政治・経済

大人気の「妖怪ウォッチ」をはじめ、「レイトン教授」「イナズマイレブン」各シリーズなど、ゲームソフトの企画、制作、販売を行うレベルファイブ。新たな文化を福岡から発信する日野社長に、ヒットの舞台裏、福岡の魅力について話を聞いた。 聞き手=本誌/古賀寛明

「妖怪ウォッチ」が長く愛されるために

―― 「妖怪ウォッチ」を長く愛されるコンテンツにしていくとおっしゃっていましたが、現在の状況は。

(ひの・あきひろ)株式会社レベルファイブ 代表取締役社長/CEO。福岡の開発会社でメインプログラマー、ディレクターを経て、子どもたちにワクワクしてもらえるゲームを作りたいという思いから、1998年10月にレベルファイブを設立。「妖怪ウォッチ」「イナズマイレブン」「ダンボール戦機」各シリーズなどクロスメディア展開を得意とし、ヒット作を次々とプロデュース。世界累計出荷1550万本を記録した「レイトン教授」シリーズをはじめ、幅広いユーザーに向けた温かみのある作品づくりが特徴。

(ひの・あきひろ)株式会社レベルファイブ 代表取締役社長/CEO。福岡の開発会社でメインプログラマー、ディレクターを経て、子どもたちにワクワクしてもらえるゲームを作りたいという思いから、1998年10月にレベルファイブを設立。「妖怪ウォッチ」「イナズマイレブン」「ダンボール戦機」各シリーズなどクロスメディア展開を得意とし、ヒット作を次々とプロデュース。世界累計出荷1550万本を記録した「レイトン教授」シリーズをはじめ、幅広いユーザーに向けた温かみのある作品づくりが特徴。

日野 長く愛されるコンテンツにするという点から言えば、まだまだスタートダッシュといった段階です。今年も「妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊」が、外伝とはいえ130万を超える販売数を記録していますから、勢いは持続していますね。人気があるいまの段階を戦略的に持続させていくという第一段階だといえます。

 ただし、子どもたちに対してのアプローチができているとはいえ、一過性のブームと定着していく状態は別物です。昨年は、ブームと定着が重なっていた状態でした。これからは、定着コンテンツとして、毎年売り上げを上げつつ、長く愛されることをテーマにしていきます。

―― 長く愛されるためにどんなことを。

日野 いろんなことを行っていますが、作品に対して僕らが行なっているのは、毎年、毎年、テレビのバラエティ番組のように新しいキャスティングで、新しい企画を入れていく。時代にあったその時のネタでしっかり勝負していくことです。いまの時代を映している、そんな作品にしたいのです。言うなれば、今年は今年の妖怪ウォッチが、来年は来年の妖怪ウォッチがあるということですね。ですから、まだタイトルは言えないのですが、誰もが知っている作品とのコラボレーションも作者同意の下、水面下で進んでいますよ。

―― 子どもだけでなく、大人にも楽しんでもらえる仕掛けがされているとか。

日野 家族で一緒に楽しんでもらいたいので、大人だけが気付くネタを仕込んで、大人が笑ったら、子どもが「いま、なんで笑ったの」と聞くような仕掛けですね。それは、「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」などの家族の話が、普遍的に人気があるのは、家族がそれぞれの立場で感情移入できて、楽しむことができるからだと思うんです。それが、長続きの秘密でしょう。妖怪ウォッチは、少し違うものではあるのですが、お父さんが楽しめる、お母さんが楽しめるといった部分があって、同じ作品を見ても違う楽しみ方ができるように考えています。

「妖怪ウォッチ」のクロスメディア戦略と司令塔としての日野社長

―― レベルファイブはクロスメディア戦略のうまさに定評がありますが、この難しさは。

日野 いろんな作品を通して8年くらい行ってきましたが、アニメもゲームも映画もマンガも業界が違うわけですから、クリエーターの考え方ひとつとっても全く違います。違う水で生きている人たちが、きちんとセッションをするためには、しっかりとした人間関係をつくっていかねばならない、その難しさはありますね。

―― いかにまとめるのですか。

日野 あらゆるクリエーターが、自分の思ったとおりに仕事をしたがりますが、そうすると、やりたいことがバラバラになってしまいます。そこでクロスメディアの管制塔が必要になります。僕がいまその役割を果たしていますが、考え方としては、操縦するのはクリエーターの仕事で、どこにどうやって飛んでいくかは司令塔の役割です。難しいですが、うまくいけばクロスメディアは最大の力を発揮できると思っています。

