政治・経済

外国人幹部の積極的な登用でグローバル企業への脱皮を目指す武田薬品工業に、大きな衝撃を与えたフランス人CFOの突然の辞任。社内における人材育成の失敗に加え、赤字決算や不祥事が追い打ちを掛け、長谷川閑史会長の経営手腕に厳しい目が向けられている。

外国人取締役が突然退任「議案修正」という大恥

 世界最大の食品企業であるネスレの経営陣ともなると、マルチリンガルなど当たり前だ。同社のウェブサイトには、各役員の使用言語が載っており、7月1日にCFO(最高財務責任者)に就任したフランソワ・クサビエ・ロジェ氏の場合、母国語であるフランス語に加え、英語はもちろんスペイン語とドイツ語にも対応可能と書いてある。

 しかし、さすがに2年足らずの東京暮らしで、日本語を習得するには至らなかったらしい。それとも覚える気がなかったか。

長谷川閑史会長

長谷川閑史会長

 このロジェ氏、今年6月まで国内製薬最大手・武田薬品のCFOを務めていた御仁だ。2013年9月に、医薬品ビジネスにも明るい財務のプロとして、当時の長谷川閑史社長(現会長)の肝いりで武田に入社。昨年6月には取締役に引き立てられた。だが、わずか1年で退任し、ネスレCFOに転身してしまった。

 武田は、グローバル売上高1兆7千億円を超える日本最大の製薬企業とはいえ、世界的に見ればトップ10にも入れない中堅企業だ。ネスレの事業規模(916億フラン=約12兆円)とは比較するまでもない。

 詰まるところ、よくある欧米流のヘッドハンティングなのだが、武田側としてはたまったものではなかった。と言うのも、このフランス人CFOが退任を切り出したのは6月23日のこと。3日後には定時株主総会を控えており、長谷川会長ら経営陣にとっても寝耳に水だったはず。総会招集通知には、ロジェ氏の再任も議案に入っていた。

 このタイミングでの退任表明では、慰留の機会すらなく、日本人の感覚からすると無責任極まりない。だが、今年4月、長谷川会長からCEO(最高経営責任者)職を禅譲されたクリストフ・ウェバー社長も、ロジェ氏を強くは引きとめられなかったに違いない。

 ロジェ氏と同じフランス国籍、武田への入社もほぼ同時期という間柄のウェバー氏ではあるが、そこにシンパシーを感じるようであれば、「渡り鳥」はできない。何といってもウェバー氏自身、13年末に古巣の英グラクソ・スミスクラインから長谷川氏に一本釣りされた身だ。要は蛇の道は蛇、因果応報である。

 ともあれ、武田は24日に急遽、総会付議議案の一部修正を発表するという大恥をかかされた。これに先立ち、同日未明にロジェ氏退任を公にしたが、深夜の対外発表は、ネスレ本社があるスイスの業務時間に合わせたという、お人よしぶりだ。

ページ:

1

2

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

永田町ウォッチング

一覧へ

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

201710_KEIZAIKAI_P043_GLOBIS_CATCH

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年6月号
[特集]
なぜ、あの人についていくのか 求心力の秘密

  • ・松本 晃(カルビー会長兼CEO)
  • ・木股昌俊(クボタ社長)
  • ・迫本淳一(松竹社長)
  • ・水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・辻 発彦(埼玉西武ライオンズ監督)

[Special Interview]

 永守重信(日本電産会長兼社長CEO)

 売り上げ10兆円を目指す 働き方改革と人材育成の在り方

[NEWS REPORT]

◆不祥事続出でも企業が仮想通貨に群がる理由

◆通信事業親子上場に踏み切るソフトバンクの思惑

◆コーポレートガバナンスの呪縛〜お家騒動はなぜ繰り返されるのか〜

◆欧米名門大学への登竜門 ボーディングスクールが注目される理由

[特集2]

 働き方改革の闇

ページ上部へ戻る