マネジメント

 真珠業界トップで60年以上にわたる歴史を刻むTASAKI。創業当時から真珠の養殖場を持ち、養殖・選別・加工から販売までを一貫して自社で行ってきた。自社研磨を行うダイヤモンドを含めたジュエリーにも定評があるが、さらに新たにウォッチコレクションを発表し、日本発のグローバルなブランドとしての広がりを見せていく。2009年からブランドの舵を取る田島寿一社長に、同社の現状と今後、またこれまでかかわってきた有名ブランドの再構築についても聞いた。 聞き手=本誌/榎本正義 写真=幸田 森

既成概念にとらわれずブランドリニューアル

田島寿一(TASAKI社長) (たじま・としかず)1953年東京都生まれ。78年青山学院大学文学部卒業後、ジャーディンマセソン&カンパニー(ジャパン)リミテッド入社。90年グッチジャパンに転じ、営業本部長。97年クリスチャンディオール取締役営業本部長、98年同社代表取締役社長。2004年LVJグループ フェンディジャパンカンパニー社長兼CEO。09年1月田崎真珠(現TASAKI)取締役兼代表執行役社長に就任。

田島寿一(TASAKI社長)
(たじま・としかず)1953年東京都生まれ。78年青山学院大学文学部卒業後、ジャーディンマセソン&カンパニー(ジャパン)リミテッド入社。90年グッチジャパンに転じ、営業本部長。97年クリスチャンディオール取締役営業本部長、98年同社代表取締役社長。2004年LVJグループ フェンディジャパンカンパニー社長兼CEO。09年1月田崎真珠(現TASAKI)取締役兼代表執行役社長に就任。

  1954年に田崎俊作氏が創業した田崎真珠。真珠の加工販売を行うブランドとして、品質・技術ともに世界のトップクラスだ。真珠養殖業から始まった真珠づくりは、全国真珠品評会の最高賞である農林水産大臣賞を通算7回受賞するなど、国内外で高い評価を得てきた。94年、世界最大手のダイヤモンド原石供給元であるデ・ビアスグループから、直接原石を取引できる資格「サイトホルダー」を取得。

 しかし、バブル崩壊後に国内宝飾品需要が冷え込むと業績も悪化。2005年10月期から最終赤字が続いていた。そこで09年、グッチジャパン営業本部長や、クリスチャンディオール株式会社社長などを歴任し、高級ブランドビジネスの指揮に実績を持つ田島寿一氏を社長に迎え、再建に取り組んできた。田島氏は、ブランド名を「田崎真珠」から「TASAKI」に変え、社名も同様に変更。10年4月には旗艦店の銀座本店をリニューアル。ジュエリーの既成概念にとらわれない商品を発表するなどブランドを一新した。新シリーズをヒットさせ、13年10月期に5年ぶりに黒字化し、15年10月期は最高益を更新する見込みだ。世界で通用する日本発のラグジュアリーブランドを目指している。

―― 訪日外国人の増加を追い風に、宝飾品の販売が好調です。8月からはブランド初の高級腕時計コレクション「TASAKI TIMEPIECES(TASAKIタイムピーシーズ)」を発売。最高峰モデル「Odessa Tourbillon(オデッサ トゥールビヨン)」は、既に注文があったそうですね。

田島 1本ご注文をいただき、さらに1本お問い合わせをいただいております(8月時点)。すべてJAPAN MADEの手作りで、出来上がるまで半年かかるため、1年待ちとなってしまいました。

―― 社長就任以来、どのように再建に取り組んできましたか。

田島 私が就任した当時は、在庫をかなり抱えていて、財務も傷んでいました。非常に厳しい状況にあり、プライベート・エクイティーから第三者割当増資を受けることになり、投資ファンドのMBKパートナーズから出資を仰ぎました。

―― これまでのブランド再構築と比べ、違っていたところは。

田島 過去に欧米のラグジュアリーブランドでブランド再構築に携わってきましたが、当社の場合はそれらと比べて社員数が多く、約1200人でした。船の操縦に例えると、小さいモーターボートなら、舵を切るとすぐに方向を変えることができます。今回は10倍以上の人数なので、新しい方向を打ち出してそれを共有するにも、時間と大きな労力が必要でした。

 基本的に人間は、自分が慣れ親しんだものを変えたくないので、新しいことは排除したがります。現場の人間が、これは売れる訳がないと思っていては、お客さまにアピールするはずがありません。そこで10年から各ショップで戦略を説明して回りました。TASAKIは大きく変わりましたというメッセージは、マーケットに対するものと同時に、社内に向けたものでもありました。

