テクノロジー

 ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」がいよいよ2月に発売される。Pepperはクラウドを活用することで、従来のスタンドアローンのロボットとは異なり、新たなプラットフォームビジネスを展開する。同事業を手掛けるソフトバンクロボティクスの冨澤文秀社長に発売に向けた意気込みを聞いた。

冨澤文秀氏が語る「Pepper」 多くの関心を集め、発売への準備が進展

冨澤文秀

冨澤文秀(とみざわ・ふみひで)
1972年生まれ。97年日本電信電話入社。2000年ソフトバンク・コマース入社。ソフトバンクモバイル プロジェクト推進部長、ソフトバンク事業推進統括部 統括部長などを歴任。11年10月よりロボット事業責任者を務め、14年8月ソフトバンク ロボティクス代表取締役社長に就任。

── 昨年6月の製品発表以降の展開は。

冨澤 今は3つに分かれて事業を推進しています。ひとつは9月にイベントを開催しましたが、デベロッパー向けのアクション。2つめは2月に発売予定のBtoC向けのアクション。そして3つめが、ネスレがコーヒーマシンの売り場に導入したような、BtoBにおけるPepperという位置付けでのアクションです。

 最初に動いたのはデベロッパー向けです。と言うのは、Pepperはスマートフォンに近いプラットフォームのビジネスで、いろんなアプリケーションがあって、いろんなことができるというものです。そのため、デベロッパーにいろんなアプリを作っていただく素地を作ることを先行してやっています。

 意外だったのは、BtoBの法人向けで、数百社から、作りたい、買いたい、売りたい、という話が来ています。もしかしたら1つのウェーブになる可能性があると思っています。

 BtoCに関しては、2月の発売予定にターゲットを合わせて、いろんなアプリを開発しています。家庭に馴染めるように、サポートするアプリの開発を進めています。

── 意外に多かったというBtoBの引き合いとは。

冨澤 本当にいろいろありますが、ネスレさんのような店舗での集客、もしくはその先のCRM(顧客管理)にまでロボットを活用したいというのが1つ。あとは企業の受付や、介護、教育のシーンなど、多岐にわたる引き合いが来ています。

── 既にソフトバンクモバイルではPepperが接客をしている店舗がありますが。

冨澤 いろんなテストでやっているところもあります。例えば、Pepperにこういうアプリを入れたらお客さんはどんな反応になるのか、どれだけ人が増えるのか、それがビジネスにつながるのか。一方、故障は起きるのか。起きるとしたら、どういった類のものなのか。もし起きたら、それを製品化までに潰しています。結果として、集客と売り上げにつながることに関しては成果が出ています。

場面に応じたキャラクター設定が重要と語る冨澤文秀氏

pepper── 引き合いの1つに教育がありますが。

冨澤 教育は、実はPepperが家庭に入る上で力を入れたい分野で、最初は低年齢層にマッチする教育コンテンツを出していきたいと思っています。ロボットと一緒に子どもが成長するようにしたいです。

── 家庭においては、パートナーであると同時に家庭教師の役割をしてもらうと。

冨澤 そういうこともできます。ただし気を付けているのは、Pepperが先生になるのではありません。Pepperが先生になると、家庭内での存在がよく分からなくなってしまいます。家庭内では「ドラえもん」的な、本当にパートナーでありたいと思っていますし、教育者ではないです。ですから教育アプリのときは、第3のキャラクターとして別の先生が画面上に出てきて、Pepperも子どもと一緒に学ぶ形になります。

 一方、教育でもBtoBは全く別の展開で、例えば塾や幼稚園に置いたらどうなるのかという提案があります。この場合は「Pepper先生」のような感じになります。

── Pepperの位置付けも家庭とBtoBとでは違うと。

冨澤 まさに先生にならなければいけない場合もあります。ですから、そこが非常に難しいです。例えば今、ソフトバンクモバイルにいるPepperはよくしゃべるし、ユーモアがあってちょっと小生意気なキャラクターです。しかし、それを家庭用に持って行くと、結構うざかったりもするので、もう少し大人しく、柔らかいキャラにしようとしています。

 家庭へ入るには、大前提として安全性や情報のセキュリティーの問題を考えた上で、深く考えなければいけないのはキャラの問題だと思っています。どういう存在であるべきか。うざい、うざくないの境目は何か。そして感情を認識し、感情を持たせることをいかにアウトプットしていくかがポイントだと思っています。ここをクリアできれば、本当に家族の新しいパートナーとして受け入れられるのではないかと思っています。

── Pepperのキャラは購入したユーザーがそれぞれ変えることができるのですか。

冨澤 2月の時点では、まだそこまで仕上がらないかもしれないですが、ゆくゆくは、それぞれの家庭のPepperが違うキャラになることは、われわれが思い描いていることです。Pepperは発売された後も、クラウドで毎月アップデートしていきますので、どんどん成長していくPepperが分かると思います。そこが今までのロボットと違います。

── ハードウエア的にはそれほど変わらず、ソフトウエアで進化していくと。

冨澤 ハードは変わるかもしれないですが、基本はソフトです。例えば、何年か後に新しいPepperが出た時にはハードはそこでチェンジしますけど、それまでのデータのやりとりはクラウドに上がっていますので、機種変更のイメージに近いです。だから、Pepperの自我も継続していきますし、愛着が湧いてくると思います。

冨澤文秀氏の思い パソコンと同じストーリーでロボットは拡大する

冨澤文秀── 収益化をどのように考えていますか。

冨澤 当然いきなり初月から黒字になるビジネスではないですが、世界中から引き合いがあり、日本だけではない状況がある程度見えていますし、何とかしなければいけないと思っています。

 Pepperは今までのロボットビジネスと違うアプローチです。大資本があり、製品は安価でなおかつクラウドベースのプラットフォームという最高の結果が出せるキーワードを詰め込んでいます。このスキームで駄目なら、ロボットビジネスはしばらく駄目かなと思います。だから日本のためにも世界のためにも成功させなければいけないという想いでやっています。

── 実際にそれなりの条件は揃っていて、あとは何が必要だとお考えですか。

冨澤 やはり一番必要になるのはデベロッパーのような仲間です。何でもそうですけど、最初は誰かが無茶してスタートしても、その人だけではどうにもならなくて、それに賛同する人たちが一緒に盛り上げていくことで成り立つビジネスだと思います。例えばパソコンも、もともとはただの箱でソフトもない状況でした。しかしパソコンを元に可能性があると思った人たちがいろいろなソフトを作って参入してモノになって一気に広がっていきました。ロボットもパソコンに近いストーリーになると思っています。パソコンと違うのは、ロボットの時代は必ずやってきます。みんなで盛り上げていけば、世界レベルのムーブメントになると思っています。

 足元で言うと、日本では2020年に東京五輪がありますから、それまでには力を見せたいですよね、日本のロボットはすごいぞと。

(文=本誌・村田晋一郎 写真=佐々木 伸)

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る