国際

 今年8月、ロッテホールディングス(重光武雄代表取締役会長)の臨時株主総会 が、東京・帝国ホテルで開かれ、重光昭夫副会長(重光武雄氏の次男)による現 経営体制を支持する議案が決議された。 在日コリアン一世の重光武雄氏(辛格浩;シン・ギョクホ)は、戦後まもなく、 進駐軍のチューイングガムからヒントを得て、東京・新宿でロッテ(ゲーテの著 書『若きウェルテルの悩み』のヒロイン「シャルロッテ」から取ったという)を 創業した。

 「お口の恋人、ロッテ」は名キャッチフレーズである。ロッテはガムや菓子で 大成功をおさめた。さらに、ロッテは日本のプロ野球にも進出し、ロッテ球団を 創設した。現在の千葉ロッテマリーンズである。また、韓国プロ野球でもロッ テ・ジャイアンツを所有している。重光武雄氏には、日本人妻(二人目)との間に、長男の宏之氏(辛東主:シ ン・ドンジュ)と次男の昭夫氏(辛東彬;シン・ドンビン)の2人の子供がいる。 2人とも日本で育ち、共に青山学院大学(長男は理工学部、次男は経済学部)を 卒業している。そのため、必ずしも韓国語は得意ではない。一族は韓国語ではな く、日本語を使用しているという。ちなみに、長男の宏之氏は、韓国マスコミの インタビューに日本語で答えている。

 重光武雄氏は、日本での成功を引っ提げて、祖国、韓国へ進出した。ロッテホ テルやロッテワールドなどを設立し、韓国の十大財閥の仲間入りを果たしている (現在は第5位)。他の韓国財閥同様、ロッテも様々な業種の多角化を試みた。 兄、宏之氏が日本ロッテを、弟の昭夫氏が韓国ロッテ氏をそれぞれテリトリー とし、兄弟で”すみわけ”をしていたが、昭夫氏が韓国でその才能を遺憾無く発揮 し、同国で不動の地位を確立する。そして、今では韓国ロッテの売上は約5兆円 と、日本ロッテの約20倍となっている。 2007年、ロッテは、持ち株会社ロッテホールディングスを立ち上げ、韓国ロッ テと日本のロッテを統括し、重光武雄氏は会長に、兄の宏之は副社長に就任した。

  2013年頃から宏之氏がロッテの中核企業、ロッテ製菓の株を買い増しを行って きたが、父である武雄氏はそれが不満だった。そこで、今年1月、昭夫氏は、ロ ッテHDの役員会で宏之氏を解任する。  ところが、半年後の7月27日、今度は武雄氏と宏之氏が組んで、突如、東京・ 新宿のロッテ本社に乗り込み、取締役会を開き、昭夫氏の解任を発表した。一種 の“クーデター”である。実は、昭夫氏の韓国ロッテは中国国内5店舗を展開する百貨店事業で、2011~ 14年の間に約1兆ウォン(約1000億円)の損失を計上した。昭夫氏がそれを報告 していない事が、武雄氏の逆鱗に触れたという。韓国ロッテは、2008年に北京の 王府井に銀泰百貨有限公司との合弁で中国進出1号店となる「ロッテインタイム デパート<楽天銀泰百貨>」をオープンした。けれども、赤字続きで2、3年前に は撤退する憂き目にあっている。

 結局、昭夫氏は法的な手続きを踏んでいないとして、最終的に株主総会で雌雄 を決することになった。去る8月17日、臨時株主総会が開かれ、6割以上の株主は、 昭夫氏を支持したのである。また、武雄氏は代表権のない会長職に留まった。昭 夫氏は兄弟間の争いに関して、韓国語で謝罪し、表面的には兄弟間では決着がつ いた。

 では、なぜロッテでこのようなゴタゴタが起きたのか。それは、韓国財閥(好 例はサムスン)にありがちな”御家騒動”である。韓国財閥は、多くの場合、創業者の意向やその家族で会社の方針が決まり、一 族が会社全体を支配する構造となりやすい。したがって、会社の継承を兄弟姉妹 で争うことになる。そのため、いわゆる創業者の2世・3世による「王子の反乱」 が起きやすい。

 ところで、ロッテは韓国財閥の一角をなす。そのファミリーが在日コリアンで あったことは、一部の韓国人は衝撃を受けたに違いない。朝鮮半島に住む韓国人 から見れば、在日コリアンは、“日本に染まった”分、一段低く見られる。だか ら、韓国では、ロッテは韓国企業か、それとも日本企業かというアイデンティテ ィ問題で論争になった。世界がグローバル化している今日、この議論は有益とは 思えない。 実際、ロッテHDは日本法人であるが、昭夫氏はロッテは韓国企業と明言した。 それにもかかわらず、韓国では、”ロッテ不買運動”が起きる事態にまで発展して いる。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る