テクノロジー

電力業界に見え始めたパラダイムシフトの兆し

 以前、電力行政に携わり、電力の自由化に取り組んだことがあります。その際、考えたことが、制度改革よりもイノベーションが起こせないかということでした。電力行政の前に、1994年から96年まで、情報通信行政の担当でした。ちょうどインターネットと携帯電話の黎明期で、通信会社の技術系の幹部の方に来ていただいて、評価をうかがいました。その時のコメントが印象に残っています。

◦インターネットについては、セキュリティーの問題があり、個人が楽しみで使う分にはいいが、事業者間のビジネス(BtoB)で使うのは難しい。

◦携帯電話については、日本人は今の固定電話の音質に慣れているので、あの携帯電話(当時は自動車電話が中心)の音質で使い続けるのはなかなか難しい。

 並行してNTT分割の議論が盛り上がり、長年の政治闘争の結果、97年に、通信分野における競争促進のために、固定電話会社はNTT東日本とNTT西日本とに分けられました。しかし、2000年以降になると、固定電話の東と西の競争というより、インターネットと携帯電話というイノベーションによるパラダイム転換によって、通信業界の競争のパラダイムは全く違うものになっていました。そこで思ったことは、以下の3点でした。

◦革新的であればあるほど、既存の専門家では評価が難しい。

◦そのイノベーションが社会で認められれば、普及のスピードは想定を超える。

◦制度改革よりもイノベーションのほうが、パラダイムを変えられる。

 電力業界も政治的な力が強く、多くの駆け引きの中で、少しずつ制度改革してきました。03年に電力行政の担当になり、電力自由化を検討することになった際に、通信の世界のようなイノベーションはないものかと、電力の技術の専門家と業界アナリストに話を聞いて回り、以下のようなことが分かりました。

◦携帯電話のように電気を無線で遠くに飛ばすことは、技術的に難しい。

◦パラダイムを変える技術があるとすれば、「蓄電技術」と「需要制御の技術」である。

◦これらの技術は、電力会社の中央給電指令所が、需要に合わせて発電をコントロールするという中央集権的な電力システムを変える可能性を持つ。

 ただ、当時は蓄電のコストが非常に高く、現実的ではありませんでした。また、何千万という需要家の需要を見ながら制御していくのは、当時のITでは難しかったのです。

 ところが、00年代後半になってくると、「スマートグリッド」という言葉が出始めました。そして、今や、ネガワットやデマンドレスポンスという需要を制御する技術も実用化されつつあり、また、蓄電池も、電気自動車なども含めて、家庭に入り始めています。そうした意味では、パラダイムシフトの兆しは出始めているのではないでしょうか。

電力業界の未来 既存インフラのない海外で生まれる新発想

 さらに、通信業界からは、イノベーションに関し、もう1つ、面白い示唆をもらいました。「革新的イノベーションは、既存インフラがないほうが早く普及することがある」ということです。

 国際的にみて、携帯電話の数が爆発的に伸びたのは東南アジアで、それは固定のインフラが十分でなかったために起きたと言えるでしょう。

 10年9月にミャンマーを訪問した時に、電線が来ていないのにアンテナが立っている家がありました。つまり、テレビを蓄電池で見ているということです。その蓄電池は、近くのステーションまでバイクで持って行って蓄電しているとのことでした。

 そのミャンマーの蓄電池会社の会長さんが、「新製品です」と見せてくれたのが、太陽電池付き蓄電池でした。その方は、非常に志の高い方で、ミャンマーの国を良くするために必要なのは人材であり、教育だと。ところが、ミャンマーの子どもたちは、夜になると本も読めない。せめて夜の電灯ぐらいは供給できるように、安い蓄電池を開発したのだと言います。

 この製品は、子どもたちが本を読むためというより、親がテレビを見るために買われるかもしれない。インターネットの爆発的な普及でも、エンターテインメント系が需要を喚起したということがあったので、それでも広がるといいと思います。

 友人から聞いたアフリカの話では、携帯電話とバイクが必需品で、バイクは携帯電話を充電できるところまで持って行くために使うそうです。彼らにすれば、分散型の電源があれば、バイクは必要なくなるのです。アフリカの真ん中に原発をつくり、送配電線を引いて電気を送るよりは、分散型の電源+蓄電池のほうが安いし、普及も飛躍的に進む可能性があります。そこに日本の技術や製品が組み込まれていけば素晴らしいと思います。既に、日本の企業で、アフリカでエナジーキオスクという充電サービスを展開しているところがあるようです。

 海外でこういったものが安くできて、それが日本に輸入され、既存の電力会社とは違うパラダイムの中で、分散型の電力システムが普及していくという可能性も考えられます。やはりイノベーションは面白い。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る