政治・経済

整合性の取れないアベノミクス

 10月1日に来年4月の消費税増税を決定して以降、安倍政権の経済政策が混乱してきた。そもそも、消費税増税決定と合わせて「6兆円規模の経済対策」を打ち出した時点で、不整合が存在しているわけだ。

 すなわち、安倍政権は消費税を現時点で増税すると、民間の消費や投資が減少し、国民の所得(名目GDP)が縮小し、最悪、政府の租税収入までもが減りかねないことを理解しているのである。政府が増税し、結果的に「減収」になるのでは、何をやっているのか分からない。というわけで、消費税増税の影響を緩和するために「経済対策」を実施する予定だが、「正論」としては、「現段階での増税が景気悪化を引き起こすと考えているならば、増税を延期すればいい」としか、言いようがない。

 しかも、安倍総理は常々「デフレは貨幣現象である」と、国会などで発言していた。デフレが本当に単なる「貨幣現象」であるならば、消費税を増税しようが何をしようが、金融政策を拡大すれば問題ないはずである。

 筆者は消費税を増税することで、名目GDPという総需要が減少し、デフレが深刻化するからこそ、反対していた。デフレは「貨幣の不足」ではなく、「総需要の不足」が原因で発生する。

 デフレが貨幣現象であると、間違って認識しているのであれば、安倍総理はそもそも消費税増税に躊躇するべきではなかった。「デフレは貨幣現象」が正しければ、金融政策で貨幣を増やしさえすれば、消費税増税で総需要が減ったとしても、デフレは深刻化しないはずだ。デフレは貨幣現象と主張しつつ、消費税増税による需要縮小を恐れて「経済対策」を打つのでは、経済政策として整合性が取れていない。

 経済政策の不整合といえば、安倍政権は消費税増税に備えた6兆円の経済対策とは別に、復興特別法人税の1年前倒し廃止も検討しているという。すなわち、設備投資や雇用などの条件「無し」の法人税減税だ。

 現在の日本にとって、無条件の法人税減税ほど空しい政策は、そうはない。何しろ、デフレ深刻化で日本の法人企業の7割超が赤字状態にある。すなわち、法人税を支払っていない。法人税を無条件で減税したところで、デフレに苦しむ7割超の企業には何の恩恵もないわけだ。

 しかも、経団連などが望んでいるのは「復興」特別法人税の前倒しだ。「まず、復興」というスローガンを掲げ、12年12月の総選挙で政権を握った自民党が、「復興」特別法人税を前倒しで廃止するのはいかがなものか。

 加えて、消費税増税という形で国民に広く負担を求め、このデフレ環境下であっても「黒字」を出し続けている優良企業を、さらに法人税減税で優遇するのは奇妙な話だ。当たり前だが、政府が法人税を減税したとき、その分だけ誰かが必ず損をする。何しろ、法人税収が減るわけだから、政府は社会保障などの支出を切り詰めるか(国民が損をする)、もしくは消費増税などで負担を埋め合わせるしかない(やはり国民が損をする)。

 国民の損に基づいて法人税を減税したところで、黒字企業は国内への投資を増やすだろうか。現実の日本企業の投資行動を見る限り、難しそうだ。何しろ、98年のデフレ深刻化以降の日本企業は、国内の設備投資(民間企業設備)を減らす反対側で、外国への直接投資(対外直接投資)は4倍にまで増やしている。

アベノミクスの失敗―無条件の法人税減税では国内投資は増えない

 ニクソン・ショック以降、国境を越えた資本移動の自由が認められた環境下では、「民間企業の設備投資が増えたとしても、国内への投資とは限らない」のである。資本移動が自由化されている以上、企業は銀行融資や内部留保などの資金を、国内に投じる義務などない。法人税減税で純利益が増えたとしても、やはり国内に投資する義務はない。海外に投資したほうが「儲かる」と判断すれば、経営者はそちらのほうを選択する。

 新古典派経済学者が好む「トリクルダウン理論」によれば、法人税減税により、企業に投資余力が生じれば、「国内」に対する投資が増え、「富(厳密には所得だと思うが)」が一般国民にもしたたり落ちる(トリクルダウン)はずだ。とはいえ、現実の日本では企業の内部留保(主に預金)が史上最大規模で高止まりを続け、国内への設備投資は増えていない。結果、国民の雇用や所得は改善していないのだ。

 安倍政権が法人税減税を「自国の経済成長」のために活用したいのであれば、設備投資減税や雇用減税に限定しなければならない。黒字企業が国内に設備投資し、人材を雇用したときのみ法人税を減税すればいいわけだ。

 実際、12月に中身が決定される6兆円規模の経済対策の中には、設備投資減税や「賃上げ」減税が含まれるとのことである。現在の日本にとって、「誰かが消費、もしくは投資としてお金を使った際に減税する」タイプの政策は正しい。

 逆に、無条件の法人税減税は、全く正しくない。国民の「損」に基づき、法人税を減税する以上、企業には国内の設備投資にお金を使ってもらわなければならないのだ。

 現在の日本国内で「無条件の法人税減税」を提言する人々の顔触れを見ると、結局は「国内への投資」を増やす気などないのではないかと、疑いを持たざるを得ないのだ。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る