政治・経済

 経営再建の途上にあるシャープだが、髙橋興三社長就任以降の構造改革が着実に進展。2014年度上期の業績は期初予想を下回ったものの4年ぶりに最終黒字を達成した。その中でも液晶事業は構造転換に成功し、成長市場の波に乗る形で業績回復に大きく貢献している。

中小型液晶がシャープの営業利益の大半を叩き出す

 液晶のシャープは、やはり液晶のシャープだった。

 シャープは2014年度中間期の決算を発表。売り上げ、利益ともに期初の予想を下回ったが、経常利益が前年同期比で大幅に改善し、純損益は4年ぶりに黒字転換を果たした。

 収益面で特筆すべきは、上期の営業利益292億円のうち、液晶事業の営業利益は208億円で、そのほとんどを中小型液晶が叩き出していることだ。

髙橋興三・シャープ社長

髙橋興三・シャープ社長

 シャープの液晶事業と言うと、かつてはテレビ向けの大型液晶に傾倒し、堺工場(大阪府)の大型投資が失敗したことで経営状態を悪化させた。

 このため、13年度以降は中小型液晶事業を柱とした構造改革を推進してきた。上期の液晶事業の売上高の内訳は中小型液晶が70%、大型液晶が30%。下期は中小型液晶が75%にまで拡大するという。

 現在の中小型液晶の需要はスマートフォンやタブレットが牽引しているが、民生機器向け液晶への偏重は一見すると、テレビ向けの大型液晶の轍を踏むとの危惧がある。しかし、デバイスグループを統括する方志教和専務は「大型液晶と中小型液晶とは全く世界観が違う」とそうした見方を一蹴する。

 大型液晶ではパネル自体に付加価値が生まれにくく技術面で海外メーカーにキャッチアップされ価格勝負に陥り、収益が悪化した。中小型液晶でもスマホやタブレットの普及に伴い価格下落は起こっているが、大型液晶に比べて付加価値で勝負できる余地が大きく、単に同じ状況にはならないという。

 付加価値については、高精細のフルHDの中小型液晶を供給できるのは現在、シャープとジャパンディスプレイと韓国LG Displayの3社のみ。しばらくは3社の優位性が続く見込みだ。高精細以外の付加価値として、タッチパネル性能やデザイン性能の向上などで競争力を高めている。

 シャープでは、「フリードローイング」と称するタッチパネル技術を開発。また、狭額縁フレームレスパネルを自社のスマホ「AQUOS CRYSTAL」に搭載している。

 シャープでは今後も先行して開発を進め、中小型液晶の付加価値を高めていく構えだ。「IGZO」に加え、「MEMSディスプレイ」や「フリーフォームディスプレイ」など独自技術の開発を進めている。

中国市場の拡大がシャープの液晶事業の追い風に

 中小型液晶事業の成長には、追い風も吹いた。その1つが中国市場の拡大だ。

 シャープは大型液晶の失敗の1つに大手の顧客に偏重し過ぎ市場の変動性のリスクが高かったことを挙げる。このため、中小型液晶へシフトしていくに当たり、顧客ベースを増やし変動性を希釈させている。

 成長する中国市場への展開も顧客ベースを拡大し、スマホ用液晶の中国メーカーは14年度上期の8社から下期には15社に拡大する。さらに中国で15年に発売を予定している25機種への供給を交渉中で、交渉がまとまれば1〜3月期の売り上げに計上され、通期の業績を押し上げる可能性がある。

 中国メーカーの特徴として、新興メーカーは競争優位性を求めるため、高精細パネルやIGZOの導入にも積極的だという。

 シャープでは新興メーカーをターゲットの1つととらえ展開している。その中の1つ、小米科技(シャオミ)とは小さなメーカーの頃からアプローチし一緒に伸びてきた。中国市場にはさまざまなリスクが懸念されるが、今のところシャープは最先端デバイスを求める新興メーカーの成長の波にうまく乗っている。

 もう1つの成長要因が、シャープだけが量産化に成功しているIGZO技術だ。IGZOは従来の液晶パネルより消費電力を抑えることが長所。IGZOを搭載したスマホは低消費電力が強みとなっている。

 IGZOの量産化にあたり、シャープでは亀山第2工場(三重県)の製造ラインをテレビ用の大型液晶用から中小型液晶用に転換した。

 亀山第2工場はテレビ用に導入した第8世代の大型パネルで製造する。大型基板から中小型液晶パネルを作り込むことにシャープの技術力が生きるが、これがコストダウンにつながる。

 「亀山第2を中小型にしていったのは今までのところ正解だった」と髙橋興三社長は語る。さらにIGZOの生産は既存設備の改造で対応できるため、「1桁少ない投資で済む」(方志専務)という。

 さらにIGZOでは高精細化の技術開発が進んでいる。シャープは高精細用途は独自のLTPS(低温ポリシリコンパネル)の「CGシリコン」、低消費電力用途でボリュームゾーンに近い領域をIGZOと考えていた。  

 しかし今回IGZOがLTPSに匹敵する700ppi以上の高精細を実現。これにより、低コストのIGZOで高精細の需要を取り込むことができる。現在、中小型液晶に占めるIGZOの比率は50%で、まだまだ拡大の余地がある。

 IGZOはコスト・性能の両面でシャープの業績回復に大きく貢献している。シャープではIGZOの潜在能力を高く評価し期待を寄せる。IGZOをはじめ付加価値技術をいかに発展・実用化できるかが、今後のシャープの鍵を握っている。

(文=本誌/村田晋一郎)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る