―― ヒットの予感というものはありますか。

日野 コンテンツがヒットするというのは、いろんな要素がかかわってきます。例えば、作品が100%の出来だとしても、世の中の風が吹いていなければ、動いてくれません。つまり、作品性と、世の中の流れがマッチした時にヒットは生まれると思っています。ですから、少なくとも、作品づくりにおいては完璧につくること、かつ、世の中の流れを把握した作品づくりを行うことで、ヒットの可能性を高めることは可能だと思います。

―― 世界展開の進捗状況は。

日野 今秋からスタートする予定ですので、急ピッチで進んでいます。今回は、海外の大手玩具メーカーのハズブロさんと提携して、大規模なおもちゃ展開を北米だけでなく、欧州でも計画しています。もちろん、アニメやマンガ、ゲームも含めた日本と同等のクロスメディアを展開していく予定です。実際、既に進出した韓国では日本以上の人気コンテンツになっていて、視聴率が他のアニメ番組の2倍から5倍あるそうなんです。

―― 外国人は妖怪をどうとらえるんですかね。

日野 そうですね(笑)。米国で説明したのは、妖怪はモンスターでもクリーチャーでも、ゴーストでもないということを伝えましたね。妖怪は妖怪で、新しい存在ですよ、と説明しました。いまの時点では理解してもらえていますけどね。

―― 北米への展開を視野に入れて、第3弾はUSAが舞台なんですか。

日野 それは全く違います。われわれのゲームづくりのポリシーとしてあるのは、世界を遊ぶ醍醐味です。いままで「さくらニュータウン」という街で物語を進めてきたのですが、いつも同じ世界だと飽きちゃいますから、第3弾は、新しい土地に行って、また新たな場所を探索する楽しみを入れないといけない。それで、「トムソーヤの冒険」が大好きだということもあって、素朴なUSAの片田舎の世界を軸に作品をつくりました。日本ではイカダをつくることなどないですからね。

クリエーターとしての日野社長が生み出す「妖怪ウォッチ」の次の次

―― 日野社長は、経営者であり、クリエーターでもあります。どちらが好きなのでしょうか。

日野 そりゃあもう、クリエーティブですよ。あまり自分を経営者だとは思っていないんです。

 ただ、同時にクリエーターでしかできない経営というものを行っているかなとも思いますね。

 モノを見て状況判断する、モノがこうだからお金をこう使う。モノを見てコトの先行きを判断する。これができるのは、社長兼クリエーターであることの強みだと思いますね。

―― 「福岡をゲームのハリウッドにしたい」とおっしゃっていますが、現状は。

日野 福岡の街を遊びにしても、エンターテインメントにしてもしっかり、本気でやっていこうという旗印の言葉なんですが、正直まだまだですね。ただ、少しずつ周囲の人たちが、この業界に目を向けて、人材を送り込んだり、協力したりしてくださっていますので、まずは夢をかかげていくことが大事ですから、そこはやっていこうと思っています。いずれは、ゲームやエンタメといったものが都市計画に盛り込まれる時が来ると願っています。ただ、その段階までは、まだまだいくつかのハードルがあります。東京に比べ、福岡はどこにいっても同じ街です。東京ですと六本木、原宿と違う顔があります。でも、福岡だと天神と博多に違う性格はなく、都市として1つの顔しかない。街の個性と言うか、その場所に行かなければ、出会うことができない。そんな街が必要だと思っています。

―― 福岡で会社を経営するメリット、デメリットは。

日野 何より福岡は住みやすいですからストレスが少ないですね。東京でクリエーティブな活動を行うよりも間違いなくストレスが少ない。住環境にしても、福岡なら若者でも会社から10分、20分の距離に安く住めます。一方、東京ではとても無理です。通勤時間が長くて、会社に着いた時点で体力を消耗しちゃいます。また、起業もしやすいと思いますよ。人もモノもそろっていますし、東京ほどではないにしろ情報や機能もありますからね。

「妖怪ウォッチ」に続く新たなコンテンツ「スナックワールド」 (C)LEVEL-5 Inc.

「妖怪ウォッチ」に続く新たなコンテンツ「スナックワールド」 (C)LEVEL-5 Inc.

―― デメリットは。

日野 う~ん。もう、東京ではないってところでしょうかね。あらゆるメディアやビジネスが東京に集中していますからね。でも東京と比較しても何の意味もなくて。東京は、東京だから首都機能があるわけですから。

―― 今後の作品については。

日野 毎回違ったものをつくっていきたいですね。妖怪ウォッチの次とその次、そのまた次は決まっています。ちなみに次は、フルCGのアニメとゲームの「スナックワールド」という作品です。4月に開催した発表会(LEVEL5 VISION 2015)にてパイロットムービーを公開し、大変大きな反響をいただきました。いまはどうしても、新しいものに興味がいってしまうので、他のものにも平等の愛情を注ぐようにはしています(笑)。ただ、新しい子が、いちばん手がかかるんです。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る