マネジメント

 外国人ビジネスマンがよく口にする不満は「日本はいまだに鎖国を続けている」「日本の障壁は高い」「日本の流通は閉ざされている」というものだ。ダイソン日本法人初代社長のゴードン・トム氏はその障害を次々に乗り越えてきた。同氏が日本市場で成功した秘密とは。

外資が直面する壁を突破したゴードン・トム氏

 今では誰もが知る掃除機「ダイソン」はジェームス・ダイソン氏が英国で創業。ゴミを遠心分離する「サイクロン技術」を採用し、英国を制覇し、欧州や米国でも成功させ、1998年には日本法人を立ち上げ、それまで英国大使館に勤務していたゴードン・トム氏を社長に据えた。

ゴードン・トム氏

ゴードン・トム氏

 「当時、ダイソンの認知度は、ほとんどゼロでした」とトム氏は言う。

 「そもそも吸引力ということを誰も考えてなかったのです。掃除機は紙パックを取り替えることが当時の常識で、掃除機は吸引力が弱くなるもの、と誰もが考えていました。競合他社もそれを当たり前と思っていたわけです」

 日本人主婦でさえ、当初はこういう意見だった。

 「日本人は透明な掃除機でゴミを見たいとは思いません!」

 大きくて価格も高い、デザインが目立ち過ぎる、たまったゴミが外から見えて気持ち悪い。現在、ダイソンの個性として評価されていることのすべては否定された。翌99年に出た初年度の売り上げは、総代理店に丸投げしていた時と変わらず、わずか数千台だった。

 トム氏は地道な広報活動と、家電量販店へと販路を広げる努力を重ねた。仕入れ担当者のところに日本人の営業部長と出向いて、商品を置いてもらうようお願いし、知ってもらう。

 転機が訪れたのは日本向けの小型軽量商品DC12が発売された2004年だ。それまで福岡ローカルだけでCMを打ったことはあったが、このときは全国ネットでCMを打つことにした。

 英国で使われている「No Loss of Suction(減じない吸引力)」というキャッチフレーズをうまい日本語に転換した。「ダイソン。吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」。このナレーションで締めくくられるCMには、既存の掃除機CMの定番、可愛い奥さまが掃除をする姿など出てこなかった。DC12の画像と機能を説明するだけで、最後は、皆が気にかけていなかった「吸引力」という言葉で締めくくられる。

 DC12は爆発的に売れた。05年時点で金額シェアで14%となった。家電王国日本で、外資メーカーの商品が国産品と互角に戦う数少ない例となった。

 「テレビで見た人が量販店に押し掛けました。皆、名前は覚えていないけど、変な色の掃除機を見たから、買いたい、と言うわけです。量販店は、その変な掃除機が棚にないとお客は競合他社に向かうわけですから、それはとても恐ろしいわけです」

 09年にはダイソンの日本での認知度を100%近くにまで高め、トム氏は自分の役割には区切りがついたと考え、故国に帰り、コンサルティングの会社を設立。そこに依頼してきたのが、スウェーデンの掃除機会社エレクトロラックスだった。

解決できない問題はないと語るゴードン・トム氏

 トム氏は日本市場で事業展開する際のアイデアをいくつか出したが、スウェーデン本社は彼の提案が大変気に入り、「いっそ社長になってくれ」という運びとなった。そしてトム氏は東京に舞い戻ってきた。

 当時、エレクトロラックスはお洒落な家電として問屋経由で「フランフラン」に置いてあるだけだった。それだけでは伸びないと判断したトム氏は広報活動と量販店への売り込みで販路を広げていった。

 当初、スティックタイプの掃除機とは誰も馴染みがなかったが、2年半後、12年の段階で、エレクトロラックスの類似品、スティックタイプで量販店にも1つのコーナーが出来上がるほどの存在になった。ここで役割を終えたと判断したトム氏は友人の住むスウェーデンに移住した。

 トム氏のコンサルティング会社はNobasu Consulting Ltd.という。名刺の裏には漢字で「伸」とある。会社を伸ばすコンサルティング会社だ。現在は英国ウォーターロジック社の浄水器を日本に浸透させようとしている。

 「私は曲がり角に来ている大企業に乗り込んでコストカットするタイプのコンサルタントではなくて、画期的な商品を持つ可能性を秘めた会社を伸ばすことが得意です。伸ばすには、まず、広報です。ダイソンを立ち上げた頃、15年前にはまだウェブは一般的ではありませんでしたから、月刊誌や週刊誌、特に掃除機でしたから女性誌で広報しました。時にモノ系で取り上げられると技術の話をしました。すると、量販店にご主人が奥さんを引っ張って来て、このサイクロンという技術がすごいんだ、と説明する現象もありました。イベントなどを1回やればいいということではなくて、いろんなプロセスを重ねていかなければいけません。ウェブとか雑誌とか新聞とか、商品レビューサイト、ソーシャル、口コミ、商品説明会、トレーニング、店舗でのデモンストレーション、ありとあらゆる広報活動をやり、やがては量販店も攻めるのです」

 最後に「伸ばす」秘訣を聞いてみた。

 「解決できない問題はありません。解決できないとすれば、それはまだ十分に考え尽くしていないからです。考え尽くしてすべてを試せば、必ず問題は解決できます」

(文=ジャーナリスト/戸田光太郎)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る