政治・経済

長年にわたってイノベーションが起きなかったメガネ業界。ジェイアイエヌの田中仁社長は、超軽量メガネやパソコン用メガネの開発などによって、古い慣習から抜け切れなかった業界に革命を起こした。低価格・高品質、そして新たな機能の付加によって進化を続ける「JINS」ブランドの今後の展開について、夏野剛氏が鋭く切り込む。

常識を破るJINSのメガネ

夏野 メガネには視力の悪さによるハンデを補正するというイメージがありましたが、JINSはそれを完全に覆しました。むしろメガネをかけることによって、もっと目が良くなる、健康になるといった発想は、ありそうでずっとなかったと思います。

田中 メガネは発明以来700年もの間、視力補正するものという概念から離れていません。サングラスには紫外線カットなど、目を守るポジティブなイメージがありますが、メガネにはそれがなかった。パソコンから出るブルーライトをカットする「JINS PC」はそうした概念を打ち破ったものです。

田中 仁(たなか・ひとし)1963年、群馬県生まれ。アイウエアブランド「JINS」(ジンズ)を運営するジェイアイエヌの代表取締役社長を務める。88年にジェイアイエヌを設立。01年にアイウエア事業に参入し、独自のSPA方式を導入したことで急成長を果たす。11年には「Ernst&Young ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011」モナコ世界大会に日本代表として出場。13年東証1部に上場。著書に『振り切る勇気』(日経BP社)がある。

田中 仁(たなか・ひとし)1963年、群馬県生まれ。アイウエアブランド「JINS」(ジンズ)を運営するジェイアイエヌの代表取締役社長を務める。88年にジェイアイエヌを設立。01年にアイウエア事業に参入し、独自のSPA方式を導入したことで急成長を果たす。11年には「Ernst&Young ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011」モナコ世界大会に日本代表として出場。13年東証1部に上場。著書に『振り切る勇気』(日経BP社)がある。

夏野 その流れでいろんな発想が出てきましたね。花粉症防止用のメガネが出てきたのもJINS PCがきっかけですし。近視矯正以外の発想が、700年も出て来なかったのは不思議ですね。

田中 人間は暑さ寒さから身を守るために服や靴を使い始めましたが、それがファッションになりました。そう考えると、何十年か後にはメガネをしていないと恥ずかしいという状況になることも考えられます。

夏野 視力が良い人がメガネをかけるというのは、ユニクロの機能性下着と同じく、今のトレンドになっていると思います。

田中 災害や戦争でメガネが落ちて見えなくなったら命取りですし、レーシックやコンタクトレンズをしている人にもメガネは必要です。良い状態の目を維持する、またはより良くするためにメガネが必要なのです。

夏野 もう1つ重要なのは、人の顔は違うということ。耳の高さが違うので、メガネにはカスタマイズが必要です。今、JINSでは、その場でどんどん直してしまっていますが、それができるようになったのはテクノロジーの進歩のお陰ですか。

田中 テクノロジーと考え方ですね。これまでは、一般的には自分でフィッティングするという発想がなかったのですが、われわれはフレームを曲げられるラバーモダンを開発しました。自分で調整できるようにした例は、過去になかったと思います。また、軽く柔軟でかけ心地の良いAirframeを開発したことで、ECで調整なしでメガネを販売できるようになりました。

夏野 調整が可能になったら、メガネ屋さんは仕事を奪われると思っていたんですかね。

田中 そこまで含めて、たくさんの時間とエネルギーをかけて、5万円とか8万円のメガネを売っていたということでしょう。

夏野 その高価なメガネに緩みが出たり、ネジがなくなったりして、何千円もかけて修理するケースが多かったのですが、素材の開発、そしてデザイン性と機能性の付加によって、全く違うものにしたということですね。

田中 そうですね。フレームとレンズを革新しました。欧米では視力が悪い人は社会的弱者と見られているため、社会保障や保険制度が適用され健全な競争が行われてきませんでした。それに比べると、日本のメガネ業界はイノベーティブだと思います。

JINSが伸びたのはメガネの位置づけの変化とテクノロジーの追い風

夏野 日本では、無駄な受験勉強で目が悪くなります。私は高校受験で悪くなって、大学に入ってからコンタクトレンズにしました。テクノロジー好きなんで、ソフトもハードもワンデーも全部試して、十数年前にはレーシック手術を受けました。ただ、手術をしてから、車のテールランプの赤さが気になるので、夜にサングラスをしています。レーシックは夜がきつい。

夏野 剛(なつの・たけし)1965年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京ガス入社。95年米ペンシルバニア大学経営大学院ウォートンスクールでMBAを取得。ITベンチャー企業を経て、97年NTTドコモ入社。iモードビジネスを立ち上げ「iモード生みの親」と呼ばれる。2008年同社退社後は、ドワンゴほか数社の取締役を務める傍ら、慶応義塾大学特別招聘教授として教壇にも立つ。

