文化・ライフ

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

プロスポーツが地域振興に貢献した鹿島の事例

川淵三郎JPBL会長(PHOTO=佐藤元樹)

川淵三郎JPBL会長(PHOTO=佐藤元樹)

 来年秋に開幕するバスケットボール新リーグの名称が「B.LEAGUE」(Bリーグ)に決まった。

 頭文字の「B」には、バスケットボールのBのほかに「Boys ,be ambitious」の意味も込められているという。

 発表会見に出席したジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JPBL)の川淵三郎会長は「私は“奇跡を起こそう”と言った」と前置きして、こうスピーチした。

 「プロ野球があってJリーグがある。そして3つ目のプロリーグとして、日本の中で皆さんの興味と関心を得て、発展していきたいと思う」

 プロスポーツとして成立している野球とサッカーは、ともに屋外である。屋内競技でプロとして成功している例は、まだない。

 そのためには、何よりもアリーナの充実が求められる。この2月、川淵が新リーグ参加(1部)の条件として、ホームアリーナの収容人数を5千人規模と定めたのは、その文脈に沿ったものだ。

 川淵が器にこだわるのはJリーグでの成功体験によるものだろう。

 例えば鹿島アントラーズの本拠地・鹿島町(現鹿嶋市)は、Jリーグがスタートした1993年5月の時点では、まだ「町」だった。

 前進の住友金属は日本リーグ2部のチーム。町内には5千人収容のスタジアムしかなく、Jリーグの創設クラブになることなど夢のまた夢だった。

 それが証拠に、鹿島の加盟申請に対し、当時、プロリーグ設立準備室の室長だった川淵は「99・9999%不可能」と語っている。

 どうしたら諦めてもらえるか。川淵は、「屋根付きで1万5千人収容の専用スタジアムが条件」と敢えて高いハードルを設けた。

 ところが、茨城県の竹内藤男知事(当時)が建設を明言したことで流れが変わる。行政・企業・地域住民が一体となった加盟運動が実り、鹿島はJリーグ10番目のオリジナルメンバーに滑り込んだ。

 そしてジーコらの活躍もあって初年度の第1ステージを制したのは記憶に新しい。

 スタジアムに話を戻せば、99年にはスタンドを増築して2002年日韓ワールドカップの試合会場にもなった。

 今では茨城県鹿嶋市と言えば、名実ともに“サッカーのまち”である。

 ハードが整わなければ、ソフトも充実しない――。それが川淵の基本的な考えである。

人口減少の地方においてスポーツが貴重なソフトである理由とは

 では、日本のアリーナ事情はどうなっているのか。

 川淵は嘆く。

 「3500人以上入る体育館はあまりない。あっても土足厳禁とか物販禁止とか規制が多いですね。仮に入場者数が1500人で平均入場料を1500円とすると、一試合の売り上げは200万円くらいにしかならない。

 これではプロのスポーツビジネスとして成立しません。しかも今はかなりの数のタダ券をばらまいているというのだから話にならない」

 川淵の指名で初代理事長(チェアマン)に就任した大河正明も、アリーナの重要性を強調する。

 「世界に通用する選手やチームを輩出するために、日々切磋琢磨するリーグであること。エンターテインメント性を追求すること。そのために重要なアリーナを造ること。

 夢のアリーナを造り、地域に根差したスポーツクラブになっていくことによってリーグを盛り上げていきたい」

 現場はどうか。bjリーグで2年連続準優勝に輝いた秋田ノーザンハピネッツには24年の完成を目指した「ハピネッツアリーナ」構想がある。

 ファン、ブースターの願いは切実だ。

 〈阪神タイガースには「阪神甲子園球場」、浦和レッズには「埼玉スタジアム2002」というシンボリックな拠点がある。秋田にもハピネッツの拠点となる「ハピネッツアリーナ」があれば……。アリーナは街の誇り、街のシンボルである〉(秋田ノーザンハピネッツ公式HP)

 しかし、行政はつれない。この2月、川淵が5千人規模のホームアリーナ確保を新リーグの参加規準として示した際、秋田県の佐竹敬久知事は「私は悪者になってもいい。はりつけになってもいい」と県議会において答弁した。端的に言えば、財政事情の厳しい折、無い袖は振れないということだ。

 問われるのは、スポーツを地域振興に、どう生かすかという視点である。とりわけ人口減少に悩まされる地方において、スポーツは若者を引き寄せ、まちに活気をもたらせる貴重なソフトでもある。

 既に秋田のBリーグ1部入りは決まっている。(文中敬称略)

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る