文化・ライフ

アギーレ監督は八百長疑惑を全面否定

 日本代表がアジア杯連覇に向け、好スタートを切った。

 オーストラリア・ニューカッスルでのグループリーグ初戦、日本代表は格下のパレスチナ代表相手に4対0で完勝した。

 その数日後のことである。八百長疑惑の渦中にいるハビエル・アギーレ監督に対するスペイン検察当局の告発がバレンシア裁判所に受理された。これによりアジア杯後の進退問題は避けられない見通しとなってきた。

ハビエル・アギーレ監督

八百長疑惑の渦中にあるハビエル・アギーレ監督(Photo:時事)

 事の発端は昨年9月のスペイン紙アスの報道だった。八百長の告発対象となった試合は2011年5月21日のリーガ・エスパニョーラ1部、最終節のサラゴサ対レバンテ戦。アギーレが指揮を執るサラゴサは2対1で勝利し、1部残留を決めた。

 だが、スペイン検察庁によると試合前にアギーレやサラゴサの選手たちの口座に、クラブから合計96万5千ユーロ(約1億4千万円)が振り込まれ、その後、ほぼ同額がそれぞれの口座から引き出されていたという。

 検察当局はこれらの行為からサラゴサがレバンテに賄賂を支払ったとみており、昨年12月15日に両クラブの選手、そしてアギーレやサラゴサの幹部ら41人をバレンシアの裁判所に告発した。

 もちろん、アギーレは八百長疑惑を全面的に否定している。

 「私はスペインサッカーの正直さとクリーンさを信じている。12年間、スペインリーグで指揮を執っていたが、(その間に)プロフェッショナリズムに反するものを私は認識していない」(昨年12月27日の記者会見)

 降って湧いたような八百長疑惑に頭を抱えているのは日本サッカー協会である。

 果たして八百長疑惑の渦中にある人物に指揮を執らせていいものか。といって、解任した場合、億単位の違約金が発生しかねない。無実であれば名誉棄損で訴えられるリスクもある。

 ある協会幹部は、神妙な面持ちで応えた。

 「一番心配なのは、選手に影響を与えないかということ。アジア杯で結果を出せなかった場合、八百長疑惑は別にして責任を取ってもらう必要がある。

 問題は連覇を達成した場合。少なくとも手腕を解任の理由にはできなくなる。

 協会の中には、イメージダウンを恐れる声もある。日本代表はキリンをはじめ多くのスポンサーに支えられている。スポンサー筋から、そのことを突っ込まれると、正直言ってつらい。

 しかし、うかつに〝解任する〟などと言い出せば、どれだけ違約金を求められるか分からない。

 ひとつの節目としては、起訴された時点だろう。しかし日本と違ってスペインでは起訴された場合の有罪率は、そう高くないという。とはいえ裁判になると長期化する恐れがある。進むも地獄、退くも地獄といった心境ですよ」

アギーレ監督起訴で問われるサッカー協会の責任

 この幹部に「監督を打診する前に〝身体検査〟が必要だったのでは?」と問うと、小さく首を振った。

 「それは無理。こっそりやると、向こうではプライバシーの侵害で訴えられるリスクもある。それに〝身体検査〟をやったところで、どこまで本当のことが分かるのか……。結局、性善説で監督を選ぶしかない」

 ちなみに有罪が決定した場合、半年から4年の禁固刑、または最高550万ユーロ(約8億2500万円)の罰金が科されるとみられる。

 もしアギーレが起訴されれば、協会幹部の任命責任は免れまい。多少、気の毒な面はあるものの、誰かが責任を取らないことには収まらないだろう。

 それでなくても、グループリーグ敗退に終わったブラジルW杯の総括が十分だったという声は、残念ながらサッカーサークルからは聞こえてこない。

 先にも述べたように、この原稿はパレスチナ戦直後に書いている。連覇を達成するのかしないのか、仮に負けたとしてもファイナルまでいった場合とベスト4とでは、印象も随分、違ってくる。

 もちろん内容も問われる。ザックジャパンと比べて、どこがどう変わったのか。それをしっかりと示さなければならない。

 再び先の幹部。

 「正直言って、八百長問題なんて“対岸の火事”だと思っていた。しかし、今回の一件で、日本だけが無関係でいられないことがよく分かった。これを教訓にして、有罪になった場合はもちろん、起訴された場合でも解任できる条項を設けるなど、契約書を見直さなければならない。余計な混乱を招かないためにも」

 いずれにしても協会は高い授業料を払うことになりそうだ。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

Eコマースを中心に成長を続けるBEENOS。その創業者である佐藤輝英氏は、5年前に社長を退任。4年前には取締役を辞任し、経営から退いた。それまで起業家として生きてきた佐藤氏が次に選んだのは起業家支援。BEENEXTを設立し、新しいイノベーションを起こそうとしている起業家への投資を始めた。その中でも投資の中心と…

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る