テクノロジー

 「私たちのミッションは交流駆動回路での各種革命を起こすこと」

 その革命の第一歩となったのは、震災で動き出したビジネスへの想いを結実させたLED照明。日本の大企業が続々と評価し始めた技術で、巨大なマーケットを一気呵成に攻めていく。

大震災がLED照明会社立ち上げのきっかけに

マツウラ・リチャード

マツウラ・リチャード
1985年生まれ。上智大学卒業後、2009年シンガポールの商事会社で貿易コンサルタント業務に従事。金属、石炭、石油、ガスの採掘から製品の在庫管理まで手掛ける。11年個人事業としてLED照明の販売を開始し、12年ステラージアLEDを設立。

── 東日本大震災がひとつの契機になったと聞きました。

マツウラ 震災が起きた時はちょうどLED関連のトレードショーであるライティング・フェアの会場にいました。会場には後に開発にかかわる技術者の1人と一緒にいたんですが、その時彼は、私がエコのフィールドに興味があることを知っていて〝何かやりましょうよ〟とけしかけていたんです(笑)。

 その時に地震が起きて、目の前のブースがものすごい勢いで動いて、物が落ちてきたり、会場の人たちが外に向かって走り出していったり。報道で原発のことも知りました。これはすごいことが起きてしまった、と思ったと同時に、何かをやるんだったら今かもしれない、そういうサインかもしれないと感じたのです。

── そのライティング・フェアに今年度は出展を予定していますね。

マツウラ 全体の中でも4番目くらいの大きさのブースでの出展になります。これだけ大掛かりな展示を行い、ブランドを宣伝していくということは、告知する内容に自信があってこそのことです。

 私が誇りとする技術者のチームは、他社には決してまねできない素晴らしい商品を作ってくれました。ですから、エンドユーザーの方だけでなく、リセーラーの方々、販売代理店の方々にもその価値を認めていただく必要がありますし、実際に既に高い評価も頂いています。これらの販売活動を加速するためにも、インパクトのあるプロモーションは必要です。そのための投資を決断するのは営業を役割とする私の仕事なのです。

高い技術を持つ大手法人が評価した「最高のLED照明」

── 現在の日本での販売状況はいかがでしょうか。

マツウラ 少しずつ日本での採用実績が増えてきています。最近では、本田技研工業(HONDA)さま、宇宙航空研究開発機構(JAXA)さま、ブリヂストンさまに導入していただきました。いずれも高い技術を持つ法人です。どれだけ当社のLED照明を開発するのが大変なことなのか、他のLEDとどれだけ違うものなのかを、よく理解していただけた上での採用でした。今後はこの事実を一部の技術に詳しい人たちだけでなく、一般の方々にも分かってもらえるように実績を積み重ねたいと思っています。

── 販路を広げるのには価格も重要です。交流駆動LEDの製造コストは直流のものと比べてどうでしょうか。

マツウラ 直流LEDの駆動回路と当社が開発した交流駆動のものを比較していただければ分かるように、まず部品の数が異なります。交流駆動のほうが圧倒的に部品の数が少ないのです。部品が少ないということは、壊れるリスクが減りますし、製造コストも下がります。また、私たちが開発した多くの新しい技術も製造コストを下げるのに寄与しています。今年は大量生産も予定しているので、それによるコストダウンも見込めます。

── 売り上げに関する予測はいかがですか。

マツウラ LED照明の市場はとても大きいものです。例えば、〝高天井照明〟と言われている市場があります。これは倉庫、工業用ビル、屋内スポーツ施設など、高さのある構造物の天井の照明を指します。現在、日本にあるこれらの施設の照明器具の多くは水銀灯かメタルハライドランプでその数は1500万台とも2千万台ともいわれています。もしこの照明をすべてLEDに交換するとしましょう。仮に1台当たり10万円とすると、約2兆円の市場規模が見込めます。この10%のシェアを獲得できれば2千億円です。

 もちろん〝高天井照明〟は市場の1つにすぎません。これから参入するたオフィス市場はさらに大きいものです。そのほか街灯など、そして世界へ目を向ければまだまだ多くの市場が存在しているのです。

── 尊敬する経営者がいれば教えてください。

マツウラ 私がロールモデルとさせていただいている方、そして私とは異なる考え方に薫陶を受けている方など何名かいます。日本では、孫正義氏。それからヴァージン・グループの創設者であるリチャード・ブランソン氏、そしてイーロン・マスク氏などです。

── 審査員の1人、夏野剛さんが、日本のイーロン・マスクになれるのではないかと言っていました。

マツウラ それには、まだまだ長い道のりですね(笑)。

(聞き手=本誌編集長/吉田 浩 写真=幸田 森)

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る