マネジメント

自分の武器を使って人の役に立つ大切さとは

 稼ぐ人は相手のことをよく知り、特にその人の困っていること、悩んでいることを知って、解決してあげる。それによって強固な人間関係を築き、大きな稼ぎに結び付けていくものだ。前回、そういうことを書いた。

 相手の課題や悩みを解決するには、武器が必要であることも記した。さて、その武器とはなんだろう。

 私が見るところ、武器とは、「スキル(技術)」「人脈」「金」と言ったものだ。これらの武器を使って、相手の役に立つ。

 ただし、相手と言っても、だれに対してもというわけではない。稼ぐ人は、付き合う相手をきちんと決めている。どの人と付き合うかを決め、その人が喜ぶこと、欲していることを提供するのである。

 このことはしかし、今現在の姿のみを言っているのではない。稼ぐ人といえども、最初から稼げる人であったわけではないのだ。ただ、その人生の軌跡を伺うと、大いに稼げるようになった現在まで、人間関係を良好にしたり、人に気に入られたりすることに向けて努力している。

 だから、これらの武器を使うことは、稼ぐ人生のためのコスト、あるいは投資と言い換えてもいい。

 何をするにしてもコストが掛かるが、稼ぐ人は人間に大きなコストを掛け、投資してきているのだ。

価値あるものを提供して、役に立ち人間関係を良好にする

 こうした人生態度は大いに見習ったほうがいい。

 ともあれ、価値あるものを提供しなくては、相手に気に入られることはできない。投資であるから、先行してこれらの武器を使い、人間関係を良好にしなくてはならない。

 ところで、稼ぐ人は付き合う相手を決めていると言ったが、それはどんな人だろう。

 私はそれは「価値基準の高い人」だと考えている。例えば、端的に言えば、年収1億円を超える人たちである。

 基準の低い人と付き合うと、何かを得るのではなく、逆に奪われてしまう。だから、慎重に相手の考える基準を見定めて、高い人とのみ付き合うことだ。そうして、価値あるものを提供するのである。

 こういう話をすると、基準の高い人、例えばお金持ちには、平凡な人間から何も提案、提供することなど、ないのではないかと尋ねられる。

 とんでもない誤解だ。人間だれしも悩みや課題、困っていることなど、いくつも抱えているものだ。お金持ちとて例外ではない。いや、彼らほど、深刻なテーマで悩んでいる立場の人たちはいないと言っていい。

タダであることをケチケチしてはならない理由とは

 お金持ちも、例えば相続や事業継承、あるいは子どもの教育など、一般の人たち以上に頭を悩ませているケースが多い。特に相続や事業継承などは、軽々に扱えない問題だ。

 だが、だからこそ、こちらも真剣になって、あらゆる人脈や知識、情報を使い、良案を提供することになる。むろんタダである。それによってこちらも成長できるわけだ。

 最後に1つ付け加えておきたい。価値あるものを提供すると言ったとき、人を選んでその人に合うものを提供するのが、これまで述べたような場合だが、もう1つ、だれと対象を絞らないで、提供できる場合がある、ということだ。

 私もやっているメールマガジン(メルマガ)がそれだ。人によっては、何万人という多数がその人のメルマガの読者になっている。

 なぜ多くの読者が付くかと言えば、その内容が価値のあるものだからだ。その価値あるものを、いわばタダで提供しているのである。

 タダでだれかのお役に立つなんてばかばかしいと、ケチっていると、結局、稼ぐところからドンドン遠くなる。このことも強調しておきたい。

 

[今号の流儀]
どんな人たちと付き合っているか。それで、将来が決まる。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る