 組織・人事分野専門のコンサルティング会社、マーサージャパンはこのほど「2014年度グローバル年金指数ランキング」を発表した(図を参照)。

マーサー・メルボルン・グローバル年金指数(2014) 総合指数によるランキング このランキングは世界各国の年金制度を比較したもので、日本の年金制度は25カ国中23位で、惨憺たる状況だ。

 この年金指数は「十分性」、「持続性」、「健全性」の3つのポイントで算出される。十分性はもらえる年金額は十分かどうか、持続性は人口推移や平均寿命のバランスとの関係で持続可能なものか、健全性は年金制度をうまく運用するための見直し機能や透明性が担保されているか、ということを意味する。

 ただ、このランキングの中には、中国やインドネシアのように国民皆年金ではない国も含まれている。例えば、中国の場合、加入義務のある被保険者は、都市部の被用者および自営業者である。つまり、大雑把な言い方をすれば、年金制度の対象は富裕層だけということだ。

 よって、この結果を基に日本が中国やインドネシアよりも単純に下位にあるとは言えない。しかし、仮にそうした国々を除いて、欧米先進諸国だけと比較してもなお、日本の年金制度は貧困であり、このランキングは参考資料として十分に意味がある。デンマークは、十分に積み立てられた年金とその給付水準が評価され1位になっており、高福祉高負担で知られる北欧諸国が上位にランクされる傾向となっている。

1 2