テクノロジー

データを収集するセンサから、クラウドに上げるスマートデバイス、クラウドプラットフォーム、分析ツールまで、IoTの構成要素は多岐にわたる。このIoTの流れのほぼすべてのリソースを抱えるのが富士通だ。IoTの拡大に合わせて、富士通はその強みを生かしたソリューションを展開する。

富士通が目指すIoT 消費者と従業員の動向をいかに掴むか

 IoT時代を迎えた展開として、富士通では昨年からIoTの専門組織を立ち上げ、11月に「ヒューマンセントリックIoT」というコンセプトを定めた。

 富士通のビジネスはBtoBが主体だが、顧客と一緒にIoTによる新しいビジネスを共創していく。BtoBの先のBtoBtoCおよびBtoBtoEを考えた場合、サービスの最終利用者であるC(消費者)やE(従業員)の動向をいかに掴むかが重要となっている。須賀高明・富士通 ネットワーク事業本部IoTビジネス推進室長は次のように語る。

須賀高明氏

須賀高明氏

 「富士通の顧客であるBtoBtoCやBtoBtoEの真ん中のB(商品提供者)は、CやEの動向を正確に把握していない。このため、富士通自体もCやEにどういう価値を提供できるかを顧客であるBと一緒に考えていく」

 そのために人間中心(ヒューマンセントリック)の考え方で、人の活動を把握し、何が最終利用者の価値であるかを把握し、その価値を具体的な商品として提供する仕組みを顧客と一緒に創り上げる。それがヒューマンセントリックIoTだという。

 コンセプト制定以降の動きも活発で、IoTに関する個々のソリューションを強化している。

後藤博之氏

後藤博之氏

 5月に、センシングのパッケージとして「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」(ユビキタスウェア)を発表した。「人の情報を検出して人の役に立つという考え方」(後藤博之・富士通 ユビキタスビジネス戦略本部IoTビジネス推進統括部 統括部長)でヒューマンセントリックIoTのコンセプトを体現。具体的には、センサおよび独自の分析アルゴリズムを搭載したコアモジュールと、そのセンサを活用するためのミドルウェアで製品が構成される。バイタルセンシングバンドやロケーションタグ、ロケーションバッジといった組み込みデバイスとしても提供する。

 使用例の1つ、バイタルセンシングバンドは工事現場で使用した場合、センサで計測した温度、湿度、運動量、パルス数などの情報から装着者の熱ストレスを推定。さらに気圧・加速度変化を把握し、装着者の転倒も検知する。これにより、作業者の安全管理に活用できる。

IoTビジネスは、アイデア勝負で「やったもの勝ち」と提唱する富士通

 IoTを活用したビジネスの事業化については、まず富士通自身がものづくりのメーカーであることから自社で実証実験を行う。IoTモデルを自社の工場で実践し、その成果をリファレンスモデルとして提供する。

 一例として、IoT専用クラウドサービス「FUJITSU Cloud IoT Platform」を活用し、通信機器の製造工場である富士通アイ・ネットワークシステムズ山梨工場で実証実験を行った。製造現場から上がってくるセンシングデータと装置の稼働状況や従業員の作業状況のデータの相関関係を取り、製造現場を高度に可視化した。これを元に生産ラインの最適化や実行プロセスの効率化などを実施。これによりライン停止時間を30%削減しているという。

 また、従来の事業化プロセスではビジネスの効果の見極めが困難だが、ここでクラウドの拡充性を活用。事業化プロセスにビジネス実証という段階を設け、まずスモールスタートで始めて軌道修正しながらビジネスが回るかの実証実験(PoB)を行い、事業化に持っていく。

 こうした取り組みを通じて、富士通は顧客と共創する形で、IoTのソリューションを強化していく。またすべてを網羅する自社のリソースにこだわらず、いろいろなパートナーと協業し、IoTのエコシステムを拡充。他社のリソースを組み合わせたソリューションも提供する。

 今後の展開で重視するのはスピードだ。「IoTは言ってみれば『やった者勝ち』。アイデア勝負で、早くやることが重要」(後藤氏)だという。

 新たな価値を実現するIoTモデルを早くつくるほど、模倣困難性が増して参入障壁が高まる。富士通としては、現在の強みを生かして、IoT先行者利益をさらに追求する構えだ。

(文=本誌/村田晋一郎 写真=佐藤元樹)

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る