国際

 周知の如く、中国の株価(特に上海総合指数。以下、同様)は、2012年半ばから2014年半ばまでの2年間、2000ポイント程度の相場が続いた。

 

 一方、中国の「不動産バブル」崩壊は覆ようもない。全国主要70都市の多くは、2014年5月以来、今年6月まで、14ヶ月連続、不動産価格(新築住宅価格)を下げ続けている。全国各地のゴースト・タウン(鬼城)出現でわかるように、新築住宅過剰供給のツケがまわってきたのである。

 

 2014年5月、習近平政権は「新常態」(ニュー・ノーマル)という“レッセ・フェール”政策を打ち出した。経済を市場に任せたのである。そのため、今年、国有企業や(中央が監督・管理する)中央企業がデフォルトに陥った。

 しかし、中国経済は2014年11月から徐々に実態経済が悪化している。それは「中国版公定歩合」(貸出金利)の推移からも明らかだろう(第18回拙稿「『リーマン・ショック』後の景気後退期よりも悪い中国経済」をご参照いただきたい)。

 今年6月末には、ついに1~5年モノ貸出金利が5.25%と引き下げられ、ここ約20年間で貸出金利が一番低くなった。目下、中国経済は最悪なのである。

そこで、いったんは「新常態」を唱えた習政権だったが、“意図的”な「株バブル」の創出を目論んだ。そして、党の宣伝機関が「株は上がる」と一般庶民を煽ったのである。

 

 共産党の意図としては、「官製バブル」によって、①国有企業をはじめ業績の悪い中国企業救済するため、②一般庶民からの経済失政批判をかわすため、だったかもしれない。

だが、ひょっとすると、北京の真のネライは、「これ以上、不動産の値崩れを阻止するため」ではなかったのか。不動産の値崩れが続けば、中国経済はこのまま“沈没”してしまうからである。その点については、中国政府の発表するあらゆる経済数字を見れば、誰にでも明白だろう(ただし、“水増し”されたGDPを除く)。

 

 昨今の中国の株価をつぶさに見ると、昨年秋口以降、2000ポイントからじわじわと上昇し始めた。昨年末から今年1月には、3000ポイント超えを達成している。

 その後、3月から急激に株価が高騰し、4月には4000ポイント超えを果たした。さらに、5月には下旬以降、4500ポイントを超えたのである。そして、6月12日、ついに5166ポイントを記録した。2007年10月、史上最高値の6124ポイントをつけたが、それ以来の最高値である。

 他方、全国主要70都市のほとんど全部で不動産価格が、2014年7月以降、2015年2月までの8ヶ月連続、下降した。例えば、今年2月、前月比で新築不動産価格が上昇したのが2都市、下落したのが66都市(変化なしが2都市)だった。

 ところが、株価高騰と時を同じくして、翌3月から不動産価格が徐々に回復し始める。同月、前月比で新築の不動産価格が上昇したのが12都市、下落したのは50都市(同8都市)と復調の兆しが見えた。

 4月、前者(上昇)が18都市、後者(下落)が48都市(同4都市)、5月は前者が20都市、後者が43都市(同7都市)、6月は前者が27都市に増え、後者が34都市(同9都市)に減った。

 依然、(変化なしを除けば)半数以上の都市の不動産価格が下がっているが、このままの推移ならば、今後、反転もあり得る。

 

asia

 

  実態経済が悪いのに、なぜこのような事態が起きたのか。株で稼いだ一部の個人投資家(全体の約80%)や機関投資家が、不動産に再投資したと考えられよう。おそらく株式市場のマネーが再び不動産市場に流れ込んだのかもしれない。

 だが、6月12日をピークにして株価は騰落し、7月19日現在、4000ポイントを切っている。もしかすると、株価暴落のあおりを受けて、今年7月以降、再び不動産価格が下落に転じるかもしれない。

 ただし、もし7月以降も株価が再度、上昇するようであれば、不動産ブーム(=不動産バブル)の再来もあり得る。短期的には、その可能性も排除できないが、実態経済を見る限り、その公算は決して大きくはないだろう。

 

 

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

2015年の中国リスクと新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第35回)

「3不社会」韓国の「3放世代」

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

「損して得を取る」事業モデル  不動産登記情報を扱う「登記簿図書館」をご存じだろうか。 かつては法務局でしか取得できなかった登記簿情報がオンラインで簡単に取得でき、かつ、法務局では対応できないさまざまなサービスを提供するというものだ。保有登記情報は全国2450万件、会員数9500社を誇る。 この登記簿図書館を…

支持政党なし

外国人を中心に需要が高まるソーシャルレジデンスで快走―オークハウス

独自のプラットフォーム戦略で、外食産業の新たなスタンダードを創造する――きちり社長 平川昌紀

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

20150609_INNOV_P02

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

パートナーズは全国の中古投資用不動産の売買仲介を手掛けている。2011年の創業以来、5期連続増収を達成。吉村社長は業績好調の原動力を「社員の人間力を養い、顧客満足度の向上に取り組む姿勢にある」と語る。── 数ある投資用不動産会社の中、独自の強みについて。吉村 当社では、社員の人間力を徹底的に磨きな…

企業eye

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

海外ビジネスの第一線で活躍した2400人のエキスパートを擁し、日本企業の海外事業を支援。

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界4月4・18日号
[特集]
紙メディアの未来

  • ・青木康晋(朝日新聞出版社長)
  • ・一木広治(ヘッドライン社長)
  • ・村野 一(デアゴスティーニ・ジャパン社長)
  • ・嶋 浩一郎(博報堂ケトル社長・共同CEO)
  • ・高井昌史(紀伊國屋書店会長兼社長)
  • ・消えたB2Bメディア コントロールドサーキュレーションの功罪

[Special Interview]

 吉永泰之(富士重工業社長)

 「守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した」

[NEWS REPORT]

◆三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

◆攻めの農業の象徴 農水産物輸出1兆円は大丈夫か

◆“豪腕”森信親・金融庁長官の続投濃厚で戦々恐々の金融界

[著者インタビュー]

 手嶋龍一(作家、ジャーナリスト)

 稀代のスパイはインテリジェンスセンスを磨く最高のテキスト

ページ上部へ戻る