夏野 剛(なつの・たけし)1965年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京ガス入社。95年米ペンシルバニア大学経営大学院ウォートンスクールでMBAを取得。ITベンチャー企業を経て、97年NTTドコモ入社。iモードビジネスを立ち上げ「iモード生みの親」と呼ばれる。2008年同社退社後は、ドワンゴほか数社の取締役を務める傍ら、慶応義塾大学特別招聘教授として教壇にも立つ。

田中 ドライブレンズを装着されたほうがいいですよ。車内のディスプレーもまぶしいのではないですか。

夏野 まぶしいですね。

田中 メガネは用途に応じて何個も必要です。靴を20〜30足、ネクタイを40〜50本持っているのに、メガネは3個も持っていないというケースはよくあります。

夏野 高価なメガネを買ってもすぐになくしてしまうので、手頃なものを何本も持っていたほうがいいんじゃないでしょうか。メガネもファストファッションの世界に入ってきましたね。そうした時流に乗って、なおかつテクノロジーの追い風があって、ジェイアイエヌはここまで伸びたんだと思います。

田中 まだまだです。

夏野 どこまで行けば満足できますか?

田中 世界一のメガネ小売業になることです。そうすると、年商5千億円が条件になります。今、世界最大のメーカーはイタリアのルクソティカ・グループというさまざまなメガネブランドを傘下に持つ企業ですが、そこが各国の小売業者を買収して、売上高の合計が4千数百億円強。いつかはそこをターゲットにしたいと考えています。

夏野 シニアマーケットの状況はどうなっていますか。

田中 そこの拡大も狙っています。女性向けも男性向けも需要は増えています。

夏野 シニアはどの製品が良いのか選べない人が多いので、「あなたにはコレ」と勧めてあげるほうがいいかもしれません。

田中 そこはITの力を使いたいなと。写真を取り込んで、あなたにはこれがピッタリと勧めるようなサービスとか。

夏野 スマホを使えない人も多いので、ものすごく簡単なメアドに顔写真を送ると返って来るようなサービスがいいかもしれないですね。それなら店頭でも使えますし。シニア向けにはそれぐらいしないと、面倒くさがられてダメです。

田中 シニアの方の多くは、シンプルな基本機能だけをお求めになりますからね。

夏野 ちなみに、勉強するとき目を近づけたり離し過ぎたりすると見えなくなるメガネってつくれませんか? それでウチの子どもに姿勢を教えられたらいいなと。

田中 10月に出る「JINS MEME(ミーム)」で解決できるようになると思いますよ。6軸センサーも搭載しているので、普段の姿勢をログできますし、アプリ開発の内容次第で姿勢が崩れるとアラームを鳴らすという機能も考えられます。

夏野 それは、すごく需要があると思います。集中力や勉強効率が落ちたときにアラームを鳴らして、科学的に効率良く勉強できるキッズミームを出せばブレイクするかもしれない。

JINSミームとグーグルグラスの違い

夏野 ところで、「グーグルグラス」は何でダメだったんでしょうか。

田中 要因はいろいろあると思いますが、第1に見た感じがハイテク過ぎたのではないでしょうか。

夏野 そこの部分は、解決できますか?

田中 その点で言えば、JINS MEMEはメガネ屋が作っただけに着用時の見た目が限りなく自然であることにこだわりました。「Digital Trends Top Tech of CES 2015 Award」でITガジェット専門オンラインメディアが主催するアワードにおいてベストウエアラブル賞を受賞しています。

 多分みなさんの想像より、いいものが出せるのではないかと。

20150922_NATSUNO_P03夏野 世界展開するなら、やはり中国や韓国など、アジアが狙いやすいでしょうか。

田中 パテント・トロールなど難しい問題はありますが、海外で流行ったものを持ってきて日本のマーケットで成功するのではなく、日本で生んだ製品やサービスを世界に広げようという気持ちはあります。JINSは、メガネ屋では世界一イノベーティブだと自負しているので、日本のプレゼンスを高める一翼を担えると思っています。

夏野 ウエアラブルコンピューターは、デバイスメーカーやメガネメーカーがつくるほうがフィットする気がします。人間の感情や文化に理解がないからグーグルはダメなんですよ。もしかしたら、日本の逆襲はそういうモノづくりと併せたところから始まるかもしれません。ITでは負けましたが、技術は全部あるので。

田中 メガネそのものではなく、重要なのはソフトの中身なのです。例えば居眠りを検知するとなると、膨大なアルゴリズムを構築しなければなりませんが、そういう基礎技術では、日本は抜きん出ていると思います。

夏野 どんどん外と組んでいくのはありだと思います。技術はあるから、あとは方向性を示してあげればいいんじゃないでしょうか。

(構成=本誌編集長/吉田浩 写真=幸田 森)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る