マネジメント

融資決定の際、銀行が注視するのは粉飾の有無

 銀行の融資審査で最も重要視されるのが決算書の内容です。それをよく知る企業の中には、決算書の中身を実態よりも良く見せるために、架空の売り上げを計上したり、使った経費を使っていないように見せたりなど、いわゆる「粉飾」に走る向きもあります。

 ただし、銀行サイドが注視しているのも粉飾です。決算書の中には勘定科目明細がありますが、銀行はこの明細を必ず企業に提出させ、決算書を細かくチェックしていきます。

 また、数期の決算書を並べて見ると、粉飾された決算書には、不自然な数字の動きが必ず認められます。その部分をアラート表示するようなコンピュータソフトを銀行は導入しているのです。

 一方、企業の中には、決算内容の粉飾は行っていないものの、融資審査における決算書の重要性を念頭に置かず、節税目的で利益を低くしてしまう企業があります。決算上の利益が少ない場合、企業に対する銀行の信用格付は当然低くなり、それは融資審査にも負の影響を及ぼすことになるのです。

 このように考えていくと、日頃からしっかりとした経営を行い、銀行が融資しやすい決算を果たしていくことが何よりも大切との結論に至るはずです。

融資をスムーズに受ける為に大切な日常取引

 融資をスムーズに受けるうえで、決算書の次に重要なのが銀行との日常取引です。

 銀行は融資を申し込まれたときだけでなく、融資以外の日常的な取引やコミュニケーションの際にも、その企業が信用できそうか否かを観察しています。ですから、将来的に融資を受けたい銀行があるのなら、その銀行との良好な関係を築いておくべきです。

 銀行との関係構築の第一歩は、預金口座を作ることです。その際、銀行は簡単な審査を行います。これは、ペーパーカンパニーの口座を作られ、後々犯罪に使われるリスクを回避するための措置です。また同様に、銀行は、反社会的勢力の口座が作られないよう常に注意を払っています。そのため、銀行は、預金口座の開設を申し込んできた企業に対し、履歴事項全部証明書や印鑑証明書の提出を求めるのと併せて、会社の実態を聞き取ろうとします。

 そのとき、銀行が知りたいことを先回りし、会社案内や商品・サービスのパンフレット、最新の決算書を彼らに渡してみてください。

 銀行の各支店には、新規の融資先を増やすという営業目標があり、その達成を目指すうえで、新しく口座を作った企業は有望な見込み客となります。ですから、口座を新しく作った企業の資料が支店内の得意先係に届けられ、それを見た得意先係が企業の元に挨拶に訪れるケースは珍しくありません。またそれが融資取引開始のきっかけになる場合もあるのです。

 そうならない場合には、口座に一部の売り上げを入金したり、その口座からほかへの振り込みを行ったりして、口座の動きを活発化させます。このような口座の動きは銀行サイドでとらえられますので、結果的に、得意先係が企業に営業をかけるトリガーになる可能性があります。

 また、口座開設から半年ほどの時が経過したのであれば、企業のほうから融資の相談を持ち掛けてもいいでしょう。過去の取引実績から、銀行はその企業を信用し、融資の相談にも乗ってくれるはずです。

銀行が融資を嫌うのは日常取引のない「一見客」

 銀行が融資を嫌うのは、「一見客」です。見ず知らずの相手から「融資を受けたいんですが」と言われても、銀行は身構えるだけで、融資を行うことはまずありません。

 私が銀行に勤めていた頃も、融資窓口に「一見客(一見の会社)」がやって来て、融資を申し込むケースが時折ありました。そのような時、私はいつも、決算書などの資料を預かり、「分かりました。銀行内で検討してみます」と対応するふうを装いつつ、実際には資料を机の中にしまい込んだまま、1週間ほどしてから先方に電話をかけて、「検討しましたが、融資は難しそうです」と返答していました。

 銀行にとって、一見客は警戒すべき対象でしかありません。と言うのも、一見客は、既にほかの銀行から融資を断られている場合が多いからです。ですから、たとえ決算書内容が良くとも、「何らかの問題を抱えているに違いない」と銀行は見なすのです。

 貸し倒れの最も典型的なパターンは、融資した会社が融資後数カ月で倒産してしまうことです。付き合いの長い相手ならば、これまでの取引やコミュニケーションを通じて今どんな状況にあるかがよく分かります。ですが、付き合いの浅い企業や一見客は、実際の状況がよく分かりません。結果、貸し倒れのリスクも高まり、銀行は融資を避けようとするのです。その意味でも、銀行の融資を引き出しやすくするには、普段からの関係構築が重要と言えるのです。

 

筆者の記事一覧はこちら

経済界電子版 銀行関連の記事一覧はこちら

経済界電子版 金融関連の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る