国際

家電をスマートに使い、空き時間に何をするか

 「家電は、もっとスマートに使えて、家電と接する時間がもっと省ける」

 年明け早々にネバダ州ラスベガスで開かれた家電見本市「インターナショナルCES」は、久しぶりに大きな家電業界の変化を感じさせた。

 スマートフォンやタブレット端末などモバイル端末を「リモートコントローラー」にして、あらゆる家電がつながり、生活がもっと便利になる、その具体的な姿が見えてきたからだ。

CESのスモール・ビジネス展示を取材する記者やブロガーたち

CESのスモール・ビジネス展示を取材する記者やブロガーたち(撮影/著者)

 例えば、スマホを目覚まし時計代わりに使う人が増えているが、朝、スマホが鳴ると同時に、ブラインドが自動的に開き、キッチンではラジオとコーヒーメーカーのスイッチが入る。居間のテレビ画面には、今日のスケジュールや天気・交通情報が映るといったイメージだ。

 ネットワークにつながった家電を使っていれば、物理的にその家電のスイッチを入れたり、設定をしたりする時間が省ける。

 浮いた時間を使って何をするかというと、米国人なら「健康を維持するために運動をしたりダイエットをする」、あるいは「家族との時間を増やす」ことに時間を割きたいと思うにちがいない。

 そこで登場するのが、体調を計測するウェアラブルのウォッチやボタンだ。これもスマホのアプリとつながり、血圧、心拍、運動時間、睡眠時間などをデータとして記録していく。そのデータが、かかりつけの医者のコンピューターとつながっていれば、医者はその患者が来たとき、体調について聞く必要はなく、正確なデータが既に手元にあることになる。

 また、インターネットにつながった大画面のスマートテレビを使って、ネット上から見つけた好きなコンテンツを、好きな時間に家族と一緒に見られるというのも、スマート家電の使い方だ。

 もちろん、インターネットにつながったスマート家電は、1990年代から提案されていたが、冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などが個別にネットワークにつながっていたため、個別に操作する必要があった。それが今では、スマホが1台あれば、ベッドの中からでも、仕事場からでもどんな家電も操作することができて、利便性が格段に上がった。これは、スマホというモバイル端末がなければできないシステムで、スマホがいかに今後生活の中心になっていくかが予測できる。

 今回のCESが見せた流れの1つは、スマート家電の近未来だけではない。サムスン電子、LG電子、ソニー、パナソニックといった大手メーカーは確かに、その近未来を提案する主役だった。

 しかし、浮いた時間で何をするかということに密接に関係した「ウェアラブル家電」「アプリケーション」「ソフトウエア」といった、以前はCESの主役ではなかったハードやソフトが、にわかに主役級にのしあがってきた。いずれもメーカーは、ベンチャーであることが多い。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、新興企業のゾーンには前年比59%増の出展者があった。大企業メーンと思われていたCESで、スモールビジネスが存在感を示すようになってきた。

 もう1つは、やはり環境関連のテーマだ。トヨタ自動車は、日本で先行発売した水素燃料電池自動車「MIRAI」を、初めて日本外で発表し、記者会見場は興奮に包まれた。今年10月から米国でも発売する。また、ボブ・カーター・北米トヨタ上級副社長が、燃料電池と水素ステーションの普及のために、取得した特許の開放に踏み切ることも発表した。

家電が「電力」を過大消費せず、いかに発展できるか

 会見場では、シティ・カレッジ・オブ・ニューヨークの人気教授、ミチオ・カク氏が水素燃料電池自動車に対する期待を熱く語った。テレビによく登場する理論物理、科学の未来派主義者だ。

 「宇宙の77%は水素によって形成されており、最も比率の高い構成要素だ。石油と水素には大きな違いがある。水素自動車から排出されるのは、飲料水と同じ水素であり、何の汚染も引き起こさない。トヨタのハイブリッドカーは、ゲーム・チェンジャーになった。汚染がない社会を創造する一歩だった。今後は、水素が牽引する社会となる」

 さまざまな家電が、ネットワークにつながりながらも、消費電力が少ないということも喧伝されていた。地球温暖化問題が、ますます焦点になればなるほど、「電力」を使う家電がどうやって「電力」を過大に消費せずに発展できるかというのは、ますます関心事となっていくだろう。いずれにせよ、数年ぶりに方向性がはっきり見えた年明けのCESだったのは間違いない。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る