マネジメント

 建機の自動化や無人化など、ICTを活用した時代の最先端を行くイノベーションで業界をリードしてきたコマツ。だが、直近では中国をはじめとする新興国市場の成長鈍化や鉱山市場の低迷と、逆風に見舞われている。2016年3月期までの3カ年の中期経営計画の目標に掲げた18〜20%の営業利益率目標の達成が厳しくなるとの見方も出る中、どのように逆境を跳ね返そうとしているのか。大橋徹二社長に聞いた。(聞き手=本誌編集長/吉田 浩 写真=森モーリー鷹博)

 

大橋徹二・コマツ社長兼CEOプロフィール

大橋徹二

大橋徹二(おおはし・てつじ)1954年生まれ。東京都出身。77年東京大学工学部卒業後、コマツ入社。82年6月から2年間米スタンフォード大学大学院に留学。生産畑を主に歩み、2004年コマツアメリカ社長兼COO、07年執行役員生産本部長、08年常務執行役員、09年取締役常務執行役員、12年取締役兼専務執行役員を歴任。13年4月より現職。

 

大橋徹二・コマツ社長の市場見立てと将来展望

 

中国市場の低迷に直面するコマツ

── 中国市場や鉱山市場が低迷気味です。事業環境としては決して良いとは言えないと思いますが、この時期にコマツがやっておくべきことは。

大橋 ご指摘のとおり、中国をはじめ新興国は調子が悪い状況です。直近の売上比率では日米欧の先進国が45%、それ以外の地域が55%となっています。2011年度までは、日米欧が35%程度だったので、10ポイントも新興国が落ちたということです。建設・鉱山機械は成長産業で鉱物資源も新興国に多いため、再び成長軌道に乗るのは間違いないですが、一時的に落ち込んでいます。そうした中、われわれとしては、あまり慌てずにやるべきことをきちんとやることが大事だと考えています。

 新興国市場はここ数年の販売の伸びが大きかったため、既に市場にかなりの配車台数があります。新車販売は景気動向が理由でスローダウンしていますが、現場にある機械は、ほぼフル稼働しています。このストックを使ったいろいろな派生ビジネスをきちんとバリューチェーン(価値の連鎖)に取り込み、お客さまを支えていくことが大事です。

── ストックを使ったビジネスとは、メンテナンスなどのことですか。

大橋 建設機械は生産財であり新車販売後もお客さまの現場を止めないため、機械のメンテナンスが大変重要となるビジネスです。エンジンをはじめとする主要コンポーネントのオーバーホールもあります。これらにリテールファイナンス、レンタル、中古車ビジネスをあわせたバリューチェーンの強化に取り組んでいます。

 需要のない所に無理に新車を販売しても、まずうまくいきません。シェア競争のために価格を下げるやり方からは10年以上前に訣別していますので、そのやり方に戻ることはありません。

 自社の大規模な構造改革については、坂根正弘現相談役が社長だった01〜02年ごろや、リーマンショックの後にも一部行ったわけですが、そういう大規模なものではなく、仕事のやり方のレベルを上げていくことで対応していきます。

 例えばマーケットと工場を直結して中間の仕事を省くなど、前向きな構造改革をやっていきたい。さらに、5年後、10年後のための種まきにも取り組んでいきます。

コマツが5年後、10年後に起こすイノベーションとは

── これまで機械の自動化や無人化などICT活用で先行してきましたが、5年後、10年後起きるイノベーションとはどういうものになるのでしょう。

大橋 われわれのイノベーションの定義は「技術革新」ではなく、「お客さまに新しい価値を提供すること」です。そして、新しい価値は持続的でないと意味がない。技術革新は必要ですが、それだけだとガラパゴスになってしまいます。

 コマツは08年に世界で初めて無人ダンプトラック運行システムを市場導入していますが、町中で動いている建設機械の自動化の第1弾として、13年に世界で初めて自動ブレード制御機能搭載のICTブルドーザーを導入しました。道路工事などの現場では、一つひとつの工程の半自動化ができるようになりましたが、将来はその前後のお客さまの施工工程を含めた部分までサポートすることを手掛けていきたいと思います。これによりお客さまの現場の安全性が飛躍的に向上します。

 お客さまにとって大切な生産性はもちろん向上しますが、社会全体からみれば安全性の向上は最も重要です。日本では安全基準を高くすることで、作業中の事故や死亡者が過去40年でどんどん減ってきています。自動化を進めることで、その流れを後押しできると思います。

 

大橋徹二社長の経営哲学とコマツの価値観

 

生産現場の経験が考え方のベースに

── そうした考え方は、長い生産現場の経験から培ってきたのですか。

大橋 そうですね。働く仲間がけがをすれば、本人だけでなくご家族も大変な状況になるというのを近くで見てきたので、絶対に事故はなくしたいと思っています。

大橋徹二── 今も生産現場には頻繁に顔を出しているのですか。

大橋 しょっちゅうですよ(笑)。国内、海外の生産工場、販売代理店、お客さまの現場にも行きます。昨年度は年間37拠点を回りました。30年以上生産現場にいたので、現場を見れば何が起きているか、すべて分かります。

