政治・経済

 三菱地所が総事業費1兆円を超える巨大ビル建設プロジェクトに着手する。実現に向けて期待が高まる一方で、ライバルによる需要先食い、横浜の蹉跌、五輪後の景気後退に対する不安など、さまざまなリスクを指摘する声が上がっている。 文=ジャーナリスト/五十嵐康夫

三菱地所が東京駅前で着手した超高層ビル

 日本一の超高層ビル計画が動き始めた。

 三菱地所は、JR東京駅前に高さ約390メートルの超高層ビル(地上61階建て)を建設する。2028年度に完成予定で、高さ300メートルの「あべのハルカス」(大阪市)を大きく上回り、日本で最も高いビルになる。総事業費は土地の評価額も含めて1兆円を超える巨大プロジェクトで、同社の周辺は沸き返っている。

 ただ、ここ数年は「丸の内の大家さん」として堅実経営に徹してきた同社が、過去に類を見ない大事業に乗り出すリスクも小さくない。

 「常盤橋は東京の新たなシンボルとなり、日本経済を牽引するプロジェクトとなる」

 日本一のノッポビル建設を明らかにした発表会で、三菱地所の杉山博孝社長はどこか誇らしげな表情を浮かべた。

 無理もない。同社は“本拠地”である丸の内地区で、老朽化したビルの建て替えや再開発を02年開業の丸ビルから順次進めてきた。丸の内は10年以上をかけて高層化され、単なるオフィスにとどまらず、買い物やレジャーも楽しむことができる複合施設を集積させてきた。

 だが、今回のプロジェクトは高さだけでなく、規模も中身も場所も、何もかもが「規格外」。まさに東京駅前に“怪物”が出現するのだ。

 まず高さ。都内の建築物では、虎ノ門ヒルズ(255メートル)や東京都庁第一本庁舎(243メートル)などを大幅に上回る。関東圏で見ても三菱地所自らが1993年に横浜市のみなとみらい21に竣工し、当時は日本一の高さを誇った横浜ランドマークタワー(高さ296メートル)を超える。

 そして規模。建設予定地は東京の玄関口である東京駅日本橋口に隣接する常盤橋地区(千代田区大手町2丁目など)にある約3万1400平方メートルの敷地だ。

 現在は日本ビルやJXホールディングスの本社が入るJXビルなどがあるが、これらをすべて取り壊し、10年超をかけて大小2つの超高層ビル(低いほうは約230メートル)を建設する。延べ床面積は68万平方メートルにも上る。

 さらにビルの谷間には、大規模なイベントの開催も可能な7千平方メートルの広場も整備する計画となっている。しかも予定地周辺には日銀など主要な金融機関が集積しており、国際競争力強化を図るための金融センターや都市観光といった機能を持たせる。

 こんな巨大プロジェクトを可能にしたのは「国家戦略特区」への認定だ。特区に認められることでビルの容積率や用途など規制は大幅に緩和され、大規模かつ自由度の高い開発が可能となる。

 もちろん、そのためには防災面の強化などによる都市機能の向上が前提だが、今回の常盤橋の案件では防災面のほか、敷地内のポンプ場や変電所といった都市インフラも新ビルとして維持することが評価された。今後は都の審議などを経て年度内に正式な認定を受け、17年度にも着工される見通しだ。

 「世界中の人が『東京といえば常盤橋』と思い浮かぶような街にしたい」と杉山社長は熱っぽく語る。

三菱地所が直面する不安要素とは

 だが、これだけの巨大投資となると、ある程度のリスクは避けられない。

 杉山社長は資金調達に関して「(増資などの)エクイティファイナンスは必要ない」との考えを示している。つまり、自己資金や銀行借り入れなどでまかなうということだ。テナントの入居が順調に進み、丸の内並みの賃料水準も維持できれば、それでも問題はないが、これだけの巨大施設を埋めるのは容易ではない。

 不安のひとつは、東京駅東側、つまり「正面玄関」に当たる八重洲中央口で先行するプロジェクトがあることだ。三井不動産は延べ床面積29万平方メートルのビルを21年度に、東京建物は24万平方メートルのビルを24年にそれぞれ竣工する。これらのビルにテナント需要を“先食い”されてしまう懸念もある。

 もう1つの不安が、先述したランドマークタワーと同じ轍を踏むことだ。同タワーも「日本一のビル」にするため、総事業費2700億円をかけて建設されたが、賃料収入は当初計画に届かず、02年と15年の2回、減損処理を行わざるを得なかった。これは、三菱地所のような一国を代表するデベロッパーでさえも、巨大プロジェクトを取り回すことがいかに難しいかを示唆している。

 さらに心配なのは五輪後の景気の問題だ。20年の東京五輪が終われば、国内の景気が後退し、テナント需要は縮むとみられる。そこに大規模な新規供給がなされることで、「供給過剰状態となり、東京一帯の賃料そのものが暴落するのではないか」(不動産アナリスト)というシナリオもよぎる。

 丸の内や大手町など東京駅周辺の一等地を地盤としてきた三菱地所。その牙城で展開する今回の巨大プロジェクトを成功させなければ、本拠地を守り抜くことすら危うくなる。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る