政治・経済

 居酒屋チェーン「和民」を展開するワタミが102店の大量閉鎖を発表した。これまで不況に強いと言われてきた居酒屋業態にも時代の荒波は待ったなしに訪れた。さらには同社の労務管理の不備も巷間指摘されるなど難題も山積する。

飲食サイトで〝安心〟は担保される時代

 2014年度中に102店の大量閉鎖を発表した居酒屋チェーン大手のワタミの業績がさえない。同社が12月10日に発表した11月の外食業績は、「和民」、「坐・和民」合計と「わたみん家」、「炭の鳥子」合計の対前年比既存店売上高が、それぞれ93・6%、95・3%と厳しい状況を露呈することになった。

桑原豊

桑原豊・ワタミ社長

 1990年代中盤から00年初頭にかけて、業容を急拡大、外食の寵児ともてはやされた同社の面影はそこにはない。同社の苦戦についてはさまざまな指摘があるが、本質的に言えるのは時代性なのかもしれない。

 ワタミの主力業態は言うまでもなく、居酒屋チェーンの「和民」。群雄割拠する居酒屋チェーンの中で、存在感を示せたのは、品質に見合った適正価格を実現したことに尽きるだろう。過去にも居酒屋チェーンは多数存在していたが、店舗によってフードメニューの品質にばらつきがあったように記憶する。

 また、居酒屋の大多数は個人経営店であり、実際に店舗に足を運んでみたところ〝ハズレ〟だったという苦い経験は誰にでもある。

 しかし、「和民」に関して言えば、これらのリスクがなく、最低限の満足感は担保できることが周知されたのが、躍進の背景にあった。だが、集客の要になる〝安心感〟も、近年では、ネットの飲食サイトでの〝口コミ〟の評判を見ることで、店に行かなくともそのイメージや価格帯が把握できるようになり、店選びの失敗は極端に減った。そうなるとチェーン店である優位性の多くは失われ客足が遠のく要因ともなった。

 もうひとつ言えるのが若年層のアルコール離れだ。アルコールは人間関係の潤滑油と言われたのは過去の話。今や、アルコールを嗜まない層が増えている。国内アルコール総市場が年を追うごとに漸減しているのは、そんな背景もあるだろう。

 追い打ちをかけたのが東日本大震災でいわゆる〝家飲み〟が急増したことだ。安い店で軽く飲むなら家に帰って飲んだほうが落ち着くし安上がりという構図だ。「たまに、じっくりと飲みたいなら、多少、価格は張っても中・高級店に行く」という声も最近多く聞かれる。そういう意味では、日常使いの居酒屋チェーンも岐路に立っているとも言える。

 さらには、ここへきて、国内アルコールメーカーも缶チューハイ等、蓋を開ければすぐに飲めるRTDカテゴリーを強化している。この狙いは、まさに若年層と〝家飲み〟需要の取り込みだ。

ワタミ再浮上の鍵はブランディング再構築

 それでは「和民」に再浮上のチャンスはあるのだろうか。

 「まずはブランディングの再構築ではないですか。ワタミには『和民』を冠した店舗名が複数存在します。同社ではそれぞれの差別性があると言うのでしょうが、顧客目線で言えば全く認識できない。そもそも『和民』に行く消費者はバージョンなんて期待していないのです」(業界関係者)

 この言葉を自分に置き換えてみれば、納得する人も多いのではないか。ただ、仮に店名を統一したところで、顧客離れに待ったがかかるわけでもない。そこで選択肢になるのは、新業態へのシフト。飲食業は流行に左右される要素が多い。一過性のブームで消滅した店舗は数知れない。居酒屋業態に陰りが見え始めている以上、新業態への参入もしくは業態転換もはや避けられないのではあるまいか。

 際コーポレーションやダイヤモンドダインングがいまだに安定した収益を確保しているのは、他業態戦略をとってきたことが理由と見ることもできる。画一チェーンで数百もの店舗を有していると、規模のメリットは享受できるが、経営が悪化した時には、一気に方向転換の舵は切り難い。1兆円を超える売り上げを誇る外食企業が生まれないのは、チェーン化には限界があるからにほかならない。

 ワタミは、ほかに「フライデー」や「GOHAN」「銀政」といった専門店業態を保有するが、これらは比較的順調に推移しているという。閉鎖店から完全撤退するのか業態転換を目論むのかは現段階で発表していないが、前述の既存業態でも立地によっては成立するものもなくはないだろう。

 また、今回の大量閉鎖により生じることになった余剰スタッフも既存店へ振り分けたい意向から、外食産業で必要不可欠なホスピタリティーの向上にはプラス要因。元社員の「過労自殺」から同社には「ブラック企業」というイメージが依然として強い。今回の大量閉店を機に汚名返上を成し遂げるのか注目したいところだ。

(文=本誌/大和賢治)

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール事業プロデュー…

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る