── コマツアメリカなど海外経験が長いですが、海外では国内とは違った厳しさがあると思います。苦境を乗り切るための信条のようなものはありますか。

大橋 苦しい時はファクトファインディングをいかにするか、そのファクトを縦横斜めに考えて、整理して見える化することができるかどうかを重視します。それをみんなで共有できれば、改善案はどんどん出てくるものです。品質が悪いとか、在庫があふれているとか、問題の中身はさまざまです。

 現場に行って、現物を見て、原因は何なのかと何度も何度も見て整理していくと、現実が整理される。それを繰り返し行うことが大事です。原因を徹底敵に解析せずに、新しいロジックをパパっと組み立ててしまう人が多いのですが、それよりもファクトファインディングのほうが重要なのです。

 アメリカ駐在時代、品質問題が原因で鉱山事業が赤字に陥っていたのですが、一方でお客さまの支持もすごくありました。お客さまに話を聞くと、故障はするけど他のメーカー製ではできないことができる機械だと。それならば、想定以上の使い方をするお客さまに対応するために、開発時のテスト条件や基準をもう少し上げれば良いという結論にたどりつきました。品質問題と言うと、設計の誰かのせいだとか製造不具合とかという話にすぐなるんですが、クレームの中身を一つひとつ解析すると、原因はもっと深いところにあったりします。

顧客が技術革新をけん引する

── むしろ、顧客が技術革新を引っ張ってくれることもあるわけですよね。

大橋 まさにそうです。われわれだけでは、お客さまに新しい価値を提供することはできません。リードカスタマーとわれわれのイメージが合致して初めて可能になります。

── リードカスタマーは現場にとっては厄介な存在だったりしますが。

大橋 大事にしないといけません。われわれの理念である「コマツウェイ」は、3つの柱のうちの1つとしてブランドマネージメントを柱にしていますが、それは、お客さまにとってなくてはならない存在であり続けることです。お客さまの進歩・発展のイメージに、われわれが寄り添えないといけない。やはりリードカスタマーと一緒にブランドマネージメント活動をすることが非常に大きな意味を持ちます。

 

コマツの強みと課題とは

 

価値観を共有しつつ多彩なチャレンジを

── 人材育成の取り組みは。

大橋 定期採用に加えて、経験者採用も大切にしています。ユーザー側からコマツにいらっしゃった方、製造業以外からいらっしゃった方もいて、そういう方たちは目線が違うんですね。いろんな現場を経験されているので、指摘を受けて洩れているところに気づくことがあります。リーマンショックの後も、経験者は継続的に採用しました。

 経験者採用の中には、入社して1年か2年で、いきなり社内の技能競技大会のチャンピオンになった人もいます。前職では旋盤や機械加工の経験は全くなかったのに、大会で3連覇しました。彼に聞くと、機械を扱うのが非常に面白いと言うんです。結局モノづくりというのは、どんな分野でも似たようなものがあるのかなと。

── 一方で商品の自動化や無人化が進み、一方でそういう人材がいるというのが、組織として面白い気がします。

大橋 会社というのは、異質なものと混ざり合いながらレベルが上がっていくことが大事だと思います。ただし、コマツウェイという価値観だけは共有しようと。われわれの先輩方が築き上げてきた価値観や行動様式、信念というものは変わりません。ただ技術も進化するし、分野も変わってくるので、そこはチャレンジしようという精神です。

やるべきことは山ほどある

── 価値観の共有がコマツの強みだとすれば、逆に課題は何でしょうか。

大橋 どうしてもモノカルチャーになるのは否めないので、そこは何とかしたいと思います。そのために経験者採用も積極的に行っているし、世界のいろんな地域で見た情報や発想を取りこまなければいけないと考えています。技術についても、通信やソフトウエアなどの部分は、やはりアメリカのほうが日本よりはるかに進んでいるので、ここも力を入れなければいけません。

── 他社にとってコマツはベンチマークだと思いますが、社内に驕りは出ていませんか。

大橋 驕りはありませんが、13年10月時点で業績予想を下方修正した時には、やらなければいけないことが山ほどあると、みんな再認識しました。今の経済環境はアゲインストの風が吹いているのは間違いないのですが、ただ、そのぐらいのほうがみんながいろいろ考えて自分を磨いたり、会社を磨いたりするにはいいんじゃないかと思います。

── 中期経営計画の達成が厳しくなってきましたが。

大橋 中計の発表時からマーケットは厳しいと言ってきましたが、正直ここまで厳しくなるとは思っていませんでした。ただ、これが現実ですから今やるべきことを1つずつスピードを上げてやるという考えが、社内では共有されていると思います。

 

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る