テクノロジー

0127_P062_Ph

マツウラ・リチャード 1985年生まれ。上智大学卒業後、2009年シンガポールの商事会社で貿易コンサルタント業務に従事。金属、石炭、石油、ガスの採掘から製品の在庫管理まで手掛ける。11年個人事業としてLED照明の販売を開始し、12年ステラージアLEDを設立。

今年で第4回目を迎えた、起業家を発掘・応援する「金の卵発掘プロジェクト」。満場一致でグランプリに決定したのは、優れた技術者を擁し、革新的なLED照明を開発したマツウラ・リチャード氏である。その市場優位性、そして彼のビジネスに懸ける想いに迫る。

世界最高のLED照明と評される理由

── グランプリ受賞おめでとうございます。審査会での論点のひとつに、御社のLED照明の独自性がありました。

マツウラ LEDの機器を作るのは、それほど難しいことではありません。必要な部品を購入して組み上げることができれば誰にでも可能です。しかし、本当に良いLED照明を開発するのは非常に難しいことです。

── 「本当に良いLED照明」とは。

マツウラ 当社が開発したのは「交流で駆動するLED照明」です。これまでのLED照明は使用に際して電力会社から供給される交流(AC)を直流(DC)に変換する必要がありました。
 しかし、直流で駆動するタイプのLED照明は精密機器に影響するノイズが発生し、さらに直流交換回路の寿命がLED光源よりはるかに短いという課題がありました。われわれの交流駆動回路を使ったLED照明は直流に変換する必要がないために、ノイズの発生がなくなり、LED照明の寿命をLED光源の寿命と同じ6万時間まで延長することを可能にしました。消費電力も既存のLED照明より約30%減らすことに成功しています。LED照明業界の常識を根底から覆すインパクトを持った商品です。

── この技術が日本の大手企業などによってキャッチアップされる可能性はないのでしょうか。

マツウラ 日本の大手メーカーが非常に優秀な企業であることは熟知しています。多くの企業が交流駆動のLED照明を開発しようとしてきましたが、当社以外、いまだに成功していません。非常に幅広い技術・知識・経験を持っている限られた技術者でなければ、作ることができなかったでしょう。当社で開発を担当しているのは、日本の大手メーカーで多くの最先端プロダクトの開発にかかわってきた技術者たちです。
 LED照明はまだ新しい技術です。日本の大手メーカーもLED照明業界に多数参入してきました。大手メーカーの製品と違う独自性のあるものを作り続けなければ、私たちに未来はありません。それを理解した上で、私はLED照明に参入しました。

── 技術の優位性だけがポイントなのでしょうか。

マツウラ 技術だけでは商品化はうまくいきません。マーケットを熟知し、マーケットからのニーズだけではなく、マーケットに新しい提案をする力が必要だと思います。
 ステラージアは私が立ち上げた会社ですから、私が社内の誰よりもマーケットを熟知している必要があります。そのために、これまで徹底的なリサーチをしてきました。世界中に私ほど情熱を持ってこの市場を理解しようとしてきた者はいないでしょう。

LED照明ビジネスで日本から世界へ

── なぜ、それだけの情熱を持てるのでしょうか。

マツウラ LED照明というのは、私にとってはエコビジネスなのです。私が初めて行った事業はシンガポールでの商品取引の領域でした。石炭やガスなどの天然資源を扱っていたのですが、採掘の現場を目の当たりにして、このような資源採掘を続けていくと、世界中の資源が枯渇してしまう、という危機感を抱きました。LED照明は、エネルギー危機を解決する手段のひとつとして考えています。

── 日本をビジネスのフィールドに選んだ理由は。

マツウラ ビジネスに参入する際は、拡大成長の可能性を持っているかどうかということが重要です。日本では2020年までに公的設備・施設の照明をすべてLEDに切り替えることを閣議決定しています。これは世界的に最もレベルの高い目標であり、LED産業が今後、非常に大きな市場となるのは明らかです。また、日本市場の環境基準、品質基準は、海外と比較して非常に厳しく日本で良い製品を作ることができれば、それを世界中で売るための道筋が見えます。〝LEDをやるんだったら、世界を変えるような大きいスケールでやろう〟。その出発点として、日本はあらゆる面で適した場所です。

 

 

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る