国際

中国の実態経済以上に跳ね上がった株価

 昨年5月以降、中国の不動産価格が再び下落し始めた。不動産バブルがはじけたと言っても過言ではない。

 その後、不動産価格は下落の一途をたどる。先月6月、北京、上海、深圳等の一部大都市だけ多少価格を戻したが、あとの地方都市は依然、価格上昇は見られない。そこで、行き場を失ったチャイナ・マネーが株式市場へ流れ込んだ(高利回りの「理財商品」に手を出した人々はすでに痛い目に遭っている)。

 周知のように、株価というのは景気の先行指標である。半年先、1年先の景気動向を示す。ところが、後述するように、中国の実態経済が悪いのにもかかわらず、昨秋から株価だけが独歩高で推移した。

 昨年夏過ぎ、上海総合指数は、2000ポイントから徐々に上昇していく。そして、今年6月には、ついに5000ポイントの大台に乗せたのである。中国共産党が、業績の悪い企業を救うためか、株は上がると庶民を煽ったせいかもしれない。

 しかし、誰が見ても、これは「株バブル」以外に考えられないだろう。いつ騰落してもおかしくなかった。

 結局、翌7月には、株価は一時3500ポイントを割り込んだ。そのため、日本を含む世界中のマーケットは大騒ぎしている。

中国政府は株バブル崩壊批判が北京に向かわぬよう通達

 さて、中国の場合、株式市場全体に占める個人投資家の割合が80%と言われる。その民族性から言えば、中国人は“投資”よりも一獲千金を狙う“投機”が大好きである。上海総合指数(および深圳総合指数)が急落すると、個人投資家はパニックに陥り、株価の下落が止まらない。

 奇妙なことに、中国では上場企業が自社株の取引停止申請ができる。7月8日までに、約1400社(上海1071社、深圳1731社。全部で2802社)の企業が取引を中止したのである(ちなみに、上場国有企業は人民解放軍と関係が深い)。

 一方、中国政府は、新規株式公開を延期した上に、大株主の株式売却を半年間禁止した。さらに、今回の株暴落は一部(悪意を持つ?)投資家による「空売り」が原因だとして、厳しく取り締まる方針を打ち出したのである。言うまでもなく、「空売り」は正常な市場行為である。中国ならではの前代未聞のでき事だろう。

 中国の証券会社21社は、株式市場の安定基金として、総額1200億元(約2.4兆円)を出資し、下支えをしている。だが、市場には少なくとも4.2兆元(約82兆円)が流れ込んでいる。あまりにも額が少なすぎはしないだろうか。他方、北京は株価暴落の批判が政府に向かわないよう通達したという。

中国の景気はリーマンショック後より悪い

 ところで、しばしば日本のエコノミストは、中国政府の発表するGDPを信用している。けれども、この数字はまったくあてにならない。

 われわれがかねてより主張しているように、「中国版公定歩合」(預金・貸出金利。特に貸出金利)こそが、中国経済の実態を示す最も信頼すべき数字だろう。

 まず、1997年の「アジア金融危機」の際、江沢民政権は同年10月から2002年2月まで、1~3年モノ貸出金利を9.36→9.00→7.11→6.66→5.94→5.49%と6回緩やかに下げている。その後、金利が上昇するまで2年8ヶ月もかかった。

 次に、2008年の「リーマン・ショック」直後、胡錦濤政権は、同年9月中旬から12月下旬にかけて、1~3年モノ貸出金利を7.29→7.02→6.75→5.67→5.40%と5回も急激に引き下げている。そして、胡政権は、総額4兆元(一説には40兆元)の財政出動をして、この難局を何とか乗り切ったのである。

 習近平政権は、昨年11月から今年6月まで、すでに4回の利下げを行なった。1~5年モノ貸出金利を6.00→5.75→5.50→5.25%と引き下げている。

 現在の貸出金利2.25%は、約20年間で最低である。つまり、「アジア金融危機」、「リーマン・ショック」直後よりも、現在の方が景気は悪い。

 それにもかかわらず、習近平政権は何の施策も打っていない。「新常態」(ニュー・ノーマル」と称して、手をこまねいている(「新常態」とは、換言すれば、市場の働きにまかせる“レッセフェール”とも言えるだろう)。もしかすると、すでに中国政府の財政赤字が大きいので、習近平政権は、財政出動できないのかもしれない。

 昨年、北京はデフォルト間近の民間企業さえ救済した。ところが、今年に入ると、一転、国有企業や中央企業(中央政府の管理・監督下にある)さえも救済していない。

 ところが、今回、習政権は、露骨に株式市場に介入した。おそらくこれが共産党の“最後の砦”だからに違いない。株式市場が崩壊すれば、たちまち社会不安が増大するだろう。

 北京は「ギリシャ危機」に乗じて、同国へ支援を申し出た。だが、習政権にその余力があるのか、はなはだ疑問である。

 

筆者の記事一覧はこちら

【株バブル】の記事一覧はこちら

【国際】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る