国際

クリスマス商戦の厳しい現実

 米国では、11月27日の感謝祭から、クリスマスシーズンに突入した。この日を境に一斉に飾り付けが始まり、デパートやレストランでの音楽もクリスマスソングに変わる。そして、28日の金曜日は「ブラック・フライデー」と呼ばれる大セールの集中日だ。この日に、小売業界が1年で最大の売上高を記録し、帳簿が黒字化することから、ブラック・フライデーの呼び名が付けられた。

 ところが2014年は、クリスマスシーズンのスタートからつまずいた。全米小売連盟(NRF)は、ブラック・フライデーの週末に消費者がデパートや量販店で使った単価が、前年に比べ6・4%減の380・95ドルと大幅に落ち込んだと発表した。この週末の総売上高は509億ドルで前年比11%の減少。値下げが感謝祭前からすでに始まっており、ブラック・フライデーにはさらに値引きをするため、客単価の下落幅よりも大きかった。

 この10年を振り返ると、デパートや量販店は、ブラック・フライデーの帳尻を合わせようと、さまざまな商法を試してきた。例えば、10年前の開業時間は、感謝祭翌日の午前6時だったが、5時、4時と年々早まってきた。かつては全店舗が閉店していた感謝祭当日も、現在は小売り最大手ウォルマート・ストアーズなどが午後6時に開店している。

 「感謝祭に家族が集まり、ワインを飲み、伝統の七面鳥とカボチャパイを食べてから出勤せよというのか」と店側の方針に従業員から批判が集まったが、競合他社が開店時間を早めれば、それに対抗せざるを得ず、小売業界の従業員は感謝祭を家族とゆっくり過ごす伝統さえ破壊されてきている。

 米経済は緩やかな成長の途中にある。その中で、物理的な店舗の売上げは落ち込んだが、オンラインのセールはかなり好調だ。米オンライン調査会社コムスコアによると、感謝祭当日の売上高は前年比32%増の10億ドルで、ブラック・フライデーは26%増の15億ドルと、共に2桁の伸びを示している。

 オンラインの買い物は、もともとブラック・フライデーの週末に買えなかったものを買い足す「サイバー・マンデー」として始まった。しかし、今ではサイバー・マンデーが前倒しになってきている。

 最近は、スマートフォンなどモバイル端末を使った買い物も増加傾向だ。IBMのデジタル・アナリティクス・ベンチマークによると、モバイルでの買い物は、オンラインショッピング全体の22%を占めるまでになった。前年に比べると、27・6%も割合を増やした。平均単価は124ドルとなっている。アプリを使って、パソコンの前に座らずに簡単に買い物をできるというのが、オンラインの年末市場を拡大するのに一役買っている。

 生鮮食品や衣類、靴など、実物を見ないと買いにくい、あるいは商品の安全性が問われると思われていた商品も、今では当たり前にオンラインで購入されるようになった。例えば、ニューヨークでは、生鮮食品の配達サービス「フレッシュダイレクト」の利用が盛んだ。加工食品だけでなく、野菜や肉、魚といった食品もオンラインで注文でき、指定の時間に配達される。フレッシュダイレクトのトラックは、市中のどこでも見られるし、ニューヨークの外にも営業地域を広げている。

ページ:

1

2

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る