広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

新国立競技場建設をめぐる迷走 もう2度目の失敗は許されない

スポーツインサイドアウト

建設費をめぐり二転三転ゼロベースで見直しに

 「2020年東京オリンピック・パラリンピックの会場となる新国立競技場の現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで計画を見直す。そう決断致しました」

 このまま突き進んでいっても成算はないと判断したのだろう。安倍晋三首相は、去る7月17日、2520億円という高額な建設費に批判が集まっていた新国立競技場の建設計画を白紙に戻すと表明した。

 続けて首相は「(新競技場は)オリンピック・パラリンピック開催までに間違いなく完成することができる」と明言したが、19年9月に開幕するラグビーW杯については「残念ながら間に合わせることができません」と使用を断念することを正式に伝えた。

 周知のように新国立の建設費をめぐっては二転三転してきた。事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が国際公募でデザインを選定した12年11月には1300億円だった。

 ところが13年10月には3千億円にふくれ上がった。JSCの試算によるものだ。

 JSCは消費税増税、建設資材や人件費の高騰を理由に挙げたが、当初予算の倍以上というのは尋常ではない。

 これではさすがに国民の理解は得られないと判断したJSCは14年5月、規模を縮小し、1625億円と見積もる。

 だが、この額に対しては、早くから「現実味に欠ける」との声が、一部の建築家の間から出ていた。

 東京新聞は昨年10月5日付の朝刊で、建築家の槇文彦氏らへの取材を元に総工費は約900億円増の2500億円と予測してみせた。

 この読みは正しかった。この7月7日、JSCの有識者会議は2520億円で建設計画を了承するに到ったのである。

 高コストの最大の要因はデザインを手掛けたイラク出身建築家ザハ・ハディド氏が新国立の目玉にしようとしていた2本のキールアーチ。専門家によると1本が約500億円以内、2本では約1千億円にも上るシロモノなのだ。

 およそスポーツの会場には似つかわしくない巨大な橋だが、なぜか政府筋から、これを除去すればいいとの声は上がらなかった。

 なぜなら、首相がブエノスアイレスでの五輪招致の最終プレゼンテーションで「どんな競技場とも似ていない真新しいスタジアム」とザハ氏のデザインを絶賛する演説を行っていたからである。

 いつしか、この奇抜なデザインは「国際公約」と見なされ、アンタッチャブルなものになっていた。

1 2