政治・経済

 全国各地でイルミネーションが瞬いている。LED(発光ダイオード)電球の普及で電飾は年々華やかさを増し、大規模な集客につながるため冬以外の季節に展示されることも珍しくなくなった。関連市場は急拡大しているが、その半面課題も少なくない。

LEDがもたらしたイルミネーションの二期作

 神戸ルミナリエに東京ミレナリオ、仙台市の光のページェントなど、かつてクリスマスシーズンになると期間限定で街頭に登場していたイルミネーション。年末の風物詩になっていたが、この頃は少し様子が違う。

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)や大阪城(大阪府大阪市)、江ノ島(神奈川県藤沢市)など全国各地の観光地やテーマパークではウインターイルミネーションとして年が明けても点灯されているのだ。APAリゾート上越妙高(新潟県妙高市)のように8月からサマーイルミネーションが輝いている施設もある。

イルミネーションが見られるようになった

LEDの普及で多くの地域でイルミネーションが見られるようになった(Photo=時事)

 こうした変化はLED電球の普及と無縁ではない。1個当たりの単価は従来の白熱球より5倍ほど高いが、消費電力が少なく、熱を発しないため周辺の環境に優しく、風雨にさらされる戸外でも耐久性が高い。2014年のノーベル物理学賞を受賞した青色LEDの開発で3原色が揃い、複雑な光の演出も可能になった。

 メンテナンスが楽でコストも低いため多数のLED電球を使って華やかな飾り付けができる。大規模な施設では電球100万個以上というところも珍しくなく、その展示を観にお客が集まるようになった。中にはイルミネーション効果で1年間の集客数が10万人以上伸びる施設もある。仮に入場料が600円とすると、入場料だけでも6千万円だ。これに施設関連の物販、飲食費などが加わる。球切れが多い白熱電球に比べてLEDは一度購入すれば数年は保つので、毎年同じ予算を掛けなくてもいい。演出が成功すればお客が来て収益は年々上がっていく。

 やがて施設側は、せっかく100万個を超す電球を揃えているのに、次の冬まで使わないのはもったいないということに気付いた。イルミネーションを飾る土地や建物さえあれば〝二期作〟ができるではないか、と。

 江ノ島には「湘南の宝石」と名付けられた暖かい灯りを観るために夏より人が集まる。それまで湘南と言えば夏のイメージで、江ノ島近辺の観光施設も冬は閉めて春までお休みというところが多かったが、今は1年中利益を得ることができる。イルミネーションの経済効果は大きい。

 電球や部品機材、プログラム作成に設営、交通に宿泊など、もとは電球1つから始まったまっさらの市場は、今、数千億円規模と試算されている。「この先も伸びない理由が見当たらない」と業界関係者の鼻息は荒い。

LEDイルミネーションは環境にやさしくない?

 一方でイルミネーション業界には課題も多い。第1は人材の育成だ。イルミネーションの演出には音、光に最近では映像も加わっている。技術の進歩が早く、お客のニーズに応えることも必要なため、就業者には思考が柔軟でフットワークの軽い20代、30代の若手が多いが、イルミネーションの基礎知識を持つ専門家はまだ少ない。

 イルミネーションはもともと地域の電気店や造園業者が手掛けていたため、照明の専門学校などで系統だった育成ができていない。LEDの演出全般を手掛けるプロデューサーや飾り付けたときに綺麗に見える電球の向きを知っているデコレーターなど専門家の育成が急務だ。

 業界の環境整備も緒に就いたばかりだ。「空間の演出」をするディスプレー業者には従業員20人以下の中小企業が多く、ごく少数の大手企業との格差は大きい。経営体力に劣る中小は1年後の見通しすら立てることが難しく、業界自体に対する認知度も低い。

 環境保護団体の反発もある。イルミネーションを取り付ける木が傷み、周辺の生態系に影響を与えかねないという見方だ。反対派はLEDは太陽光と全く違う光なので、紫外線がないと生きていけない生物に悪影響を及ぼし、また直進性が強いので、ずっと当てっぱなしにしていると不都合が生じるのではないかと懸念している。

 さらにはLEDは白熱電球の10分の1の電力消費量だが、1つの電球の使用電力が小さくても100万個単位で大量に使えば省エネの役には立たないという批判もある。人が集まることによるゴミや騒音も問題だ。

 こうしたイルミネーション反対派と業界関係者が共生・共存していくためにはお互いの立場を尊重したルールが必要だろう。環境庁は06年に生態系や周辺住民への配慮を求める「光害ガイドライン」を策定したものの、明確なルールづくりはこれからだ。

 先行きへの不安もある。少子高齢化が急速に進展する日本では、やがて家族や友人・知人と戸外へ灯りを見に出掛ける人が減ってしまうのではないかという指摘だ。

 だが、業界関係者たちの見方は楽観的だ。口々に「そうなったら、世界の子どもたちに灯りを届けていけばいい」「自分たちの施設だけにとどまらず、技術と人と商品を海外に送り込み、そこでビジネスをしていけばいい」と話す。日本のイルミネーション技術や編集力を海外に持って行き、クールジャパンのコンテンツとして輸出すればいいと言うのだ。

 LEDという日本が開発した新技術で生まれたイルミネーション業界をさらに発展させるために、その歩みを見守りたい。

(文=ジャーナリスト/梨元勇俊)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る