文化・ライフ

渡米後は“打たせて取る”技巧派にモデルチェンジした黒田博樹

 

 前年比17・7%増の2万8588人――。広島の前半戦終了時点での1試合平均の観客動員数だ。

 地元紙の中国新聞(7月17日付)は〈24年ぶりの優勝への期待や米大リーグから復帰した黒田の人気などを背景に入場者が増加。一試合平均で前年を4298人も上回り、球団史上最多のペースで推移している〉と報じていた。

 球団からすれば“黒田さまさま”である。

 ピッチング内容も素晴らしい。ここまで(8月7日現在)黒田博樹は16試合に登板し、7勝4敗、防御率2・69という成績を残している。

 東京ヤクルトの雄平は「とても40歳のボールとは思えない」と舌を巻いていた。

 渡米前の広島で103勝、メジャーリーグで79勝、そして復帰後の広島で7勝。大きな故障もなく、これだけコンスタントに活躍できる理由は、どこにあるのか。

 その第一は、彼の「変われる力」だろう。

 渡米前の黒田は力投派として鳴らしていた。初めて2ケタ勝利(12勝8敗)を挙げた入団5年目の2001年、黒田は両リーグトップの13完投を記録している。

 このシーズンを含め、メジャーリーグに移籍するまでに黒田はセ・リーグで6度も“完投王”に輝いている。

 最多勝こそ15勝(12敗)を挙げた05年の1度だけだが、これはチームが弱かったから。ひとりでローテーションの屋台骨を支えていた時期もあった。

 ところが、である。ドジャースに移籍すると黒田のピッチングは一変する。いわゆる“打たせて取る”技巧派へとモデルチェンジをはかるのである。

 理由はこうだ。

 「日本でやっていた時は、きれいなフォーシームで空振りをとりたい、三振をとりたいという意識が強かった。だがアメリカでは、思うように空振りが取れないんです。何かを変えないと生き残っていけない……」

 周知のようにメジャーリーグの先発ピッチャーは中4日が基本である。1試合に130球も150球も投げていたのでは、1年通じてローテーションを守ることはできない。

 いみじくも本人が口にしたように、生き馬の目を抜く競争社会を生き抜くには、変わらざるを得なかったのである。

 変身の背景には日米のボールの違いもあった。

 巷間、アメリカ製のボールは日本製に比べ、縫い目の高さにばらつきがあり、滑りやすい、とよく言われる。そのため変化球の曲り幅が大きいのだ。

 

「過去の成功体験」を捨て常に進化し続ける黒田博樹の強さ

 

 ボールの違いは、ピッチングにも反映される。日本のピッチャーがフォーシームを基本としているのに対し、アメリカのピッチャーはツーシームが主体だ。

 最近は高校生でも「今のはフォーシームです」などと口にするが、要するにストレートのことである。

 握りは簡単だ。人差し指と中指をボールの縫い目に交差させ、リリースの瞬間にバックスピンをかける。最もスピードの出る球種でもある。

 一方、ツーシームは人差し指と中指をボールの縫い目に沿わせるようにして握る。バッターのヒザ元で沈むなど不規則な変化をする。

 ちなみに日米のボールは、どのくらい違うのか。

 黒田の説明はこうだ。

 「極端な話、ひとつひとつ、ボールがすべて違っているような感覚を持ちました。もらった時から変形しているようなボールもあった。1回使用した後、修復しているものもあるので、そうなっていたのかもしれません」

 すなわち、きれいな逆回転を描くフォーシームを投げるのにアメリカ製のボールは適していないのだ。

 そうであるならば、自らのピッチングスタイルを変えるしかない。日本ではこうやってきた、異国の地でも同じようにやりたいと言っても、ボールの品質も形状も異なるアメリカでは、土台、それは無理な話なのだ。

 そこで彼はツーシームに磨きをかけ、グレッグ・マダックスという名投手のアドバイスを受けながらボールゾーンからストライクゾーンをかすめるバックドア、フロントドアの投げ方もマスターした。

 不惑を迎えた今でも第一線で活躍できるのは、彼の「順応力」に依るところが大きい。

 これは野球に限らず言えることだが、後年に失敗する人の多くが「過去の成功体験」にとらわれ、自らを変えることに臆病になっている。

 翻って黒田はメジャーリーグで79勝も挙げながら、過去の栄光をひけらかすことも、自らのやり方にこだわることもない。

 「いくつになっても進化し続けたい」

 たゆまざるイノベーション魂が40歳を支えている。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る