国際

 中国では、ここ1年、不動産価格が毎月、下落している。ついに“不動産バブル”が崩壊したと言っても過言ではない。そこで、人々の関心は株式投資へ向かった。ただ、中国経済の先行きは決して明るくない。そのため、“株バブル”となる危険性をはらむ。

 

 さて、昨年5月以来、習近平政権は「新常態」(ニュー・ノーマル)を掲げて、経済減速を容認する方針を打ち出した。「新常態」とは、大ざっぱに言うと、経済を自然に任せる(市場に任せる)という意味だろう。

 

 昨年、民間会社がデフォルト(債務不履行)に陥った際、中国政府は救済した。ところが、今年に入ると一転して、国有企業、河北省保定市の保定天威集団有限公司(中国南方工業集団公司〔=中国兵器装備集団公司〕の子会社)のデフォルトを救っていない。

 また、中央企業(国有資産監督管理委員会が管理・監督)、中国第二重型機械集団公司(四川省徳陽市)もデフォルトするハメに陥った。今後、民間企業はもとより、国有企業や中央企業までに至るまで、多くの企業でデフォルトする公算が大きい。

 

中国の預金・貸出金利は景気を映す鏡

 

 周知のように、中国政府はしばしば数字を捏造するので、多くの数字はあてにならない。しかし、景気判断するにあたり、信用できる数字がある。銀行の預金金利と貸出金利である。これを見れば、手に取るように景気動向がわかるだろう。

 最近、中国人民銀行(中央銀行)が半年で、3度(昨年11月、今年3月と5月)、利下げを行っている。1年定期預金利は3.00→2.75→2.50%と下がっている。また、1年以上5年までの貸出金利は、6.00→5.75→5.5%と下落した。この最後(今年5月)の「預金金利2.50%、貸出金利5.5%」はどんな意味を持つのだろうか。

 

 ここで、2008年9月15日に起きた「リーマンショック」後の状況を振り返ってみよう。

 

 中国政府は、この危機に際して、同年9月(16日)、10月(2回)、11月、12月(23日)と矢継ぎ早に5回も利下げを実行した。景気の落ち込みを回避しようという強い意図が読み取れる。

わずか3ヶ月あまりで、1年定期預金金利が、4.14〔据え置き〕→3.87→3.60→2.52→2.25%と下降した。また、1年以上3年まで(当時)の貸出金利は、7.29→7.02→6.75→5.67→5.4%と下落している。

 

 2008年12月の「預金金利2.25%、貸出金利5.4%」は、その後、2010年10月まで続く。この預金・貸出金利は、2007年以降、現在に至るまでの最低金利である。現在の「預金金利2.50%、貸出金利5.5%」は、その次に低い。

 けれども、貸出金利の場合、2008年12月、1年~3年が5.4%、3年~5年が5.76%である。そうすると、見方によっては、2015年5月の貸出金利こそが、2007年以降、実質的に最低レベルと言えなくもない。

 

 この数字が、中国の実体経済を如実に物語るのではないだろうか。中国経済はすでに「未知の危険水域」に入ったと考えられる。

 

景気浮揚策はAIIBと「一帯一路」

 

 実は、胡錦濤政権は「リーマンショック」後、4兆元とも40兆元とも言われる財政出動を行い、見事なV字回復を遂げた(その結果、財政赤字が大幅に膨らんだことは言うまでもない)。

習近平政権は、胡政権とは違って、財政出動をしない。巨額の財政赤字を抱えるため、おそらく、したくても、財政出動できないのだろう。他方、本来、景気が悪い時には、政府を含めて消費に励めば良い。だが、習政権は「贅沢禁止令」を布告し、かえって、国内消費を冷え込ませている。

 

 ところで、かつて江沢民政権や胡錦濤政権は、なぜ「保8」(8%の経済成長)を固執していたのか。それは、毎年、新規労働力参入者(1000万~1500万人)に職を与えるためである。そうしないと社会不安が増大するだろう。

 中国では、毎年20万件~30万件「集団的騒乱事件」が起きている。今後、「騒乱事件」激増は必至と見られる。国内治安費が国防費を上回っているゆえんだろう。

習近平政権が、「新常態」のままで経済政策に手をこまねいていれば、ますます社会不安が増大する。しかし、(不動産投資を含め)内需の喚起は難しい。

 

 そこで、習政権は海外に活路を見出そうとした。その一つが、アジアインフラ投資銀行である(AIIBには57ヶ国が創立メンバーとして参加することになったが、我が国と米国は見送った)。もう一つが「一帯一路」の(陸と海の)「新シルクロード」構想である。これらが順調に進むか否かは、ひょっとして、日米の関わり方次第かもしれない。

 

筆者の記事一覧はこちら

【国際】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

 企業経営者にとって「理念」や「志」が大事とはよく言われるものの、今一つピンと来ない向きも多いのではないだろうか。成功した経営者がいくら精神面の重要性を説いても、日々の現実と格闘している経営者にとっては、ただの綺麗ごとに聞こえてしまうかもしれない。 それでも、ビジネスを成功させるために最も大切なのは「志」だと…

立志財団

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年3月号
[特集] 令和女史のリーダー哲学
  • ・元谷芙美子(アパホテル社長)
  • ・石黒不二代(ネットイヤーグループ社長)
  • ・小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長)
  • ・石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)
  • ・戸田泰子(理化電子社長)
  • ・吉本新喜劇で初の女性座長は「イキらず、驕らず、高ぶらず」の支えるリーダー
  • ・敏腕ヘッドハンターが語る リーダーに求められる力は使命感に裏付けられた勇気
  • ・本と映画に学ぶ女史たちの生き様
[Special Interview]

 橋本聖子(女性活躍・東京五輪・男女共同参画担当大臣)

 女性が輝く新時代へ 政治家もOne Team

[NEWS REPORT]

◆CESでコンセプトカーを発表 ソニーが自動車メーカーになる日

◆アマゾンと提携したライフ 新規顧客獲得は成功するのか

◆ゴーン被告逃亡の影響は? 内田誠・日産新社長の前途

◆血液によるがん診断で日本の医療費は高騰する

[特集2]

 スタートアップ!関西

 日本の起業家たちが関西に注目する理由

ページ上部へ戻る