文化・ライフ

切り返しから多くの人がクラブをアウトサイドから下ろしてしまう。通常、下半身リードでなく手を使って下ろすことが原因と説明されることが多いが、そのエラーを生んでいる「ダウンスイングの誤ったイメージ」を変えなければ修正は難しい。

スイング時の手の動く軌道とヘッドの軌道は違う

 トップからインパクトを最短距離で、つまり直線的に手を振り下ろすイメージはありませんか。ボールを強く叩きたい気持ちがあるとそうした意識になりがちです。が、それが力みや打ち急ぎ、そしてクラブをアウトサイドから下ろしてスライスする原因になっています。

 そうした振り方は野球のバットとは違う構造であるゴルフクラブには不向きなのです。

左手をアドレスの位置に残し、トップから右手で叩きにいくドリルがある。だがこれでは手が直線的に動く

左手をアドレスの位置に残し、トップから右手で叩きにいくドリルがある。だがこれでは手が直線的に動く

手がトップからインパクトへ直線的に動くとヘッドはスイングプレーン(破線)から外れてしまう

手がトップからインパクトへ直線的に動くとヘッドはスイングプレーン(破線)から外れてしまう

 手が直線的に、つまり最短距離でインパクトに戻る軌道をたどると、ヘッドは外側にはみだしてしまうことを理解してください。ヘッドは手の延長線上にあるわけではなく、腕とシャフトには一定の角度があるため、手とヘッドは同じプレーンに乗らないのです。

  ダウンスイングの第1段階で下半身が動くと、自然に腕とクラブはトップから少し低い位置に下りてきます。つまり手は、いったんインパクトへ向かう直線よりも下(インサイド)に外れるのですが、それによってヘッドはプレーンに乗ったまま下りてくることができます。

 手を遠回りさせるのと同時に、ヘッドも遠回りして下りてくる意識を持ったほうがいいでしょう。トップからヘッドを最短距離でインパクトに向かわせる意識があると、早いタイミングで手首をほどいてヘッドを必要以上に戻してしまいます。しかし効率の良いスイングを作り上げる上では、ダウンスイングの早い段階で手首の角度をほどくことは好ましくありません。手首の角度で準備しているエネルギーは、きたるべき正しいタイミング、つまりインパクトで発揮するためにまだキープしておくことが求められます。

切り返しでの下半身の動き出しで手はまず下に動き、遠回りしてインパクトに向かうが、ヘッドはプレーンに乗ったまま下りてくる

切り返しでの下半身の動き出しで手はまず下に動き、遠回りしてインパクトに向かうが、ヘッドはプレーンに乗ったまま下りてくる

ヘッドも遠回りする感覚があってもいい。ヘッドの行きたい方向に任せた結果、この動きになるという感覚だ

ヘッドも遠回りする感覚があってもいい。ヘッドの行きたい方向に任せた結果、この動きになるという感覚だ

 手首の角度をキープしておくと、下半身リードと体幹の回転によってクラブヘッドは円弧を描いて下りてきます。今まで直線的に下ろすイメージだった人にとっては、これも遠回りの感覚になると思います。しかしこの遠回りによってクラブフェースは適切にローテーションし始めることができ、インパクトを迎える準備が整うのです。

 トップから右手はまずカラダの真ヨコで下方向に動きます。その段階では手のひらは正面を向いたまま、なおかつコッキングの角度も保たれています。そこから右手は、遠回りするように動きヘッドの位置とフェース向きをコントロールしながらインパクトへ向かっていく。それが切り返し後の正しいイメージです。

 

CEOゴルフのポイント

□ 手とヘッドはトップから遠回りしてインパクトに向かう。

□ 下半身の動きで切り返すと手とヘッドが適切に動き出し、インパクトへの準備が整う。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る