国際

中国の実態経済以上に跳ね上がった株価

 昨年5月以降、中国の不動産価格が再び下落し始めた。不動産バブルがはじけたと言っても過言ではない。

 その後、不動産価格は下落の一途をたどる。先月6月、北京、上海、深圳等の一部大都市だけ多少価格を戻したが、あとの地方都市は依然、価格上昇は見られない。そこで、行き場を失ったチャイナ・マネーが株式市場へ流れ込んだ(高利回りの「理財商品」に手を出した人々はすでに痛い目に遭っている)。

 周知のように、株価というのは景気の先行指標である。半年先、1年先の景気動向を示す。ところが、後述するように、中国の実態経済が悪いのにもかかわらず、昨秋から株価だけが独歩高で推移した。

 昨年夏過ぎ、上海総合指数は、2000ポイントから徐々に上昇していく。そして、今年6月には、ついに5000ポイントの大台に乗せたのである。中国共産党が、業績の悪い企業を救うためか、株は上がると庶民を煽ったせいかもしれない。

 しかし、誰が見ても、これは「株バブル」以外に考えられないだろう。いつ騰落してもおかしくなかった。

 結局、翌7月には、株価は一時3500ポイントを割り込んだ。そのため、日本を含む世界中のマーケットは大騒ぎしている。

中国政府は株バブル崩壊批判が北京に向かわぬよう通達

 さて、中国の場合、株式市場全体に占める個人投資家の割合が80%と言われる。その民族性から言えば、中国人は“投資”よりも一獲千金を狙う“投機”が大好きである。上海総合指数(および深圳総合指数)が急落すると、個人投資家はパニックに陥り、株価の下落が止まらない。

 奇妙なことに、中国では上場企業が自社株の取引停止申請ができる。7月8日までに、約1400社(上海1071社、深圳1731社。全部で2802社)の企業が取引を中止したのである(ちなみに、上場国有企業は人民解放軍と関係が深い)。

 一方、中国政府は、新規株式公開を延期した上に、大株主の株式売却を半年間禁止した。さらに、今回の株暴落は一部(悪意を持つ?)投資家による「空売り」が原因だとして、厳しく取り締まる方針を打ち出したのである。言うまでもなく、「空売り」は正常な市場行為である。中国ならではの前代未聞のでき事だろう。

 中国の証券会社21社は、株式市場の安定基金として、総額1200億元(約2.4兆円)を出資し、下支えをしている。だが、市場には少なくとも4.2兆元(約82兆円)が流れ込んでいる。あまりにも額が少なすぎはしないだろうか。他方、北京は株価暴落の批判が政府に向かわないよう通達したという。

中国の景気はリーマンショック後より悪い

 ところで、しばしば日本のエコノミストは、中国政府の発表するGDPを信用している。けれども、この数字はまったくあてにならない。

 われわれがかねてより主張しているように、「中国版公定歩合」(預金・貸出金利。特に貸出金利)こそが、中国経済の実態を示す最も信頼すべき数字だろう。

 まず、1997年の「アジア金融危機」の際、江沢民政権は同年10月から2002年2月まで、1~3年モノ貸出金利を9.36→9.00→7.11→6.66→5.94→5.49%と6回緩やかに下げている。その後、金利が上昇するまで2年8ヶ月もかかった。

 次に、2008年の「リーマン・ショック」直後、胡錦濤政権は、同年9月中旬から12月下旬にかけて、1~3年モノ貸出金利を7.29→7.02→6.75→5.67→5.40%と5回も急激に引き下げている。そして、胡政権は、総額4兆元(一説には40兆元)の財政出動をして、この難局を何とか乗り切ったのである。

 習近平政権は、昨年11月から今年6月まで、すでに4回の利下げを行なった。1~5年モノ貸出金利を6.00→5.75→5.50→5.25%と引き下げている。

 現在の貸出金利2.25%は、約20年間で最低である。つまり、「アジア金融危機」、「リーマン・ショック」直後よりも、現在の方が景気は悪い。

 それにもかかわらず、習近平政権は何の施策も打っていない。「新常態」(ニュー・ノーマル」と称して、手をこまねいている(「新常態」とは、換言すれば、市場の働きにまかせる“レッセフェール”とも言えるだろう)。もしかすると、すでに中国政府の財政赤字が大きいので、習近平政権は、財政出動できないのかもしれない。

 昨年、北京はデフォルト間近の民間企業さえ救済した。ところが、今年に入ると、一転、国有企業や中央企業(中央政府の管理・監督下にある)さえも救済していない。

 ところが、今回、習政権は、露骨に株式市場に介入した。おそらくこれが共産党の“最後の砦”だからに違いない。株式市場が崩壊すれば、たちまち社会不安が増大するだろう。

 北京は「ギリシャ危機」に乗じて、同国へ支援を申し出た。だが、習政権にその余力があるのか、はなはだ疑問である。

 

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る