―― もともとは同族企業なので、社長が外から来ることに違和感もあったのではないでしょうか。

田島 私はこの会社を大胆に変えるべきだと思いました。米国大統領夫人が愛用することでも知られ、世界的に注目を集めるファッション・デザイナー、タクーン・パニクガルをクリエイティブ・ディレクターに招いたのも、既成の宝飾デザイナーにはない斬新さを求めたからです。

有名ブランド転身のキャリア

20151006_TASAKI_P02

左から、TASAKI TIMEPIECESの最高峰モデルであるOdessa Tourbillon(オデッサ トゥールビヨン)と、ジュエリーウォッチserpentine(サーパンタイン)

田島 船舶営業の仕事に興味があり、同社に就職しましたが、配属は化粧品部門。3カ月して、君には向かないようだと(笑)、繊維部門に異動となり、アパレルメーカーとの接点ができました。その後、ハンティングワールドを手掛けることになり、今では考えられないですが、マーケティングからマーチャンダイジング、リテールオペレーションまで1人で受け持つことになりました。これはその後に私がブランドビジネスをしていく上で、非常に得難い経験となりました。

―― その後は有名ブランドを転身されます。

田島 ハンティングワールドとともに、MCMも手掛けることになり、仕事としては非常にやりがいを感じていましたが、89年にグッチへというお話をいただきました。私はマーケティング、マーチャンダイジング、リテールオペレーションをすべてやっていたので、グッチでも全部自分でやりたいという条件を付けたところ、その通りになり、90年に転社しました。

 当時のグッチは顧客層が高年齢化し、ブランド再構築が必要な状況でした。かつて一世を風靡し、グッチの代名詞にもなったGマークが付いたコットンキャンバス地のバッグを販売中止にしました。これは売り上げの25%くらいを占める最大の商品だったので、その後24カ月連続で売り上げが10%ダウンしました。一方で、グッチの名を高めた金属製の留め金付きの靴「ホースビット」などをリバイバルさせ、イメージの若返りを図った結果、その後は20〜30%増の売り上げを示すようになっていきました。

―― ブランドを再構築させたところで、今度はディオールに。

田島 97年にお話をいただいた時は、あなたがグッチでやったことをディオールでもやってほしいと。そのころの日本のディオールは、カネボウさんがライセンス契約をしていました。ピーク時には1700億円くらいの規模でしたが、本来のディオールブランドではない形になっていた。そこで、ライセンスを終了するということになりました。これは重い仕事でした。

ブランドビジネスはプレゼンテーションが命

20151006_TASAKI_P01―― これもいい形でまとめられ、1年後にはクリスチャンディオール社長に就任。2004年にはLVJグループに転じ、フェンディジャパンの社長に転身されました。

田島 この業界には、ちょっと会社が弱ってきたところを元気にさせるという経験のある人は、あまりいません。私がディオールにいた時の直属の上司、マイケル・バーク氏は本社のCOOで、LVMHのベルナール・アルノー会長の信任が厚かった。このマイケル・バーク氏がフェンディの立て直しのために移り、私も来いと誘われたのです。

―― それら外資での経験を買われて、田崎真珠へと。

田島 私は海外のブランドを日本の消費者に販売する仕事をずっと手掛けてきました。そこで、いつかはこの逆もやってみたいと思っていた。さらにその前からご縁があって、私がディオールにいた時に、部下の結婚披露宴で田崎俊作氏と同席する機会がありました。

 いろいろなお話をし、非常に面白く魅力的な方だと思いました。その後に会社にも興味がわき、リニューアル前の銀座店に何回かお邪魔したこともあります。自分ならこうするのに、ちょっと惜しいな、という気持ちはありました。そこへお話をいただいたので、躊躇なく移ることを決めました。

―― これまでのブランドビジネスの集大成をと。

田島 私はどうしても日本のブランドの仕事をやりたかった。日本人は、欧米人に比べてプレゼンテーションが下手。ブランドビジネスでは、これは致命的です。日本の技術力は素晴らしいのに、表現するのに何かが足りない。TASAKIを世界で通用するラグジュアリーブランドにするのが、私に課せられた使命だと思っています。

 昨年、TASAKIフランスを設立し、パリの百貨店ボン・マルシェのグランドフロアに出店しました。ここに店を構えることで、世界中の業界関係者のプレゼンテーション効果も期待できると思います。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る