テクノロジー

大手法人が評価した「最高のLED照明」

── 現在の日本での販売状況はいかがでしょうか。

マツウラ 少しずつ日本での採用実績が増えてきています。最近では、本田技研工業(HONDA)さま、宇宙航空研究開発機構(JAXA)さま、ブリヂストンさまに導入していただきました。いずれも高い技術を持つ法人です。どれだけ当社のLED照明を開発するのが大変なことなのか、他のLEDとどれだけ違うものなのかを、よく理解していただけた上での採用でした。今後はこの事実を一部の技術に詳しい人たちだけでなく、一般の方々にも分かってもらえるように実績を積み重ねたいと思っています。

── 販路を広げるのには価格も重要です。交流駆動LEDの製造コストは直流のものと比べてどうでしょうか。

マツウラ 直流LEDの駆動回路と当社が開発した交流駆動のものを比較していただければ分かるように、まず部品の数が異なります。交流駆動のほうが圧倒的に部品の数が少ないのです。部品が少ないということは、壊れるリスクが減りますし、製造コストも下がります。また、私たちが開発した多くの新しい技術も製造コストを下げるのに寄与しています。今年は大量生産も予定しているので、それによるコストダウンも見込めます。

── 売り上げに関する予測はいかがですか。

マツウラ LED照明の市場はとても大きいものです。例えば、〝高天井照明〟と言われている市場があります。これは倉庫、工業用ビル、屋内スポーツ施設など、高さのある構造物の天井の照明を指します。現在、日本にあるこれらの施設の照明器具の多くは水銀灯かメタルハライドランプでその数は1500万台とも2千万台ともいわれています。もしこの照明をすべてLEDに交換するとしましょう。仮に1台当たり10万円とすると、約2兆円の市場規模が見込めます。この10%のシェアを獲得できれば2千億円です。

 もちろん〝高天井照明〟は市場の1つにすぎません。これから参入するたオフィス市場はさらに大きいものです。そのほか街灯など、そして世界へ目を向ければまだまだ多くの市場が存在しているのです。

── 尊敬する経営者がいれば教えてください。

マツウラ 私がロールモデルとさせていただいている方、そして私とは異なる考え方に薫陶を受けている方など何名かいます。日本では、孫正義氏。それからヴァージン・グループの創設者であるリチャード・ブランソン氏、そしてイーロン・マスク氏などです。

── 審査員の1人、夏野剛さんが、日本のイーロン・マスクになれるのではないかと言っていました。

マツウラ それには、まだまだ長い道のりですね(笑)。

(聞き手=本誌編集長/吉田 浩 写真=幸田 森)

ページ:
1

2

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

アジア大会とノーベル賞

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

水素社会へのステップ

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

 昨今、事業拡大や後継者対策などを目的とした企業同士のM&Aが増加している。同様にウェブサイトのM&Aが活発化している事実をご存知だろうか。サイトの売買で売り手にはまとまったキャッシュが、買い手にはサイトからの安定収益が入るなど、双方に大きなメリットがもたらされている。大手ITグループから個人事業主まで幅広い…

201712EVEREDIA_CATCH

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

東南アジア市場への取り組みを強化 ── 新たな中期経営計画では、数値目標はありますか。 桝村 策定中ですので、具体的には申し上げにくいところがあります。しかし、利益体質の改善、研究開発の強化、事業の課題解決、人材育成、顧客の信頼回復の5つを軸に考えています。加えて、売上高の海外比率が5割に達するような…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年5月号
[特集]
九州は世界へ向かう

  • ・総論 アジアの熱を九州に取り込めるか
  • ・麻生 泰(九州経済連合会会長)
  • ・石原 進(九州観光推進機構会長)
  • ・田嶋 猛(太平洋貿易会長)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・髙田 明(V・ファーレン長崎社長)

[Special Interview]

 杉江俊彦(三越伊勢丹ホールディングス社長)

 突然の社長交代から1年 三越伊勢丹はどう変わったか

[NEWS REPORT]

◆創業100周年で問われるパナソニックのDNA

◆楽天が携帯キャリアに参入も見通しの甘さに不安先行

◆銀行の危機感から始まった日本版スマホ決済の可能性

◆東芝会長に車谷氏を招聘 外部の知見に再建を期待

[特集2]

 沸騰!関西経済

 関西が世界に発信する未来社会のデザインとは

ページ上部へ戻る