国際

写真:AFP=時事

写真:AFP=時事

 経済界にかかわる読者諸兄は2008年9月15日以降、何らかの不愉快な思いを味わわれたに違いない。つい昨日のことに思えるが、あれから5年の歳月が流れた。早いものだ。

  土壇場で政府に見捨てられた米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破綻し、世界的な金融危機の引き金になった。リーマンショックである。オバマ政権は、そもそもこの経済危機を背景に成立した政権であり、最初の大仕事が、この未曾有の金融危機の退治となった。オバマは、サブプライム問題、リーマンショックをもたらした「強欲な金融資本主義の歪みを正す」ことを使命とし、3年前の夏に2300ページに及ぶ膨大な金融取引規制「ウォール街改革および消費者保護法」(ドッド・フランク法、Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act)を成立させた。

 この法律は、制御不能に陥った貪欲な金融業界への戒めである。

 が、実はこの法に基づいて各行政機関が制定することになっている関連規則のうち既に決定され、法制化されたのはいまだ50%にも満たない。最も鍵となる規則が銀行の強硬な反対に遭い、まだ決着していないからだ。
 肝心要なのは、経済危機の核心にあった、自己勘定の証券取引といった自行内部での利益創出を目的とする金融その他の取引を禁止する「ボルカー・ルール」にある。このルールは商業銀行に対してヘッジファンドや未上場企業への投資やそれらの所有を禁ずるもので、自己勘定取引についても制限を加えている。

 だが多くの銀行はそうした取引こそを利益の中心となる重要な事業と位置付け、今後も行うことを望んでジリジリしている。

 オバマは8月19日、連邦準備理事会(FRB)や連邦預金保険公社(FDIC)などの金融監督当局者をホワイトハウスに集め、先のドッド・フランク法に盛り込まれた新規則の策定作業を加速するよう指示した。多数の監督機関と迷路のように複雑な規則からできている米金融規制の構造自体が懸念を生じさせている。24カ国の中央銀行や金融監督当局で構成する「金融安定理事会(Financial Stability Board、FSB)」は8月下旬、米国の金融制度は断片化され、極めて複雑になっていると指摘した。しかもそれが世界とつながっている。インド・インドネシア・ブラジル・トルコ・南アフリカなどの通貨危機説と中国の負債危機の可能性も濃厚だ。

次いでオバマは9月15日、リーマンショック5周年目のスピーチを行った。

“We’ve begun to lay a new foundation for economic growth and prosperity,”

〈われわれはようやく、経済的な成長と繁栄をもたらす基礎を築き上げ始めました〉

“Over the last three and a half years, our businesses have added 7.5 million new jobs.

〈ここ3年半でわが経済は750万人の新しい雇用を生み出しました〉

Our deficits are now falling at the fastest rate since the end of World War II.”

〈われわれの負債は第2次世界大戦以来最速で減少しております〉

 こう成果を強調すると同時に、議会を攻撃した。

“Congress’s most fundamental job is passing a budget,”

〈議会の最も基本的な仕事というものは、予算を通すということにあります〉

“And Congress needs to get it done without triggering another crisis, without shutting down our government, or worse, threatening not to pay this country’s bills.”

〈しかも議会は、再び経済危機を招くようなこともなく、またさらに悪いことには、国家予算を通さないという脅しをかけることもなく、予算を通さなければいけません〉

 予算を人質に、政争に持ち込み、財政運営をめぐって対立を続ける野党、共和党の姿勢を「無責任だ(irresponsible)」と批判し、10月以降の予算の成立などに直ちに協力するよう求めた。


[今号の英語]irresponsibility

 responsibilityは、責任、である。無責任、はirresponsibilityとなる。
 オバマは政治的思惑で動く議会を無責任だと喝破する。
“I’m still hoping that a light bulb goes off here,”
〈もしここで電球が切れたら〉
 と議会がごねて国家予算が通らずに、電気が止められ、切れた電球を取り替えることもできなくなったら、とオバマは言った。 
“is the height of irresponsibility.”
〈それは無責任極まりないことに起因するものであると断ぜましょう〉
 heightは高さである。At the height ofというと、~の真っ最中に、という意味で、この場合は、無責任極まりない、とオバマは強い口調で議会を糾弾している。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る