文化・ライフ

実力伯仲の女子サッカー 米国に敗れたなでしこジャパン

 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)の連覇なるか、に注目が集まった女子W杯カナダ大会。なでしこは決勝で米国に2対5と大敗したものの、その戦いぶりは見事だった。

 女子サッカーにおいて、オリンピックとW杯は2大大会だが、直近3大会でのなでしこの成績は優勝(ドイツW杯)、準優勝(ロンドン五輪)、準優勝(カナダW杯)と非の打ち所がない。

 今回も1次リーグのスイス戦を皮切りに、カメルーン戦、エクアドル戦、決勝トーナメント1回戦のオランダ戦、準々決勝のオーストラリア戦、準決勝のイングランド戦と、すべて1点差を制して勝ち上がってきた。

 世界の女子サッカーの実力が伯仲している現在、1点差のゲームをモノにできるのはチームに底力が備わっている証拠である。

 それでも、五輪王者の壁は厚かった。なでしこは、いきなり開始16分で4点を奪われた。米国の息をもつかせぬ猛攻の前に為す術がなかった。

 前半3分と5分の失点は、いずれもセットプレーによるもの。低いクロスをMFカーライ・ロイドに決められた。

 なでしこの平均身長が163・5センチなのに対し、米国は169・3センチ。米国は高さをいかし、ハイボールを入れてくるかと思われた。

 ところが、彼女たちが選択したのはグラウンダーのボール。なでしこにとっては虚を突かれたかたちとなった。

 これで浮き足立つなというほうが無理である。3点目はDF岩清水梓のクリアミスをMFローレン・ホリデーに拾われ、4点目はGK海堀あゆみが飛び出していたところをロイドに狙われた。

 ロイドは3得点。決勝でのハットトリックは女子W杯史上、初めてだった。

 それでも諦めないのが、なでしこの真骨頂だ。0対4から2点を返し、もしやの期待を抱かせたが、後半9分の失点で万事休した。

 振り返れば4年前の戴冠は無欲がもたらしたものだった。「あれよあれよという間に優勝していた感じでした」と佐々木則夫監督。

 その翌年のロンドン五輪でもなでしこは決勝に進出し、追う立場から追われる立場になった。

 だから大会前、佐々木は自らに言い聞かせるように、こう語ったのだ。

 「前回優勝したからといって“チャンピオンでござい”なんてやっていたら、確実に足をすくわれます。目の前の相手に対し、必死になって戦うよりほかに、連覇への道はないと思っています」

なでしこに学び個から組織を活かすチームに進化した米国

 欧米の強豪と比較して、なでしこが上回っているのは緻密な戦術とコレクティブ(集団的)な組織力である。

 それゆえ、前回優勝した際には「走ってパスをつなぐ“女性版バルセロナ”のようなチーム」と称えられたのである。

 キャプテンマークを澤穂希から受け継いだ宮間あやは語っていた。

 「フィジカルの強さは“決定的な勝利の要因にならない”けれども、フィジカルの弱さが“負ける要因にはなる”。ある程度、フィジカルのトレーニングは必要です。だけど、それによって勝つのではなく、違う点で勝負をすることが大事だと思っています」

 これは的を射た指摘だった。宮間は日本と米国の間に横たわるのは「違いであって差ではない」とも語っていた。

 ところが今回のW杯、米国は持ち前のパワーとスピードに加え、なでしこがおはこにしていた組織力を重視し、磨きをかけてきた。

 米国の顔といえば、これまではサッカー女子代表史上最多得点記録を持つFWアビー・ワンバックだった。

 彼女はロンドン五輪でも5ゴールを記録して、米国の金メダル獲得に貢献。その年のFIFA女子最優秀選手賞を受賞した。

 そのワンバックが、今回はサブの役割を担った。決勝の日本戦は後半34分からの出場だった。

 米国はワンバックがいなくても勝てるチームを目指し、それに成功した。

 個の力から組織力へ――。米国がなでしこの影響を受けたのは言うまでもない。

なでしこジャパンがさらなる進化を遂げるには

 その意味で近年のなでしこの台頭は、女子サッカーにイノベーションをもたらすものだった。

 だが、先行者が利益を得られる期間は限られている。1次リーグの3試合、すべてが接戦だったことでも分かるように、世界ランキング4位のなでしこといえども、もはや楽に勝てる相手はいない。

 世界各国の実力が急接近する中、工夫なき継続は、後退にすぎない。さらなる進化をとげるには、今以上のイノベーションが求められる。

 果たして来年のリオデジャネイロ五輪で、なでしこは、世界を相手にどんな“違い”を見せられるのか。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る