広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

総選挙を終えてどうなるニッポン!?

新春特別座談会

 2014年12月に実施された衆院選は自公で326議席で、解散前とさして変わらぬ数字となった。とはいえ、衆院で3分の2以上の信任を得た安倍晋三政権。3年連続で国政選挙を3回戦い、連続勝利したため、長期政権説が早くも出始めている。しかし、一方でそう簡単に進まないのが永田町だとの声もある。それでは15年、果たして〝安倍丸〟はどのような舵取りをしていくのか。

 何が注目の施策として進んでいくものなのか。そこで、本誌では「公を生きる」の対談でお馴染の德川家広氏、「永田町ウォッチング」執筆陣の鈴木哲夫氏、山田厚俊氏の3氏による鼎談を総選挙後、開催した。題して「総選挙を終えて どうなるニッポン!?」。90分におよぶ議論から、永田町の深層をお届けする。

安倍首相は岸信介ではなく田中角栄

── 〝年の瀬総選挙〟は自公で326議席で3分の2を維持。また、投票率は戦後最低の52・66%を記録。あらためて、今回の解散総選挙をどう評価しますか。

鈴木哲夫

鈴木哲夫(すずき・てつお)
政治ジャーナリスト
1958年生まれ。フジテレビ政治部、日本BS放送報道局長などを経てフリー。20年以上にわたって永田町を取材、豊富な政治家人脈で永田町の人間ドラマを精力的に描く。テレビ・ラジオでコメンテーターとしても活躍。近著に『ブレる日本政治』(ベストセラーズ)、『政治報道のカラクリ』(イーストプレス社)など。

鈴木 何で選挙をやったのか、ますます分からなくなりました。自民党は4議席減らし、公明党が微増でした。選挙後、3分の2確保と報じられましたが、選挙前も3分の2はあったわけです。となるとこの選挙の意味とは、国民のための選挙ではなく、安倍首相が向こう4年間の衆議院任期を得るためのものだったということでしかありません。解散権に縛られずに済む、呪縛にとらわれないで自由に4年間を保証するんだと、そのための解散だと見ていいと思う。だからこれは「安倍首相の、安倍首相による、安倍首相のための解散」と呼ぶ人がいましたが、そのとおりだったということでしょう。

山田 同感です。アベノミクスの失敗隠しの解散という見方もありました。そのため、先に信任を得る前倒し解散だったという見方です。また、低投票率に関しては、ある世論調査でアベノミクスの評価を聞くと「評価しない」が一番多くて約4割、格差について問うと「広がった」が約4割。つまり、安倍政権に批判的な声が高いにもかかわらず、自民党に投票するという結果でした。今の政権はどうしようもないけど「変化より継続」を望んだ結果ということになります。

德川 今回の解散が打算による解散、自分の権力欲のために解散したと有権者に受け止められているとすれば、それ自体で支持率を下げる要因になります。これから4年間、巨大与党を背景にしてやりたいことをやれるかと言えば、そうではないでしょう。支持率や株価が下がった場合、政権運営は途端に難しくなると思います。今回の解散は自公で議席は増えたが、弱くなったのではないでしょうか。

1 2 3 4 5