政治・経済

作田久男・前会長の下で構造改革を進めてきたルネサス エレクトロニクスだが、一頃の危機は脱した感がある。成長へのバトンを託された遠藤隆雄・新会長の下で新たなスタートを切ったが、2016年3月期の第1四半期の業績は良好。反転への兆しが出てきた。 文=本誌/村田晋一郎

 

奇妙な縁でつながったルネサス新会長の就任

 

作田久男氏(左)と遠藤隆雄氏

作田久男氏(左)と遠藤隆雄氏

 ルネサス エレクトロニクスの業績が底をうちそうだ。構造改革による固定費の削減と製品ミックスの改善が目に見える形で表れてきている。

 2016年3月期の第1四半期決算は、売上高が前期比2%減、前年同期比14%減の1793億円となったが、これは想定ライン。営業利益は324億円、営業利益率は18%で、前年同期比、前期比、予想比をすべて上回り、利益面の改善がうかがえた。

 さらに第2四半期には売上高が1847億円となる見込みで、5四半期ぶりに前期比増となる。製品ラインの絞り込みで、ルネサスの売り上げは四半期ベースで減少傾向が続いているが、ようやく歯止めがかかる。いよいよ反転攻勢に向けた動きが始まるが、それを託されるのが6月末に新たに会長兼CEOに就任した遠藤隆雄氏だ。

 遠藤氏は日本アイ・ビー・エム(IBM)常務や日本オラクル社長を歴任してきた。その経歴が買われてのルネサス会長就任だが、前任の作田久男氏とは旧知の間柄だという。

 2人が初めて会ったのは10年以上前、作田氏がオムロン社長、遠藤氏が日本IBM常務の時で、ちょうどオムロンの情報システムを抜本的に入れ替えるタイミングだった。また、遠藤氏がオラクルに移る時期に、オムロンがオラクル製品を大量に採用したことがあったという。

 今回の遠藤氏の会長就任は産業革新機構(INCJ)主導で決定されたもので、作田氏との関係は直接影響していないというが、「何らかの縁を感じる」と遠藤氏は語る。

 また、会長就任の要請があった時に、遠藤氏は「すぐにやってみたい」と答えたという。

 「INCJからは、『事業には口を出さない』と言われたことが大きい。69%株を持っていると口を出すと思うが、そこは『ルネサス側に任せる』という能見さんの言葉は決め手になった」

 ルネサスの筆頭株主となるINCJにおいても6月末で、CEOが能見公一氏から志賀俊之・日産自動車副会長に交代。志賀氏と遠藤氏は同じ和歌山県出身で、遠藤氏自身はここでも縁を感じているようだ。

 遠藤氏の会長就任は、時間軸と人の縁が交差した奇妙な巡り合わせなのかもしれない。

 

ルネサス新体制で注力するのはコア技術の強化と社員の士気向上

 

 遠藤氏には作田氏が進めてきた構造改革を完遂するとともに、成長に向けたギアチェンジが求められている。では、遠藤氏はどのように成長軌道に乗せるのか。就任会見で遠藤氏は、自身のこれまでを振り返り、次のように語った。

 「IBMの時に思ったのは、業界で勝ち抜くには、強いアセットを持たなければいけないということ。アセットとは、強いコアになる、競争力のあるもの、あるいは競合がまねできない、尖がったもの。これを武器にビジネスができることを学んだ」

 また、オラクルに関しても、尖がったアセットを持っていた会社ということで転職したという。そして、ルネサスにも「勝ちパターンはある」と語る。

 ルネサスでは、機能安全、セキュリティ、センシング、ローパワー、コネクティビティの5つの技術をコア技術と位置付けている。これらの技術の強い部分はさらに強化し、足りない部分はM&Aも視野に入れ、スピーディーかつ戦略的に大胆に強化していく方針だ。7月にはCTO(最高技術責任者)のポストを新設。三菱電機出身の日高秀人氏が就任し、技術の取りまとめを強化する。

 また、就任会見では社員の士気についても言及した。ルネサスの前身である日立製作所、三菱電機、NECは、遠藤氏が日本IBMに在籍した当時は手ごわい競合だったという。それだけに、社内のマンパワーを評価している。その一方で、ここ数年の業績低迷やリストラなどによる社内のモチベーション低下を危惧している。

 「社員のアグレッシブさがかなり失われていると感じている。そこは、私が気合いを入れて、楽しく組織を活性化することで改善していきたい。この数年間は会社が赤字やリストラなど引き算の世界をやってきた。引き算の世界から足し算の世界へと転換するのは、自動車のギアがRからDに変わるようなもので結構難しい。このマインドを変えるのはチャレンジだと思っている」と意気込みを語った。

 社内の環境整備については、ルネサスは7月末に東京・豊洲に本社を移転したが、新オフィスでは新たに社員食堂を設置した。シリコンバレーの企業が行っているような自由闊達に意見を交わす場所を設ける狙いで、社員間のコミュニケーションを高めていく。また、「日本一野菜のおいしい社内カフェ」をコンセプトに、大地を守る会の協力の下、有機野菜を中心とした安全でおいしいメニューを提供。社員の健康面にも配慮する。

 遠藤氏の就任以降、業績の改善に加え、こうした新たな動きも出てきている。半導体事業は投資から結果が出るまでに時間を要するビジネスだが、遠藤氏は自らを「せっかちで、ゆっくりしているのは嫌い」と語る。

 具体的な経営計画は上期決算の時期に明らかにする予定で、新体制による反転を急ぐ。

 

【ルネサス】関連記事一覧はこちら

【政治・経済】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る