広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

力仕事の負担を減らす アクティブリンクのパワーアシストスーツ

AWN-02を説明する藤本弘道社長(右)

 作業支援向けにパワーアシストスーツの事業を展開しているのがアクティブリンクだ。同社はパナソニックの社内ベンチャー制度により2003年に創業。藤本弘道社長はパナソニック在籍時にモーター技術の開発に携わっており、電動自転車用モーターの開発を行う中で、その技術を用いてパワーアシストスーツを開発しようとしたことが、起業のきっかけとなった。

 同社がパワーアシストスーツを手掛けるのは高齢化社会を睨んでのもの。高齢化と共に生産年齢人口の減少が進むため、労働現場では軽労化、省人化が求められている。力の劣る人が力仕事にも従事できるように、同社は力の面でのバリアフリー、「パワーバリアレス社会」の実現を掲げる。そして、農業、物流、建築、土木、災害救助など体を酷使する現場に向けて、汎用パワーアシストスーツを展開する。

AWN-02を説明する藤本弘道社長(右)

AWN-02を説明する藤本弘道社長(右)

 起業の経緯にも関連するが、同社のパワーアシストスーツは電動アシスト自転車に近い原理で動作する。電動アシスト自転車は人がペダルを踏んだ力を感知して、その動きを補助するようにモーターが駆動する。同様に同社のパワーアシストスーツは、力覚センサで検出された体の動きに合わせてモーターを駆動させる。これにより、リアルなアシスト制御が可能だという。また、汎用性を重視し、スーツの身体拘束は足底や上体ベルトのみのラフな拘束に留め、装着時間は30秒以内となっている。

 同社は昨年、「アシストスーツAWN-02」を発表。AWN-02は重量物を持ち上げる際の腰部負担の軽減に特化し、モーターを左右の腰付近の装着する2個に限ったシンプルな構造となっている。アシスト力は15重量キログラムで、上半身への加重を15キログラム低減することになる。既に物流倉庫や農場での実証実験も進めており、15年度中の量産を予定している。

 AWN-02は腰部のみの補助だが、上半身や全身の補助を行うパワーアシストスーツの開発も進めており、16年以降、順次発表していく計画だ。

(文=本誌/村田晋一郎)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る