政治・経済

辞任ドミノを恐れた安倍内閣の大幅改造

 連休明けの11月4日から永田町に解散話が出始めた。本誌発売時は、衆院選真っただ中だろう。

イラスト/のり

イラスト/のり

 相次ぐ閣僚の「政治とカネ」の問題で国会審議がなかなか進まない中、そして消費税の税率引き上げの判断時期が迫ってきて、景気状況が好転しないまま増税実施の判断をすれば、一気に内閣支持率が急落するからだ。野党の選挙準備がほとんど進められていない中で増税実施時期の先送りをしてその是非を問う形で総選挙に持ち込んでしまえば、自民党の〝負け幅〟は最小限に抑えられるとの判断があるからだ。

 今年9月ごろまでは、来年6月解散、7月総選挙で自民党が勝利し、安倍晋三首相の長期政権確実との見方が大勢を占めていた。それが急に慌てふためくような解散風が吹き荒れたのは、改造人事の失敗が最大の要因だったのだが、なぜ人事に失敗したのか。

 自民党の閣僚経験者の秘書は語る。

 「安倍首相にとって大きな誤算だったのは、5月17日に有名歌手Aが覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕されたことにより、Aが出入りをしていた仁風林の存在がクローズアップされたことでしょう」

 仁風林は、政財界の要人や官僚、さらに親しい芸能人らが懇親会を開いていたとされる施設。安倍首相も野党時代、何度か招かれていた場所だ。

 しかし、問題だったのは、現役閣僚が仁風林に通っていたことだった。前出の秘書は語る。

 「今年2月、安倍首相が夏に改造人事に着手すると語った時、党内では待機組が『次は入閣する』と前のめりになり、くすぶっていた不満も収まりました。いわば、アメをぶら下げて、官邸の力が一層強まったわけです。しかし、順風満帆に進んでいた内閣で、交代するのは3〜5人の小幅、ないしは中規模と見られていました」

 まさか2ケタに及ぶ改造はないとの見方が大勢を占めていたのである。

 しかし、Aの逮捕によって安倍首相の思惑は一気に消し飛んでしまった。

 「仁風林に通っていた現職閣僚は12人いたのです。思い返せば第1次安倍政権時、佐田玄一郎規制改革担当相が政治資金収支報告書の問題で辞任し、柳澤伯夫厚労相が『女性は子どもを生む機械』発言で辞任、松岡利勝農水相の自殺、久間章生防衛相は『原爆投下しょうがない』発言で辞任、松岡氏後任の赤城徳彦農水相も事務所費疑惑で辞任と、〝辞任ドミノ現象〟で末期症状を迎えた。二度と過ちは繰り返さないためにも大幅改造に切り替える必要があったということでしょう」(政治ジャーナリスト)

 実名が挙がった田村憲久前厚労相は国会でも追及され、その他にも小野寺五典前防衛相、茂木敏充前経産相らの名前が取り沙汰された。

 辞任ドミノの怖さを一番よく知る安倍首相が、大幅改造に踏み切ったのは、想像に難くない。

大幅改造でも安倍首相の好き嫌い人事は健在

 しかし、問題は改造人事の内容だった。前出の政治ジャーナリストはこう語る。

 「第1次安倍政権は〝お友達内閣〟と揶揄され、不祥事が起きても党内からは『それ見たことか』と冷笑されました。今回の改造人事は、一見、その反省を踏まえた配慮に富んだ人事のように見えましたが、実はイエスマンを揃えたような人事です。女性登用なら、党内で閣僚として計算できるのは小池百合子元防衛相や野田聖子元郵政相など数少ないのが実情です。ところが、安倍首相の〝好き嫌い人事〟がモロに出た。不祥事が表面化してからの国会答弁もお粗末で、菅義偉官房長官は怒り心頭だと聞いています」

 いわば、安倍首相の人事の甘さ、〝身から出たサビ〟だというのだ。とはいえ、急に解散といっても、国民には分かりにくいだろう。

 「大義もない。政局でもない。このまま行けば、単なる〝自分勝手解散〟だ」

 自民党中堅衆院議員はこう憤る。アベノミクスの成果が出ていないのならば、より一層の政策を投下することによって、国民生活を安定させる方向に腐心すべきだと語る。

 衆院選の過去の投票率を見ると、前回2012年12月の第46回衆院選が59・32%で過去最低だ。大義がなく、争点も見えない選挙で、前回を下回る最低の投票率になったとすれば、国民にとっては血税の無駄遣い以外何ものでもない。

 ますます政治が国民から離れていくのではないか。それだけが心配だ。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

一般には馴染みが薄い産業廃棄物処理の世界。古い慣習が残る業界を、ITによって変えようとしているのがトライシクルの福田隆社長だ。業界の老舗企業がテクノロジー導入に舵を切った背景と今後の展望を聞いた。(吉田浩)福田隆・トライシクルCEOプロフィール 産廃処理で「B to B版メルカリ」を目指す&nbs…

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年8月号
[特集] SDGsは江戸にある
  • ・「仁義道徳」 経済人に必要な「利益」と「倫理」
  • ・「利他」 「気候変動に具体的な対策を お金の流れが意識を変える」
  • ・「善の巡環」 高邁な理想を支える創意工夫と挑戦
  • ・「才覚、算用、始末、商人倫理」 SDGsの精神宿る江戸商人
  • ・「国利民福」 国が栄えれば人々も幸福になる
  • ・「先も立ち、我も立つ」 石田梅岩と商人道徳
  • ・「気丈」 学問は「治安」「エンタメ」「立身出世」──江戸庶民の教育事情
  • ・「心田開発」 二宮尊徳の報徳思想
[Special Interview]

 里見 治(セガサミーホールディングス会長グループCEO)

 日本初のIR事業への参入はエンターテインメント事業の集大成

[NEWS REPORT]

◆メガバンクからの陥落目前 みずほ銀行の昨日・今日・明日

◆巨大ドラッグストアチェーン誕生か 業界再編はココカラ始まる

◆カリスマ・鈴木修会長に陰り? ピンチを迎えたスズキの前途

◆G20農相会合で見えてきたスマート農業の未来像

[特集2]

 AI時代に稼げる資格

 今必要な資格、将来必要な資格はこれだ!

ページ上部へ戻る