政治・経済

アリババが海外進出を目指す中小・ベンチャー企業をサポート

 2014年の世界の株式市場で、大きな話題となった中国アリババ・グループ・ホールディング。9月にニューヨーク証券取引所に上場を果たし、時価総額は2300億ドル(約25兆円)に達した。今、世界で最も注目されている企業である。

香山 誠

香山 誠(こうやま・まこと)
1957年生まれ。86年にソフトバンク入社。ソフトバンク・イーシーホールディングス取締役を経て、2000年ソフトバンク・ヒューマンキャピタル社長。06年マイスペース社長を兼務。08年社長退任後、アリババ社長に就任。

 設立は1999年。企業間取引サイト「アリババ・ドット・コム」のほか、消費者向けショッピングサイト「淘宝網(タオバオ)」や「天猫(Tモール)」などでも展開する。創業者のジャック・マー氏は孫正義・ソフトバンク社長と親交があることでも知られ、現在ソフトバンクはアリババ株の30%強を保有している。

 わずか15年ほどで、一介のベンチャーから世界的な大企業に躍進したアリババだが、一方で同社が提供するサービスを利用して海外進出を目指す、中小・ベンチャー企業のサポート役を果たしている。

 アリババ日本法人社長の香山誠社長によれば、同社のサービスを通じて海外市場を目指す日本企業は着実に増加しているという。特に力を入れているのがBtoB領域の「ワールドパスポート」と呼ばれるサービスで、現在は中小企業を中心に約4千社の顧客が、外国企業に自社の製品、サービスの売り込みを図っている。

 「とにかく成功事例を増やしたい。当社サービスの潜在的利用者である製造業、商社、卸などの企業は国内に20万社くらいあるので、将来的にはそのうちの10%程度は取り込んでいきたい」と、香山氏は語る。

 課題は、グループ全体で全世界に囲っている約4千万社のバイヤー企業に対して、いかに日本企業がアプローチしていくかだ。この点に関して香山氏はこう述べる。

 「日本企業はインターネットの世界で商売をすることに対して、世界でもかなり下手なほう。交渉しても結論から言わないとか、ベストプライスを最初から提示しないとか、世界のシンプルなビジネスのやり方が身に付いていない。独特の商慣習が仇になっている」

 もともと産業材の分野において日本製品は強いため、特別な工夫がなくても売れるという。一方で、消費財に関しては赤ちゃん用品や女性用下着など、機能性で勝負するものでは強みを発揮する傾向にある。日本製の化粧品やサプリメントなども人気がある。

 とはいえ、アリババのサービスを使えば、簡単に海外進出が成功するなどというおいしい話ではもちろんない。

 「ほとんどの中小企業は、海外事業で短期の大きなリターンを狙うが、アリババは魔法の杖ではなく、あくまでもツールにすぎない。バイヤーからコンタクトがあったときに期待値を超えるメールを返し、成約したら適切なフォローをし、違う商品も買ってもらうといった基本的なことが大事。こういう当たり前のことができる会社は、あっという間に数億円のビジネスができる」(香山氏)

 いずれにせよ、アリババのようなサービスが出現したことによって、多くの中小・ベンチャー企業にもグローバル展開のチャンスが広がっていることは確かだ。

アリババ香山誠社長が方針転換、「利用者拡大より顧客価値の向上」

 アリババでは海外市場に興味がある企業向けにセミナーを開き、意欲のある企業にはアドバイザーを付け、支援している。国内市場の縮小に直面し、海外に活路を見いだそうとする中小企業も多い。

 目下の課題は、顧客数の増加による社内の人材育成だ。サプライヤーの取引を成功させるためのアカウントマネジャーの部隊が、経験を積むことによって力を付けてきたという。

 実は、同社には過去に苦い経験がある。日本法人の立ち上げ直後、規模の拡大を目指して、一気に数千人規模の利用者を獲得したことがある。しかし、成功事例がほとんど生まれず、まさに死屍累々の状態になってしまったと香山氏は述懐する。

 「その気になればいくらでも利用者は増やせるが、それでは意味がない。顧客価値が上がり続ければどこかでブレークするので、どんと構えてゆっくりやろうと方針を変えた。ちなみに今回の上場についても、孫とジャックがとことん話し合って、急ぐ必要はないという結論に達したのでこのタイミングになった。上場後も成長できる素地をしっかり作らないと、上場してから身動きが取れなくなる」

 新興国では60年代の日本と同じことが今起きていると語る香山氏。そこにインターネットが加わることによって、爆発的な破壊力を持って消費が増加している。このパワーをどれだけ取り込めるか、規模、業種にかかわらず、チャンスはすべての企業の眼前に広がっている。

(写真=佐藤元樹)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る